『Long Life, Happiness and Prosperity』- 中国移民inカナダ映画

画像 中国系カナダ人女性監督ミナ・シュンによる、カナダ広東系中国移民社会を扱った作品。

 カナダ東海岸、バンクーバー。そこでは広東系中国移民たちが厳しい生活を耐えしのいでいる。
 12歳の女の子、ミンディ(Valerie Tian)は、シングル・マザーの母キン(Sandra Oh)との二人暮らし。父親は幼い時に出奔し不在。彼女は道教式呪術にはまっており、自分の家の厳しい経済状況と男に縁のない母親の状況を改善しようと、呪術の研究に余念がない。
 ある日、我が家の不幸を追い払う呪術を行っていたところ、意図せずにその不幸の移転先が警備員のウォン(Tsai Chin)に。ウォン夫妻は最近娘が大学進学のため家を出て、夫はその寂しさを埋めるために黄帝像の崇拝にはまっている。だがミンディの誤った呪術のため、警備員の職をリストラされるという不幸に見舞われる。
 さらにミンディは母親がロトに当たる呪術を行うが、それも誤って、前に並んでいた肉屋の店員、ビン・ライ(Ric Young)に幸運のオーメンが転がっていく。そのおかげで、ミンディとキンが買ったロトは外れ、ビン・ライの買ったロトは大当たり。
 ビン・ライは表面的には順調に見えている。しかし彼の父は香港の精肉業界での大物であり、彼の威光の大きさに耐えられなくなった彼は20年前家族とともにカナダに逃げてきたのだった。そんな彼は肉屋の一店員に甘んじている自分にコンプレックスを持っていたのだった。
 そんな彼は、ミンディの幸福の呪術が誤って転がり込むことで大金も得、さらに店主のツォン(Donald Fong)が引退することを決意するに及んで経営権もその金で引き継ぐことにする。そして、香港にいる父親に自分の成功振りを見せつけようと、香港からカナダに行く航空券も買って香港に送りつける。

 さらに、ミンディは母と同じレストランに勤めるアルヴィン(Russell Yuen)を結び付けようと、占い師のリー太太(Colin Foo)からほれ薬を買い込むが、これも使うのも誤ってしまい、母はレストランの店長(Donald Fong)から惚れられ、一方アルヴィンは男同士にもかかわらずその店長に惚れてしまう。
 なんとか、効果を消そうとミンディは再びリー太太のところへ駆け込むが、効果を消す薬なんてない、結局本物しか効果がないのよ、と意味深なことを言われて拒絶される。

 そう、所詮呪術は呪術なのだ...

 監督のミナ・シュン自身が育ったカナダの中国人コミュニティに焦点を当てた作品。彼らの移民としての厳しい暮らしに焦点を当てつつ、そしてそれゆえ、道教式呪術に頼りがちになる彼らの気持ちを描きつつも、最終的には自分の力で切り開かなければならないというメッセージを、ユーモラスかつ暖かい視点で描いている。監督は本作をバンクーバーへのラブレターだと述べている。
 主演のキン役を演じたサンドラ・オーは、北米のアジア系を代表する女優の一人で、カナダの韓国系移民の家族出身。HBOのテレビドラマなどで活躍。娘のミンディ役のヴァレリー・チャンはバンクーバー出身で本作が初出演。実生活ではピアノ、ヒップホップ・ダンス、サッカーを楽しんでいる。

 ミナ・シュンは1966年香港生まれでバンクーバーで育ったカナダのインディペンデント・フィルム作家。ブリティッシュ・コロンビア大学にて映画を専攻。現在までに3本の長編映画と多数の短編映画を製作。1994年に製作した『Double Happiness』はベルリン映画祭でウォルフガンク・シュタウデ賞およびトロント映画祭で観客賞を受賞。1997年には『Drive, She Said』そして2002年に製作した本作が長編第三作。(以上Wikipedia英語版を参考に執筆)

 なお、DVDはアメリカのFilm Movementから出されている。

原題『Long Life, Happiness and Prosperity』監督:Mina Shum
2002年 カナダ映画 カラー 90分(トロント映画祭上映版)

DVD(US盤)情報
発行・販売: Film Movement 画面: NTSC/16:9(1:1.78) 音声: Dolby2 英・広東語 本編:91分
リージョン1 字幕: 英(広東語発音部分のみ On/Off可) 片面一層 2005年 1月発行 希望価格$14.95

Filmmovementサイト(英語)
http://www.filmmovement.com/nontheatrical/index.asp?MerchandiseID=14


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『American Fusion』- アジア系米国人ラブ・コメディ

    Excerpt:  2005年のカルフォルニアが舞台となったアメリカ映画。息子もいるある中国系アメリカ人の中年女性の結婚を巡るドタバタをテーマにしたコメディ。様々な文化的摩擦状況を笑いのネタにしている。 Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2012-06-15 08:00