ジャニーズ事務所へ公取委注意の報道をめぐって

 7/17、NHKは、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、元SMAPの三名に対し出演させないよう圧力をかけたとして注意を行ったと報じた。 「元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委」 NHK 2019.7.17 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190717/k1001…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『工作: 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』

 まもなく(7/19)公開予定の韓国映画。韓国の工作員が北朝鮮に渡って、二重スパイをしながら北朝鮮の情報を得ようとするという、驚きの実話を映画化した作品で、娯楽映画としてかなり楽しめる。韓国の実話をモデルに作った映画というのは、大体過剰に脚色され、話がかなり盛られており、事実からかけ離れていることが多い。例えば以前紹介した『国家破産の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日の「誤報」記事がハンセン病家族を救った?

 10/9付の朝日新聞朝刊で「ハンセン病家族訴訟 (国が) 控訴へ」との記事が出たが、その日の夕刊で記事訂正に追い込まれた。結局、その日の午前中の閣議で首相が控訴しないという決定をしたためである。  その後の各社の報道で、参院選中なので、控訴した場合の影響を懸念した、また小泉政権時のハンセン病患者訴訟の対応に倣った等の解釈がなされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語翻訳をめぐって(3)

前項より続く 『言葉と物』の日本語訳をめぐって(3) そして、こちら 『言葉と物』渡辺、佐々木訳p. 103下- p. 104上 二次的言語(ランガージュ)によって解釈されるべき言葉 (パロール)の謎に、まだ中性的で特徴のない開いたままの可能性にすぎず、それを現実化し固定するのが言説(ディスクール)の任務である、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語訳をめぐって(2)

(前回より続く) さらに、こちら 『言葉と物』渡辺、佐々木訳 P83上 「古典主義時代のはじまろうとするところで、記号は世界の一形象であることをやめ、それが標識として示しているものに、類似もしくは類縁関係の強固な秘密の紐帯でつながれたものではなくなるのだ」 これは実は全く文法的には問題ない (そりゃ、そうだ。仏文学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語訳をめぐって(1)

 最近、25年ぶりぐらいにフーコーの『言葉と物』 (新潮社版、渡辺一民、佐々木明訳) を読み直している。当時は読むのに非常に難渋した記憶があるが、再読しても、特に今 3, 4章に差し掛かっているが、やはり難渋する。何を言っているのか意味不明の個所が何か所も出てくる。だが、『監獄の誕生』( 田村 俶 訳)は、今となってはいささか用語が固い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『主戦場』のインタビュイー、ケネディ日砂恵がすっかり右翼から裏切り者扱いされているが...(2)

 一方、映画『主戦場』でIWG報告書についてインタビューを受けていたケネディ日砂恵氏のブログを調べてみたら、彼女自身『主戦場』をめぐってさらに記事を書いていた。 HKennedyの見た世界 「映画『主戦場』で言われた「立場の変化」とは」2019.5.23 http://hkennedy.hatenablog.com/entry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウル - 辞書にない韓国語

 Tokyo MX TVで地上波放送中の『僕は彼女に絶対服従 ~カッとナム・ジョンギ~』を期待せずに録画して見始めたが、これが意外に面白い。韓国のCATV局JTBCが制作し、平均視聴率は3%程度だったらしいが、財閥の息子とどうたらこうたら、というありきたりの展開よりかはるかに良い。  要は韓国の会社の職場を舞台にしたドラマであるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『主戦場』のインタビュイー、ケネディ日砂恵がすっかり右翼から裏切り者扱いされているが...(1)

 映画『主戦場』でIWG報告書についてインタビューを受けていたケネディ日砂恵氏について、テキサス親父日本事務局(藤木俊一)のブログでは、容赦なく背信者扱いしている。 「【テキサス親父日本事務局】慰安婦問題 フェイキュメンタリー・フィルム「主戦場」に関して 2019/04/16」 http://staff.texas-daddy.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

映画『主戦場』 備忘録

 先日、インタビューイーが上映中止を求めて提訴した日系アメリカ人のミキ・デザキ氏が製作・監督を務めたドキュメンタリー映画『主戦場』を見に行ってきた。 「慰安婦テーマ「主戦場」上映中止求め、ケント・ギルバート氏ら提訴「名誉を毀損された」」2019.6.19 弁護士ドットコム https://www.bengo4.com/c_18/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

第2の天安門事件にならなければ良いが

香港における本土その他への容疑者引渡し条例反対デモ。彼らの怒りは当然だが、第2の天安門事件になるのではないかと心配だ。これを機に中国軍が一挙に香港に流入して、市民に発砲したり、さらには一国2制度の即時強制廃止という強行手段に出る可能性があるのではないか? その時は日本はきっと何もせずやり過ごすだろうが...
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホルムズ海峡タンカー攻撃事件の真相は?

6/13にホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃を受けたが.... 「日本関係の船など、攻撃受ける ホルムズ海峡近く航行中」朝日新聞デジタル 2019.6.13 https://www.asahi.com/articles/ASM6F5RHHM6FULFA02V.html?iref=pc_rellink  アメリカはイランの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で高速バス版「青春18きっぷ」が発売

 韓国で、高速バスで有効な「青春18きっぷ」的な一定期間使い放題のオープンパス切符が発売されたようだ。 韓国語の記事はこちら。 「バス料金13万ウォン"フリーパス"で7日間全国一周してみた」韓国日報 2019.5.31 https://news.v.daum.net/v/20190531090240439?f=m  この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結局安倍首相の私益のため国益を犠牲にしたトランプ訪日

 米トランプ大統領が訪日した。あれほど日本政府はトランプへのへつらい外交を展開しているのに、NHKニュースでの解説では、今回の訪中はトランプにとって、日本に貸しを作ったことになっているという。確かに、日本の外交政策としてみた場合、今回の訪中で対アメリカで日本は何も得ていない。むしろ日本政府が合意したわけではないと言っているにもかかわらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和は、何故好評か

各報道によると、令和という元号はおおむね好評のようである。色々令和についてウンチクが語られているが、要は、昭和から頭のアルファベットを変えてみただけ、ということではないか。 平成の決定要因は、他の有力候補が、Sで始まり、昭和と区別できなかったためということが知られている。そう考えると、昭和に近くて、頭文字が明治以降の元号と区別できる、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプの陰謀? - 日本ブランドのパソコン納期が大遅れ

 今年、Windows7のサポート中止を前に、職場のパソコン等情報機器の更新を控えているが、うちのシステムメンテナンスを担当している業者さんによると、日本ブランドのパソコンの納期が昨年あたりから大幅に遅れているという。  NEC、富士通ブランドの企業・業務向けパソコンの納期が、発注をかけてから半年以上たたないと納入されないという。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿漕すぎるJR東日本商法

 2019年3月改正から中央線の特急で自由席が廃止になり、同時にあずさ回数券も廃止になった。指定席の特急料金は値下げになっているものの、近距離利用客は事実上大幅値上げである。おそらくビジネス利用であずさを利用していた人は指定席を利用していたとしても大半はあずさ回数券で乗っていたと思われるので、名目的には指定席値下げといっても実質値上げで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more