yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国交通カード互換化を阻む「私鉄」の壁

<<   作成日時 : 2015/05/21 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国の全国互換交通カードの互換化状況を調べてエンハウィキの記事等を読んでいくうちにどうやら互換化を阻む大きな理由の一つに韓国私鉄の問題があることが分ってきた。
 韓国の鉄道事業者は、観光地のロープウェイ (因みに韓国では日本でいうロープウェイを「ケーブルカー」と称している) 等小規模なものを除くと、元々民間事業者である私鉄は存在せず、国鉄と自治体運営の地下鉄しかなかった。それがやぶられたのが2001年設立された仁川空港鉄道だったが経営危機に陥り、開業 (2007年) の2年後 (2009年) に国鉄に売却され国鉄の子会社となり1)、一旦私鉄の流れは途絶えた。
 しかし、その後地下鉄9号線が私鉄として開業、地下鉄として初めて追い越し設備を備えた急行運転を行い、金浦空港と発展著しい江南地域を直結するという地の利もあって初の成功を収め、さらに江南と今やソウル首都圏で最も地価が高いとされる盆唐地区を結ぶ地下鉄新盆唐線も私鉄として開通、さらに各地で展開されるようになった軽電鉄の多くも私鉄方式で開業している。

 この中で交通カード互換化上特にネックとなっているのが、成功を収めているソウル地下鉄9号線。現在「全国互換」交通カード中、首都圏で使えないのが光州中心のハンペイカードと大邱中心のトップパスカードの全国互換版ワンパスカード (2014.11-)。
 その大きな理由は地下鉄9号線社から韓国スマートカード (T-money) やEB (CasheBeeカード)と同額の莫大な施設改修費を要求されて交渉が難航しているためらしい2)。地下鉄9号線だけ使えないようにもできないので、首都圏での互換が困難だという。全国互換のワンパスカードの場合、非互換の既存トップパスが首都圏で使えるのにその「全国互換」版カードの方は首都圏で使えないという皮肉な現象が起っている。これはトップパスが地下鉄9号線開通前から既に首都圏と互換だったため排除されなかったからである。
 ハンペイの発行元ハンペイシスと、トップパス、ワンパス発行元のユー・ペイメントは、国土交通部指定規格に沿っており設備の物理的改修は必要ないはずなのに、全国非互換カードも含めた他の大規模カード会社と同額の莫大な改修費を要求されるのは割が合わないと反発しているらしい。おそらくソフトウェアを多少手直しする程度の改修で済むはずだ。
 いずれにせよ現在でも互換になっておらず、いつから利用できるとの報道もないので交渉はまとまっていないのだろう。またエンハウィキの記述などを読む限りでは、光州でT-moneyが使えないのは、ハンペイカードが首都圏で使えないことへの対抗措置らしい。

 なお地下鉄9号線には交通政策上すでに様々な問題が指摘されており、その一端は以前紹介した『鉄道の涙』で紹介されている。この鉄道会社の資本には外資が多く投入されており、良く言えば株主の利益を尊重した、悪く言えば強欲資本主義的経営がなされており、自社利益を優先して韓国の交通政策全体に対して非協力的な姿勢を取ってきた。
 また『鉄道の涙』では、鉄道で収益を上げるだけでなく、トリッキーな方法を使って赤字に見せかけて、税金を使った公的補助金までむしゃぶりつくし、その利益のほとんど海外に流出させてしまう、いわば韓国の利益が欧米外資に吸い尽くされる悪例として糾弾されている。
 手持ち資金がないのだから外資の導入は仕方ないし、その結果交通の利便性は上昇したのだから、その対価として外資にしゃぶられても文句はないだろう、という声も当然あるだろう。
 ただ、韓国民目線に立つと、地下鉄9号線や新盆唐線は建設前からドル箱が期待された路線だったので、今のウォン高を考えれば、外資導入ではなく、外銀から借り入れて資金調達という方法もあり得たとも思う。しかも行政が赤字補填まで行っている。やはり米韓FTAなどの影響により、韓国市場の開放度の高さを考えるとやむを得なかったのだろう (逆になぜ日本の資本は韓国の鉄道事業に投資しようと思わなかったのか..? 絶好の収益機会が転がっていたのに... )。

 日本側では、現在韓国で国民の間で反米感情が高まっていることに対して驚く声も聞こえるが、米韓FTAによる韓国市場の開放の高まり、さらに韓国財閥解体の過程で、財閥の資産のかなりが外資に買われたことにより、このような外資の進出が国民の目に見える形ででてきており、その弊害も知られるようになったことへのリアクションという側面もあると思う。

 そういう意味で今の韓国のあり方はTPP後の日本を占うものになるのではないだろうか?

1) Wikipedia韓国語版 「仁川国際空港鉄道」http://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%9D%B8%EC%B2%9C%EA%B5%AD%EC%A0%9C%EA%B3%B5%ED%95%AD%EC%B2%A0%EB%8F%84 参照。

2) エンハウィキ「地下鉄9号線」項目 https://mirror.enha.kr/wiki/%EC%84%9C%EC%9A%B8%EC%8B%9C%EB%A9%94%ED%8A%B8%EB%A1%9C9%ED%98%B8%EC%84%A0 参照。但しどこまで信憑性のある情報なのかは不明。

関連記事

全国互換といいつつ互換でない韓国の全国互換交通カード利用状況
http://yohnishi.at.webry.info/201505/article_11.html

『鉄道の涙』 - 韓国鉄道労組のロジック (1 - 2)
http://yohnishi.at.webry.info/201402/article_1.html
http://yohnishi.at.webry.info/201402/article_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国交通カード互換化を阻む「私鉄」の壁 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる