yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 佐野研二郎氏の行為って、デザイナーとして正直なところどうなの?

<<   作成日時 : 2015/08/25 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日とあるデザイン業界関係者の方に会う機会があって、酒飲み話ついでに、あの一連のデザイン問題ってどうなんでしょう、という話を聞いてみた。

 その方の見解 (あくまでもその方の個人的見解であるが) では、五輪ロゴに関しては率直に言ってぎりぎりセーフかなとは思っていたけど、その後出てきた諸々の問題はこれはアウトでしょうという感じ、という感想であった。

 その方の見解によると、結局業界内のデザイナーのタイプはゼロからオリジナルなデザインを考えようとするタイプと、既存のものをアレンジしてうまくデザインにまとめていくタイプの二種類に分けられるという。とはいえ、デザインもシンプルのものはどうしても偶然に似てしまうということは避けられないしやむを得ない部分がある。それでも前者のタイプだったら、何があっても著作権侵害に関しては大丈夫と思われる。問題はアレンジタイプの方で、既存のものをアレンジしてできたものをパクリと見るのか見ないのかは、微妙なものがあるということであった。

 アレンジのオリジナリティというのは、物まねタレントによる「物まね芸」に似ているという。「物まね芸」のオリジナリティというのはオリジナルがあって成立している部分がある。ただそのような「物まね芸」には多くの場合オリジナルに対するリスペクトが含まれている場合が多く、それによって真似される人から許されるし、また真似される人が、真似されることを利用している場合もある。結局、引用されたオリジナル作者が権利侵害と判断するかどうかは、多分にその人の主観に任されるような部分が率直に言ってあるという。だからオリジナル作者が、(例えばリスペクトが含まれていると判断して) OKと言えばOKになるし、侵害と言えば侵害になるという話である (だからこそ著作権侵害は [現状では] 親告罪である訳だが)。

 とはいえ、問題は、アレンジ型のデザイナーがオリジナルへのリスペクトをきちんと持っていればよいのだが、デザイン業界の現状では、このタイプのデザイナーで意識の低い者が相当数いるという。こういう意識の低いデザイナーの中には率直に言って、無名デザイナーの作品なら、パクってもばれなきゃOKという人たちがいるという。このような人たちは今回の事件で肝を冷やしているのではないかという。

 佐野氏の監修しかやっていないという言を真実だとすると、おそらく売れに売れて仕事がかなり立て込みやっつけ仕事になってしまったというあたりが実情ではないかという。著作権チェックというのはかなり大変な仕事であることは確かであるが、やはりわきの甘い仕事だったとは言わざるを得ないという。
 おそらくトートバッグデザインに関しては、自分のネームバリューでかなり高額のデザイン料をとっているだろうから、それに見合った責任を問われるのは仕方ないだろうともその方は仰っていた。

 佐野氏は今後は「小保方、佐村河内」と並んで名前が出るようになる可能性があり、そうなると前途はかなり厳しいものがあるだろう。またネットで他人のあら探しを嬉々としてやる人たちにより、これ以外にもこれからも色々ほじくり返される可能性も高いだろう。しかし、仮にそうなったとしても、それらのあら捜しや非難はやり過ぎの面もあるとは言え、デザイン業界の一部にある、オリジナルに対するリスペクトが低い意識を改善するというという意味では、こういう騒動も業界として経験しなくてはならない道なのではないか、というのがその方の見解であった。


 とはいえ、私の私見では、TPP交渉の中で著作権侵害の非親告罪化の方向性が出されており、仮に非親告罪化が成立していたとすれば今回の佐野氏の問題も、彼を逮捕するのかどうかということが問題になったはずである。現状では親告罪なので、著作権侵害がいきなり「犯罪」になることはなく、著作権を侵害された側が、侵害した側の不誠実さに怒って告訴でもしない限り、刑事上の「犯罪」に問われることはない。
 しかし非親告化されるとなると、おそらく、いきなり警察の判断で逮捕する、しないという話になるはずである。これはいくら何でもまずいのではないだろうか?私の個人的見解としては、佐野氏は場合によっては民事的責任を負うべきだとは思うが、逮捕、起訴して、刑務所にぶち込むべきとまではとても思えないのだが...
 それとも皆さん、佐野研二郎氏を刑務所にぶち込むべきと思いますか?

本ブログ関連記事

「東京五輪ロゴ問題への素朴な疑問」
http://yohnishi.at.webry.info/201508/article_8.html

「ようやく著作権への疑問にまともに答える記事が...」
http://yohnishi.at.webry.info/201508/article_11.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
佐野研二郎氏の行為って、デザイナーとして正直なところどうなの? yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる