ホルムズ海峡タンカー攻撃事件の真相は?

6/13にホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃を受けたが....

「日本関係の船など、攻撃受ける ホルムズ海峡近く航行中」朝日新聞デジタル 2019.6.13
https://www.asahi.com/articles/ASM6F5RHHM6FULFA02V.html?iref=pc_rellink

 アメリカはイランの仕業だと言っているが何の証拠もなく言っているようだ。


 普通考えれば安倍首相の訪イラン中にイラン軍が日本船に攻撃を仕掛けるとは考えにくい。もし、イランが安倍首相の訪イランを好ましく思っていないなら、そもそも訪問を受け入れないだろう。

 仮にイランが安倍訪問に合わせて日本船を攻撃したとしたら、「通常考えればイランが日本の首相訪問中に日本船を攻撃するわけはないから、前回の攻撃もイランの攻撃ではない」とカモフラージュするためだろう。

 とはいえこれは対アメリカ効果を考えると、どうであれ事件が起こればイランを攻撃し経済制裁の口実にするだろうから、イランにとってそんな手の込んだカモフラージュ工作をするメリットも対アメリカ効果があるとは思えない。やはり、これはイランによるものではないと考えるべきではないだろうか?

 アメリカは、過去イラク戦争を起こしたとき、イラクが大量破壊兵器を持っている、という開戦理由が嘘だったことが明らかになっている。また古くはベトナム開戦理由であったトンキン湾事件がアメリカのでっち上げだったことも明らかになっている。しかもフェイクのトランプが大統領である。

 そもそもイランをめぐる情勢の緊迫も元をただせば根拠なくイラン核合意枠組みから脱退したアメリカに一方的な責任がある。下手をすれば、アメリカがテロリストに資金を出しイランに濡れ衣を着せるためにでっち上げている可能性は高いだろう。

 安倍首相のイラン訪問も、莫大な国税を投じた単なる観光旅行に終わる可能性は高いだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック