yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の安全は高まったか...

<<   作成日時 : 2014/05/19 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国セウォル号沈没事故は発生後1ヶ月が経過した。5/15付け東亜日報では韓国における安全性意識がその後どのように高まったかを検証していたが、結局あまり変わらないようだ。

 乗船手続きの厳格化は進んだ。例えば、仁川から白翎島に行く航路の場合、元々一人当たりの手荷物は15kgまでに制限されていたが、実際はろくに検査していなかったので一人30kg近く持ち込む人もいたそうだ。だが、安全規制の厳格化に伴い困る人が続出。さらに、出航安全検査の人員も元々過少にしか配備されていなかったため、出航遅延も続出。乗客からは不満の声が上がっているという。

 町中ではどうか。救急車の場合、サイレンを鳴らしても、そのまま聞き流されて待避してくれる車や人は少なく、なかなか現場や病院に急行できない状況は相変わらず。その上、サイレンがうるさいとの苦情も頻発するので、サイレンを鳴らすのも必要最小限の緊急事態以外迂闊に鳴らせないのだという。
 そして地下商店街。停電が発生した場合稼働するはずの非常灯が設置されているが、非常灯の前や下には商品がぎっしり置かれ、停電時には殆ど役立たない状態。地下鉄駅の場合、もし駅で何か事故が起こった場合、4分以内に地上に出られるようにする必要があるが、構造が複雑で4分で地上に出られない駅も多い。地下鉄8号線のある駅では、地上に出るまで最低15分かかるという。だが、早く地上に抜けるための非常口の設置などの駅改修は予算不足のため目処が立っていない。

 結局安全意識を高めなくてはと言われつつも、実態として決して安全意識は高まっている訳ではないという状況のようだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の安全は高まったか... yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる