Sony Music Taiwanから 恐怖分子他 DVD等発売

 YESASIAのサイトを見ていたら、愛台北A套裝3DVD (I love Taipei DVD A set )と称して、『恐怖份子』、『戀戀風塵』、『熱帶魚』をセットにしたデジタルリマスターのDVDが出たようだ。

Sony Music Entertainment Taiwanのサイトを見ると
http://www.sonymusic.com.tw/dvd_info.php?dv_prodno=88697742619
2010.7.30に出たようで、これ以外にばら売りDVDもある。

恐怖份子
http://www.sonymusic.com.tw/dvd_info.php?dv_prodno=88697742529

戀戀風塵
http://www.sonymusic.com.tw/dvd_info.php?dv_prodno=88697742579

熱帶魚
http://www.sonymusic.com.tw/dvd_info.php?dv_prodno=88697742599

また、『戀戀風塵』に関しては日本語字幕付きのBlu-rayディスクも出た。
http://www.sonymusic.com.tw/dvd_info.php?dv_prodno=88697742589

 ただしばら売りDVDに関してはYESASIAのカタログに載ってきていない。

エドワード・ヤンの『恐怖份子』は、DVDに関しては、過去、無字幕の画質の悪いHoker Recordから出た台湾盤のみで、今回デジタルリマスター、英語字幕付きなのでこれは貴重だと思う。

『熱帶魚』は、国内でエースデュースからDVDが出されていたが既に廃盤(アナログマスター / レターボックス)。

『戀戀風塵』は既に紀伊国屋からアナモルフィック・デジタルリマスターの国内盤が出ているので、今更という感じもあるが、ブルーレイが出たのは貴重。しかも『戀戀風塵』のみはDVD、ブルーレイとも日本語字幕付き。

 問題はデジタルリマスターにしても、ちゃんとアナモルフィック収録なのか、というところ。どうも台湾では「16:9」というDVDの画面フォーマット表示が、アナモルフィックなのかレターボックスなのかが混乱して受け取られていて、16:9と表示されていてもアナモルフィックではなくレターボックスということが度々。こればかりは買ってみないことには分らない。
 あるいは、間違いに気づいたとしても、オリジナルマスターはレターボックスで用意していて、中間で間違いに気づいたらしくレターボックスのマスターを慌ててブローアップして、DVD用マスターを作り直したのではないかと疑われるケースもある。これだと、ちゃんとアナモルフィック収録になっていたとしても、解像度が今ひとつというケースが結構あって(レターボックスのディスクをプロジェクター等でブロウアップして見ても一緒)、買ってみてがっかりということも多い。

 もちろん、ちゃんと分っているメーカーもあって天馬行空の『ORZボーイズ』とか『一頁台湾』などはすばらしい画質である。

 いくら台湾とはいえSony Music Entertainmentなので、そのあたりちゃんと分っているのではないかと思うのだが、どうだろうか... もし、デジタルリマスターでアナモルフィック収録になっていれば、これは買いなんだけど...







"Sony Music Taiwanから 恐怖分子他 DVD等発売" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント