yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「『爆買い』依存」への警鐘は、突き詰めればアベノミクス否定

<<   作成日時 : 2015/05/28 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日経ビジネスオンラインの「記者の眼」に白壁達久記者による「『爆買い』依存のツケ到来 - 香港に、外国人観光客で稼ぐ日本の将来を見た」(2015.5.27付)という記事が掲載された (http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20150525/281568/?P=1)。
 本記事を読めば納得という読者も多いだろう。あるいは嫌中の人は、だから中国 (or 中国依存) はダメなんだ、と意を強くした人もいるかも知れない。

 だがよく考えて欲しい。爆買いによる負の側面を考えろ、ということはとりもなおさず、アベノミクスの負の側面を考えろ、ということなのだ。つまりアベノミクス批判に直結する。

 現在出ているアベノミクス効果で、経済実需要につながっているのは、中国人による爆買い以外何もない。輸出企業の好決算は、輸出量が増えたのではなくドル建ての輸出が円安のため数値上向上しているだけであり、株価の上昇は海外投資家が円安で割安になった日本株を買っているだけだ。株価が上がっているからと日本人投資家が大挙して押し寄せるようになれば、どこかで利益を確定させたい海外投資家が、馬鹿な日本人投資家に高値づかみさせて、一挙にドロンしてしまうだろう。そうすれば日本株大暴落し、結局日本国内の資産が大量に海外に流出することになって終わりだろう。ちょうど日本のバブル崩壊の時のように。

 上記記事は「需要が膨らめば不動産価格は上がる。ただでさえ、震災復興や東京オリンピック需要による人材不足で建設単価が上がっている。そこに中国や香港の資本が流れ込めば、更なる高騰も考えられる。不動産の取得価格が上がれば必然的に賃料も上がり、それが商品価格やサービス料に上乗せされる」と指摘している。だが、それにはこの記事は批判的だ。
 だがこの記事が批判している内容こそ、アベノミクスの狙いなのだ。

 では、「爆買い」ではなく輸出増になればよいのか、というと決してそんなことはない。結局中国人の爆買いとは、場所が国内で起こっているだけの輸出増に他ならない。爆買いによる景気牽引を否定することは、輸出増による景気牽引を否定していることと同じである。また「爆買い」の主体が中国人ではなくアメリカ人であればよいのかという問題でも、政治的にはともかく少なくとも経済的には、あるまい。政府は賃金が上がった上がったと宣伝しているが、賃金上昇率は物価上昇率に追いつかず、賃金目減りは実質継続しており、所詮アベノミクスは外需頼みという構図は変わらない。

 結局、この記事の趣旨は、内需主導ではない外需頼みの景気「回復」を警戒・批判している訳だがそれはまさにアベノミクス否定に他ならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「『爆買い』依存」への警鐘は、突き詰めればアベノミクス否定 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる