yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『少女』 - 冷たくも美しいミステリアスな冬の韓国映画

<<   作成日時 : 2014/01/18 00:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 キム・ギドク作品を彷彿させる美しくも鋭い、ある悲恋を描く作品。監督は本作が長編劇映画デビューのチェ・ジンソン。脚本・脚色はチェ・ユンジンとチェ・ジンソン。撮影はソン・ウォノ。

 口蹄疫が流行し、全国的に家畜の処分が進んでいる2012年の冬。高校生のユンス(キム・シフ)はソウルから慶尚北道安東近郊の農村にやってきた転校生。実は彼はソウル時代
、彼の発言のため、友人に彼の目の前で投身自殺されるという過去を持っていた。そして逃げるようにソウルから田舎にやってきたユンス。
 そして、田舎にやってきた初日、ユンスは森の間の凍結した湖で一人スケートをする神秘的な少女の姿にくぎ付けになる。翌日学校に行ったソウル出身のユンスは、女の子たちに人気の的。だが、彼は教室の後ろの方で机に突っ伏して寝ている少女が気になる。そう、それこそがスケートをしていた少女、ヘウォン(キム・ユネ)だった。ヘウォンは、変なことを話すとクラスの子たちから避けられており、精神障害のある父と(チョン・インギ)と二人暮らしだった。
 そんな中、ヘウォンの父がジヨンの家に覗きに入ったと、ジヨンの父(イ・ジャンユ)がヘウォンの父を派出所に連れてくる。精神障害のかわいそうな人に何をするんだと取りなそうとするヤン里長1)(ムン・チャンギル)。
 ジヨンはヘウォンに対して復讐をしてくれとクラスの番長に頼む。村の穀物倉庫で番長がヘウォンに暴行しかかった瞬間、里長が入ってきて間一髪でヘウォンは助かる。画像
 だが、ジヨンの父は、ヘウォンの父を精神病院に強制収容しようと手配する。救急車に連行される寸前、ヘウォンの機転で父は逃れる。
 ヘウォン(および父)に対する村の中の視線が冷たくなる中、ユンスは、一切意に介さず、ヘウォンに近づこうと、スケートを教えてくれと彼女に頼む。そして彼女に新しいスケート靴までプレゼントする。彼女が使っていた靴は10歳の時に父親からプレゼントされたものだったのだ。クラスの中で一人ヘウォンと仲良くしようとするユンスに、ヘウォンは尋ねる。「私の噂、知ってるの?」それに対しユンスは「元々噂なんて信じない」
 そのユンスの言葉に、ヘウォンは心を開く。

 だが、ユンスの言葉は事実ではなかった。単にヘウォンの噂をよく知らないだけだったのだ。ユンスがヘウォンと仲良くするのを嫉妬したジヨン(パク・ソダム)はユンスに告げる。「ヘウォンが夜な夜な父親と寝台を共にしているという噂、知らないの。診療所の先生(チョ・ハンチョル)があのときの声も聞いたって」
 噂に気が気でなくなったユンスは、ある晩、冬の夜中に起きだして、ヘウォンの家の前までやってくる。そこで見たのはヘウォンが、包丁を持って父親の部屋に入る姿だった。
 翌朝、ヘウォンの父親が片腕を切断した死体で発見される。里長は自殺だとヘウォンを庇うのだが、ユンスはヘウォンが恐ろしくなり...

 美しくも悲しい映画。ヒロインであるヘウォンは、ムーダン自体ではないのだが、韓国社会における「ムーダン」的キャラクター。なぜ韓国社会の文脈において、ムーダンが尊敬され、恐れられながらも同時に差別される存在であるのかが非常に良くわかる作品。そして、ヘウォンの村やクラスから孤立し、蔑まされながらも凛として生きる強さ、美しさと、初めて彼女を理解してくれる(と思われた)男性の出現で、彼だけに見せる女としての弱さ、可愛らしさの対比が非常に上手く描かれている。このあたりのキャラクター造形は増村保造監督作品『清作の妻』のお兼をやや彷彿とさせる。個人的にはこの手のヒロインに弱い。
画像 そして何と言っても冬の韓国の美しさが画面に存分に展開されているのもポイント。因みに撮影は舞台とは異なり、江原道寧越郡〜平昌郡周辺をメインに行われたようだ。画面の一つ一つが印象的。
 彼らの取る直線的な「解決」策には必ずしも同感できないながらも、キム・ギドク監督の『島(公開邦題:魚と寝る女)』を彷彿とさせる美しさと鋭さが印象的。

 本作品の韓国封切り日は2013年11月7日。韓国での観客動員数は20,594人(KOBIS 2013.12中旬データ)。国内未公開。第18回釜山国際映画祭、ニューコンテンツ賞候補。

 監督のチェ・ジンソンは1975年生まれ。延世大学コミュニケーション大学院映像芸術学博士課程修了。2001年以降数々の短・中編映画を発表し数々の韓国内賞を受賞し、才能ある監督として注目を浴びる。2005年長編ドキュメンタリー『エロティック煩悩ボーイ』、2011年長編ドキュメンタリー『I AM.』を経て、本作が長編劇映画デビュー作。

1)里長とは、ある集落の責任者。里とは日本の村に相当する面(ミョン)や町に相当する邑(ウプ)の下にある行政単位で大字に近い。


原題『소녀』英題『Steel Cold Winter』監督:최진성
2013年 韓国映画 カラー 1:1.85 110分

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『少女』 - 冷たくも美しいミステリアスな冬の韓国映画 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる