yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 70年談話 「侵略言及なし」 あーぁ、やっぱり

<<   作成日時 : 2015/08/07 20:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 あーあ、やっぱり。

「70年談話 首相に一任 自民役員会で了承」2015.8.7 NNN系
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20150807-00000066-nnn-pol

 6日に安倍首相に提出された有識者会議の報告書では、「侵略」を明記していたので、予想外に、まぁまぁまともな談話を発表するのかな、一体どうしちゃったんだろう、と思っていたらやっぱり。

> 一方、6日に安倍首相に提出された有識者会議の報告書では「侵略」を明記したが、16人中2人の委員
>から異議が出ていた。これを踏まえ安倍首相は7日、「侵略」との表現を踏襲しないことをにじませた。

> 安倍首相「すべての方々が同じ認識に至っていない部分も当然あるわけでございまして、そういうことも含
>めてですね、私は今回、報告書をしっかりと吟味をしながら談話にまとめていきたい」

> 現段階で安倍首相は、談話の中で「侵略」との表現を踏襲せず直接的には用いない方向で調整している。

やっぱり、期待を裏切らないね、安倍クンは...

 前にも書いたが (http://yohnishi.at.webry.info/201507/article_3.html)、今安倍首相の支持率急落の状況を救うには、あとは中国を挑発するしかない。それで習近平が強く威嚇的態度に出れば出るほど、日本人は、やっぱり中国は危ない、と安保法制支持に国民は転じるはずと計算するだろう、と思っていたら、やっぱりそれを70年談話でやる訳ね...

 最初は、閣議決定せずに、首相「の」談話 として出すとか言っていたのを、やはり閣議決定することを決意したのもそれが理由だろう。

 大陸棚を中国が勝手に開発する、って話も、基本中国が自分の経済水域で開発するのを止める権利はないし、せいぜい将来のためにお互い協力し合って資源を残しましょうよと「お願い」するしかない案件で中国の脅威を煽ることはできないし... というところでやっぱり70年談話で挑発することに落ち着いたか。

 もちろん、日本のためにはヘタに中国を刺激しない方が、中国につけいる隙を与えないことが重要だ。だが安倍クンの関心にとって、日本の安全より、自分の政権の支持率を上げることの方が重要だろう。

 胡錦濤前主席なら、少しは色々計算して抑制的に動いてくれたろうが、習近平なら、安倍クンの期待通りに、安倍内閣に「助け船」を出しそうだよなぁ... 、と憂鬱になる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
70年談話 「侵略言及なし」 あーぁ、やっぱり yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる