yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 宅配地獄、 韓国

<<   作成日時 : 2015/11/30 07:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国のニュースサイトに「不親切な宅配サービス 理由は?」と題した記事が出ている

「[どう考えますか] 不親切な宅配サービス 理由は? 出血競争顧客確執に3D忌避業種転落」ファイナンシャル・ニュース 2015.11.29 (韓国語)
http://www.fnnews.com/news/201511291712572658

 これによると韓国の宅配サービスは、夜10時過ぎ真夜中に来る宅配、家のベルも押さず、戸の前に荷物を置いて放置 etc. 韓国の顧客の不満の的になっているという。

 で、その理由を探っているのだが、そこには宅配業界をめぐる劣悪な労働環境があるという。
まず、宅配配送員の賃金は完全歩合制で一個運ぶのに800ウォン (90円弱) の手数料しか入らず、毎日必死に働いても生計費が稼げるかどうかも怪しい低賃金。さらに最近のアパートは静穏な環境を維持するためとして、宅配車の構内乗り入れを認めないところが増え、かなりの長距離を重い荷物を抱えて歩いて運搬しなければならなくなっている。
 さらに、配送中のトラブルやミスで客の荷物を毀損した場合は、配送員に責任がすべて転嫁され個人補償を求められる等々、宅配配送員地獄状態だという。

 宅配配送員の一日平均労働時間は12.6時間、これで平均月収150万ウォン (約16万円程度)。

 何だかなぁ... の労働環境だが、日本でも宅配の配送遅延等が問題になっている。日本の場合は再配達が多発して、配達員の勤労時間が伸びたり、配達効率の低下が問題になっている程度で、さすがに配達員に対する責任転嫁や、完全歩合制のような地獄の制度は入っていない (と信じたい) が....

 しかし、日本の宅配業界の経営者は韓国のようになればうちも経営が楽になるなぁ... とうらやましく思っているかも知れない。

 韓国の労働者地獄は、日本の未来である可能性がある... 「一億総玉砕」を想起させる「一億総活躍社会」のスローガンと共に...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
宅配地獄、 韓国 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる