韓国のコロナ感染者増加率が急速に鈍化

 韓国のコロナ感染者の増加率が3月中旬以降、急速に鈍化している。2月20日に新天地教信者200余名の感染者が確認された以降、3月中旬まで一挙に8000名から8500名まで急増。その後3月末には9700名弱、そして本日は10,331名となっている。  明らかに、健康な者も含めた広い範囲にウィルス検査を行っている効果がでているのであろ…
コメント:0

続きを読むread more

志村けんのコロナ死亡はパニックの契機になりかねない

 先ほど、オンラインの号外でコロナ19で入院していたタレントの志村けんの死亡が報じられた(2020/3/30 10:06)。 これは、コロナ感染なんて他人事と高をくくっていた人たちが、一挙に恐怖を感じる契機になるだろう。パニックの契機になりかねない。 こんな時こそ、どう冷静を保つべきか、よく考える必要がある。
コメント:0

続きを読むread more

Microsoft Office2019展開ツールを使って日本語版Office2019に日・英語以外の文法校正ツー…

 以前のMicrosoft Officeでは日本語版Wordに日本語・英語以外の文法校正ツールをインストールするにはオプションを購入しなければならなかった。しかし、今のところボリュームライセンス(会社・学校等大量に購入するバージョン)でしか確認していないが、Office2019では日・英語以外の文法校正ツールのインストールが可能になって…
コメント:0

続きを読むread more

ハンコムオフィス (ハン/グル) hwp 形式ファイルを Wordで開く方法

 韓国で標準的に使われている、ハンコムオフィス (ハン/グル) のワープロファイル形式である hwp ファイルであるが、日本語版の Word ではそのまま開くことができない。ただ、英語版 Word用のコンバーターがMicrosoft 公式サイトで配布されており、それを入れることで日本語版Wordでも開けるようになる。 配布サイトは…
コメント:0

続きを読むread more

韓国でコロナウィルス感染者が5600名に達しているが...

 本日のニュースによると、17:08現在で、韓国でコロナウィルス感染者が5621名に達したという(中央日報 "[코로나종합] 한국 입국 제한 94곳...코로나19 사망자 총 33명" 2020.3.4 21:21)。  これだけ見ると韓国がめちゃくちゃで日本はまだいささか安全なような気がする。だが日本と韓国は検査母数が異なる…
コメント:0

続きを読むread more

韓国元徴用工問題がこじれたのは日本政府が原因のタネをまいた

 昨秋に出た『徴用工裁判と日韓請求権協定』(現代人文社)を読んだ。本書の筆者らの主張に必ずしも全面的に同意できるものではないが、問題整理としては有効であり、この問題はかなり複雑で多くの人が考えているような簡単なものではないことは分かった。ただ、これを読んだ上で、私の考えを要点を述べると以下のとおりである。 ・様々な詭弁を弄して、い…
コメント:0

続きを読むread more

今更ながら、Windows7をWindwos10にアップデートする

 家内の知人で、コンピュータに弱い方が、Windows7がインストールされたノートパソコンを持っているが、サポート期間も切れるしどうしたら良いだろうかと家内に相談してきた。とりあえず、Windows10にupdateできるか調べてみるのでパソコンを家内にあずけるように連絡した。以前、この方のパソコンが調子が悪くなり、相談を受けたので調べ…
コメント:0

続きを読むread more

日本酒 「玉乃光 酒魂」

 普段はあまり大手酒造会社の日本酒を買わないが、お屠蘇用に近所のスーパーでゲット。税別840-。一応純米吟醸酒である。お屠蘇をつける前に味見してみた。かなり辛口で相当すっきり系。高酸度の切れ味、と裏のラベルには書いてあるが、その通り。純米吟醸界のスーパードライという雰囲気。吟醸香はいまいちという気がしたが、味醂で割るお屠蘇にはベストかも…
コメント:0

続きを読むread more

日本酒「田酒 純米吟醸山廃」

 「田酒」は結構人気銘柄で入手困難気味なのか、近所の酒屋では、他の酒も買った人だけに売る、というやり方を取っていた。最近それが解除されて単独でも売るようになったのだが...  で、今までは「田酒」の通常の純米吟醸しか売っていなかったが、山廃が入ってきたので、買ってみた。  実はかなり以前「田酒」を初めて居酒屋で飲んだ時は、非…
コメント:0

続きを読むread more

NHKドラマ「心の傷を癒すということ」の残念な一点

 NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」が始まった。「まんぷく」では在日台湾人だったモデルを純日本人として描き(モデルとなった安藤百福氏が日本国籍をとれたのはようやく1966年になってから)、「いだてん」では関東大震災の朝鮮人虐殺をはっきり描けなかった、「在日隠し」ドラマばかりを作り続けてきたNHKだが、珍しく、在日韓国人にストレー…
コメント:0

続きを読むread more

韓国経済の中央-地方格差

 年末から正月にかけて韓国に行ってきたが、地方と中央の経済状況の違いが半端ではない。文政権の不動産政策もあって、地方は不動産売買取引が激減し、不動産価格も暴落している。文政権は不動産価格を引き下げるために、自分の居住用以外の不動産の固定資産税を大幅に引き上げた。ある知人は固定資産税が75%上がったという。つまり不動産収入から利益を受けて…
コメント:0

続きを読むread more

日本酒「黒龍純吟」

 個人的にはすっきりとコクのバランスの取れたやや甘口系日本酒が好きなのだが、その中でもレファレンス的お酒、「黒龍」。最近瓶がおしゃれになっている。 今回は「黒龍 純吟」を買ってみた。 「黒龍」の中ではやや辛口気味のすっきり系。
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『白頭山』

 2019年末より現在韓国で封切り公開中の映画。白頭山の噴火に伴う混乱を描いたパニック映画で、監督は『金氏漂流記(邦題: 彼とわたしの漂流日記)』のイ・ヘジュンと、主に撮影監督として活躍してきたキム・ビョンソ。 あらすじ  韓国の特殊部隊に勤務しているチョ・インチャン(ハ・ジョンウ扮)は、主に不発弾処理に当たっているもの…
コメント:0

続きを読むread more

豪華すぎる韓国映像資料院ブルーレイディスクのおまけ

 先日韓国へ行ってきたが、その際昨年(2019)秋に出た韓国映像資料院発行のブルーレイディスク2巻を買ってきた。だがそのブルーレイディスク、おまけが豪華すぎで笑ってしまった。なんとディスクのおまけに本がついてくる。おまけに、片方はオリジナルポスターの複製まで。いやはや韓国でビデオディスクを売る大変さがしのばれる。  片方は昨年11…
コメント:0

続きを読むread more

釜山から対馬へ - 韓国人対象対馬ツアーに参加してみた(2)

 最後に比田勝旅客船ターミナルに戻り、ガイドから帰りのチケットを受け取って、再出国。この日に出国者は前日の入国者とは異なり100人程度ではないかと思われた。おそらく前日日帰りで帰った人や、あるいは2-3泊滞在する人もいたものと思われる。もちろん日本人は少数。  釜山へ帰る船は、前日とは異なり天候は良いものの、波は高くかなり…
コメント:0

続きを読むread more

釜山から対馬へ - 韓国人対象対馬ツアーに参加してみた(1)

 韓国人観光客で賑わっていた対馬が、今年(2019年)8月以降の韓国人日本製品ボイコット運動の影響を受けて、客足がぱったり途絶えたとのニュースを聞いて、むしろ今こそ対馬へ訪問するチャンスと、韓国旅行のついでに対馬に行ってみた。といっても対馬に滞在する時間もあまりとれないので、韓国人対象の釜山発ツアーに参加してみた。  ちなみに、東…
コメント:0

続きを読むread more

『ロゼッタ』 - ダルデンヌ兄弟1999年作映画

 ベルギーのダルデンヌ兄弟による1999年作の作品。アンダークラスの少女が抱える葛藤と閉塞感を彼女の一人称的視点から描く。カンヌ映画祭でパルム・ド・オルを受賞。国内では5年後の2000年に劇場公開。  先日触れた是枝裕和監督の『幻の光』とは全く対照的に、逆にこちらの映画は大半が手持ちカメラによる主観ショット(主人公へのクローズアッ…
コメント:0

続きを読むread more

『親になろうとしてごめんなさい~目黒・結愛ちゃん虐待死事件~』

 2019.10.27(日)のフジテレビ、ザ・ノンフィクションは『親になろうとしてごめんなさい~目黒・結愛ちゃん虐待死事件~』であった。船戸雄大被告の実像を追ったプログラムであったが、ここに描かれた船戸雄大被告は決して世間が思っているようなモンスターではなく、どこにでもいる普通の人、あるいはむしろ気のいい同僚、あるいはご近所さんという人…
コメント:0

続きを読むread more

東京騎士隊(ナイツ) - 海外盤BDしかない日本映画

 1961年、鈴木清順監督による日活のプログラムピクチャー。石原裕次郎に似ているというので、裕次郎の弟分として売り出した和田浩治主演の青春アクションドラマ。たわいのない話だが、十分楽しめる出来となっている。 本作品のあらすじはこちら Movie Walker https://movie.walkerplus.com/mv199…
コメント:0

続きを読むread more

『幻の光』(是枝裕和監督) Blu-ray評

 2018.5に発売された、是枝裕和監督の長編劇映画デビュー作『幻の光』のBlu-rayディスク。最近になってようやく税込2600円台に下がってきたので注文してみた。元々は1995年に公開され、その当時劇場で見ており、結構好きな作品だったのでアメリカ盤のDVD(国内盤DVDが出る前、2000年11月に発売)を買っていたのだが、こちらは画…
コメント:0

続きを読むread more