yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『シャトルコック』 - 少年の「失楽園」を描いた韓国ロードムービー

<<   作成日時 : 2014/11/08 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 「失楽園」の苦しみを経て大人へと成長していく、ある少年のロードムービー。監督は、新鋭の女性監督、イ・ユビン。

 再婚した夫婦の元、一つの家族となった、姉ウンジュ (コン・イェジ)、長弟ミンジェ(イ・ジュスン)、末弟ウノ(キム・テヨン)の三兄弟。ウンジュとウノは母の連れ子、ミンジェは父の連れ子である。一時は楽しく暮らしていた一家。だが、ある日交通事故のため父母は亡くなり、残された保険金と遺産で三兄弟は食べていた。
 だが、ある日突然ウンジュが1億のお金を持って消えてしまう。ミンジェはSNSで懸賞金を付けて姉ウンジュの行方を探すと、何度も騙されたあげく、ようやく慶尚道のある海辺の地方都市のスーパーマーケットで働いているらしいとの情報が入る。
 早速残された車を使ってそこへ向かおうとするが、家にいろ、と言い含めていたウノがちゃっかり車に乗っており、しかもおしっこを漏らしていた。しかも途中で車が故障。修理工場へ立ち寄るが、修理費を払う金も口座には残っていない。代金を踏み倒して逃げようにも、ウノが言うことを聞かない。這々の体で何とか踏み倒して、一旦全州にある父母の墓に寄る。離婚した母の元夫、ウノの実の父にウノを預けようとするが、預けられる状況ではなく、仕方なく、なかなか言うことを聞かないウノをなだめすかしながらウンジュのいるらしい都市に到着する。
 スーパーに行くと、ウンジュは夜のシフトだという。一旦時間潰しにウノとお寺に寄り学校前で車を止めて休んでいると、ウノが女装をしてお化粧をし始める。ズボンをはけとミンジェが言うが、ウノは抵抗する。頭に来たミンジェはウノを置いてウンジュのいるスーパーに向かう。
 そこで出会ったウンジュの姿は、ミンジェにとって思いもよらないものであったのだが、しかしミンジェは...

 非常に特異な状況での家族愛と初恋の汚れと喪失を通して描かれた、少年の成長ストーリーであり、ロードムービーという、極めて奇抜でオリジナリティ溢れる作品。
 図らずも「兄弟」という形になってしまった少年と少女は、父母が亡くなった後、ウノも含めて、一時おとぎ話のような時間を過ごす。だが所詮おとぎ話はおとぎ話に過ぎずいつか現実にぶち当たる。
 結局はミンジェの至らなさから、彼らは「楽園から追放される」ことになり、おとぎ話は終了する。映画はこの「失楽園」の時点から始まる。ミンジェとウンジュはアダムとイブになるのだが、ミンジェはウンジュを恨むことしか知らない。実はウンジュの行動はウンジュなりに「失楽園」での最善を考えた行動であったのだが、ミンジェはそこまで考えが至らない。ミンジェがウンジュを探し、遺産を取り戻そうとする旅のなかで、ミンジェの意のままにならない存在としてウノが割ってはいる。ウノはウンジュと同じ血を受け継ぎ、ミンジェにとっては、なかば怨みの対象でもある。ミンジェは映画中何度もウノを捨てようとする。
 だが、ミンジェに新たな家族愛にたどり着いたときに彼らのこころの旅は終了するのである。
 単純に不道徳、という評もあり得るかも知れないし、またあり得ないという反応もあるかも知れないが、筆者としてはそのオリジナリティ、観客を引きつける力を評価したい。そしてウノ役のキム・テヨンの本作品において果たす役割の大きさ、こまっしゃくれた小学生役の演技のすばらしさを指摘しておきたい。

 ただ韓国では、父母が亡くなった後、子供たちだけで生活しなければならないという状況は、一旦親族ネットワークのサポートから切れてしまうと、実際あるようでちょっと気になる。例えば、既に本ブログで扱った『軽い眠り』http://yohnishi.at.webry.info/200904/article_3.html の記事を参照。

 本作品の韓国封切りは2014.4.24。韓国での観客動員数は 人。国内未公開。

 監督のイ・ユビンは韓国・中央大映画学科、同大学院映像学科修了。Mise-en-Scene映画祭に招待された『マイ・ゾンビ・ボーイ』(2005)他、3編の短編映画を演出。さらに長編ドキュメンタリー映画『小規模アカシア・バンド物語』(2009)の編集、『会社員』(2012)のスクリプト担当を経て、本作で長編劇映画デビュー。以上Daum映画データベース情報を参考に執筆。

原題『셔틀콕』英題『Shuttlecock』監督:이유빈
2012年 韓国映画 カラー 1:2.35 100分

韓国版ビデオ情報
[DVD]
発行・販売: Art Service 画面: Anamorphic 1:2.35 音声: Dolby5.1 韓国語 本編:100分 リージョン3
字幕: 韓/英 2014年 9月発行 希望価格W25300

[DL file]
AVI(1280x720)(2202 MB) , MP4(480x320)(369 MB) DRM Free 価格W2500 (yes24)

予告編 (韓国語 YES24)
http://vod.yes24.com/MovieContents/MovieDetail.aspx?did=M000048878

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『シャトルコック』 - 少年の「失楽園」を描いた韓国ロードムービー yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる