阿波踊り問題のTV局の報道姿勢

 阿波踊りにおいて今年から総踊りが中止の方針が出されたにもかかわらず、「阿波おどり振興協会」が総踊りを強行した問題をめぐって、ワイドショーなどの民放TV報道を見ていたが、気がついたことが一つ。  これらの報道によると、阿波踊りの累積赤字を解消するため、総踊りを中止して、すべての観覧席に均等に観覧客を入れることで赤字解消を図ろうと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高プロの罠

経済ジャーナリストの荻原博子氏が「高プロ」の危険性について論じている。 「「高度プロフェッショナル制度」の騙し討ちに先々泣くのは、年収400万~500万円のサラリーマン世帯」 2018.6.28 幻冬舎Plus http://www.gentosha.jp/articles/-/10609 確かに、派遣制度も当初は一部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁護士不当懲戒請求事件を扱った、昨日の世界仰天ニュース

 家内が好きな番組『世界仰天ニュース』(日テレ系)。個人的には、中間にあまり内容と関係ないタレントのおしゃべりが入るなど (ただでさえ中間にCMが挟まるのに)、あまり好きではない番組だが、たまに、結構良いものを放映する。  昨日の内容は、弁護士の不当懲戒請求事件を扱った「激しく後悔したネット住民」。 (内容紹介) http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ハギサ」 - 辞書にない韓国語

ハギサ (하기사) 韓国ドラマで出て来たセリフ。慶尚道の登場人物が発する言葉。この言葉も辞書にないが、これは慶尚道方言。標準語だと 하기야 で 하기는の強調形。意味としては、そりゃ、もっとも、実のところ、という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『1987』関連、韓国ニュース記事 (続き)

 先日に引き続き韓国映画『1987』に関連した面白そうな新聞記事(韓国語)を紹介する。 ちょっと古いが『月刊朝鮮』2010年10月号記事 「朴鐘哲拷問致死 隠蔽・でっち上げ内部告発者 23年ぶりに明らかに」 http://monthly.chosun.com/client/news/viw.asp?ctcd=&nNewsN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翁長沖縄県知事の冥福をお祈りします

 翁長雄志沖縄県知事が2018.8.8 午後7時頃亡くなった。最後まで病身に鞭を打っての活躍だった。 安室奈美恵の追悼メッセージが公開されているが、全く同感である。知事の冥福を祈りたい。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00000005-ryu-oki
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当にアメリカは太平洋戦争終結のため原爆を投下する必然性はなかったのか?

 よく言われる話としては、「アメリカでは原爆投下によって日本の敗戦を早めたことで、100万人を戦死から逃れることができた、という話が流布しているが、それは事実ではなかった」とか、「アメリカが原爆を投下して早く戦争を終わらせたからこそ、日本が(樺太、千島を除いて)ソ連に占領されることがなかったと言われるが、トルーマンはソ連の日本本土の占領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリス社会ってそこまでひどかったのか - ジョーンズ著『チャヴ』

オーウェン・ジョーンズ著, 依田卓巳訳, 2017,『チャヴ: 弱者を敵視する社会』, 海と月社 (Jones, Owen, 2011,"Chavs: The Demonization of The Working Class")  イギリスの左派評論家、オーウェン・ジョーンズによる、イギリス社会の格差社会状況を告発した『チャヴ』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オンプル」 - 辞書に出ない韓国語

 韓国女優、イ・ジアに関するナムウィキの記事を見ていたら、次のような一文が... 2011년 12월 19일 이지아의 집안이 육영사업…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栃木女児殺害事件、再審も無期

 2013年に発生した栃木県女児殺害事件の再審判決が出たが、再審でも無期だった。 「栃木の女児殺害、二審も無期懲役判決 13年前の事件」 2018.8.3 朝日新聞デジタル https://digital.asahi.com/articles/ASL827GYGL82UTIL06H.html  だがこの事件、犯人逮捕後から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また産経がでっちあげ? - 韓国建設中ラオスダム決壊関連

 先日(2018.7.23)、ラオスで韓国のSK建設が建設中だったダムが決壊し、大量の死亡者だ出る等、莫大な被害が出たことが報じられた。 ex. 「迫る水流、離してしまった1歳の息子 ラオスダム決壊」 2018.7.27 朝日デジタル https://digital.asahi.com/articles/ASL7W5TL2L7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画『1987』刑務官のモデルになった人物

1987年民主抗戦を描いた韓国映画『1987』に、1987民主抗戦勃発のきっかけとなった、ソウル大生・朴鐘哲(パク・ジョンチョル)君の拷問死の事実を暴く重要な役割を果たした矯導官 (刑務官) として、ユ・ヘジンが演じるハン・ビョンヨンという登場人物 (架空人物) が出てくる。たまたまダウム・ニュースを見ていたら、このハン・ビョンヨンの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ヤンミリ」はアカウオではない

 韓国で食べられないが、日本でよく食べられるという魚介類は多いが、日本ではほとんど食べられないが、韓国では食べられるという魚介類もある。  その代表格はヤンミリ (양미리)。  以前、安東地方で「ホメイコギ」(호메이 고&#…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮戦争後の中朝関係 - 沈志華著『最後の天朝』より

 中朝関係は血の同盟ともいわれるが、実際にはそうとは言えなかった。すでに紹介したように、半ば北朝鮮とソ連に半分騙されるような形で、中国は朝鮮戦争に参戦したのであった。中国側は北朝鮮の戦争指揮状況にも不信感を募らせざるを得ない状況であった。  1956年2月のソ連第20回党大会でフルシチョフによる反スターリン秘密報告がなされるとスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アダム・スミスの発想の根本にあるものは何か?

 分かったつもりになっていたアダム・スミスの『国富論』を改めて読んでみて、今更ながらアダム・スミスの慧眼ぶりを再認識させられた。少なくとも、今日ドナルド・トランプの「アメリカ・ファースト」政策に対する現役の批判書として、十分な説得力を持つ。逆に言えば、トランプの頭が18世紀以前のものでしかないということに証明でもある。とはいえ、それは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ朝鮮戦争は勃発したか - 沈志華著『最後の天朝』より

 朝鮮戦争を先に始めたのは、北朝鮮-金日成側であるということは明らかであるが、ではなぜ始めたのかについては諸説あるところである。一昨年日本語訳が岩波書店から刊行された『最後の天朝』(沈志華, 2016,『最後の天朝』上下, 岩波書店)の上巻ではどう描かれているかを紹介してみよう(以下、ページ数は『最後の天朝』上巻のページ数)。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ福島原発事故は防げなかったか - 斎藤誠著 <危機の領域>より

 斎藤誠は福島原発事故に対してどのような問題設定をしているだろうか?まず、斎藤はそもそも福島原発事故、ならびにそれを引き起こした大津波は本当に、「想定外」の「シビアアクシデント」だったのか、という問いを立てる。  まず、斎藤が指摘するのは、法学上は、大津波は原子力賠償法上の「異常に巨大な天災地変」ではないということである。法学的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more