yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『半島の春』 - 社会言語学的に興味深い植民地下朝鮮メロドラマ映画

<<   作成日時 : 2013/09/22 05:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 1941年に植民地下朝鮮で製作された朝鮮語によるメロドラマ。今見ると当時の植民地における言語生活のあり方の貴重な証言になっており、言語学的関心から見ると非常に興味深い作品。監督・脚本はイ・ビョンイル(李炳逸)、撮影はヤン・セウン(梁世雄)、製作会社は明宝映画社。

以下あらすじはDVD-BOX「発掘された過去」パンフレットに掲載のものを引用翻訳して紹介。

 映画社で映画「春香伝」を製作していた中、李英一(キム・イレ)に友人の妹で女優志望の金貞喜[ジョンヒ/ていき](キム・ソヨン)が訪ねてきた。英一は映画に適当な役がなく、貞喜をレコード会社に紹介してやり、面倒を見てやる。一方、英一と共に映画「春香伝」を撮影していた監督許勲(ソ・ウォルヨン)は、主演女優安羅[アンナ](ペク・ラン)に振り回されたあげく、彼女を追い出し、その代わり貞喜を春香役に起用した。貞喜の投入で撮影は順調に進行していた中、英一と許勲は制作費不足でトラブルに直面することになり、英一は映画社公金に手をつけ、投獄される。安羅の助けで英一は釈放され、朝鮮映画株式会社設立と共に「春香伝」は大成功を収める。同僚たちの後援で、英一と貞喜は東京へと旅立つ。

 植民地下朝鮮では1919年の三一独立運動以降、皇民化政策は緩和され、朝鮮語による教育も行われるようになった。しかし1937年日中戦争開戦後、再び創氏改名等皇民化政策が強化されることになるが、それでもまだこの頃は朝鮮語の映画製作は認められていた(全面的に朝鮮語映画が禁止されるのは1944年になってからである)。軍国主義的色彩の濃い映画制作が本格化するのも1942年の朝映設立後ということであり、第2次大戦勃発の年に封切られた本作は意外にも軍国主義色は薄い。

 本作品で映画「春香伝」の製作が背景として取り上げられているが、これは1935年に封切られた朝鮮初めてのトーキー映画『春香伝』が意識されているのであろう。

 日本人である我々からすると、やはり興味深いのは当時の朝鮮人たちがどのような言語生活を送っていたのか、という点であろう。この映画にはほとんど日本人は登場しない。敢えて言えば、朝鮮映画社の創立場面で日本人らしい人がスピーチをする程度である。とはいえ、植民地下の朝鮮、彼らの日常会話のあちらこちらに日本語が混じる。どういう場面で日本語が使われているのか、という点が非常に興味深い。
 こんにちは、ありがとう、といった挨拶に頻繁に日本語が使われるであろうことは簡単に想像が付くであろうが、それだけではなく、やはり男性(同士)、フォーマルな会話、そして地位が高かったりインテリであると日本語を交ぜて使う確率が高い。

 この中で貞喜と安羅という二人の女性が非常に対照的な存在として映画に登場する。貞喜は平壌出身で映画女優を夢見て京城(けいじょう)に上京してきた女性。一方安羅は東京帰りの、当時の言葉で言えば典型的な「モ・ガ」である。人々は安羅のことを「東京で舞踊を勉強してきたと言うけれど、ダンサーでもやっていたんじゃないの」と噂する。ここで言う「ダンサー」とは、おそらくキャバレーなどの風俗店での踊り子のことを指すのであろう。極めてネガティブな単語として使われる。しかも安羅はレコード会社の部長と愛人関係にあったのが、捨てられてしまうという設定である。
 貞喜は、安羅に飽きた部長に口説かれるものの、彼女はただひたすら英一を見つめる貞淑な女性として描かれる。一方安羅は、部長の愛人になるような蓮っ葉で奔放な女として描かれている。
 英一は、実は安羅から、よく考えると極めて献身的な奉仕を受けている。もちろん貞喜は英一一筋という純粋な気持ちを持っているものの、実質的に何も英一を助けていない。それにもかかわらず英一は当然のように貞喜を選択し、安羅は「私には英一さんを愛する資格がない」とさも当然のように身を引いてしまう。現代の視点から見れば安羅だって、否、安羅こそ英一に対する気持ちの純粋さ、打算のなさは掛け値のないものだ。それがあっさり、英一が貞喜を、何のジレンマもなく選択してしまうことに違和感を感じる。
 そして実は、言語的な側面から見ると、こんな二人は、貞喜が殆ど日本語を使わない一方で、安羅は殆どの会話を日本語で通しているのだ。貞喜が伝統的な朝鮮の価値観に合致する女性なら、安羅は日本にかぶれ、近代的(西洋的)価値観に「毒された」女性のシンボルとして描かれている、ということだ(おそらく当時、実際に日本かぶれの女性は日本語を多用していたのであろう)。
 ここに当時の朝鮮人たちの日本人や日本文化に対するアンビバレントな気持ちが反映されていると見るのは、穿った見方だろうか。

 男性の中では日本語を使いこなすことに一種のステータスの誇示が込められている一方、日本語を流暢に使いこなし、日本文化を身につけた女性に対する冷ややかな視線。よく言えばそれは民族の誇りに対する無意識的表現なのかもしれないが、一方それは朝鮮戦争後「洋公主」を見る韓国人の視線、日本で言えば戦後の「パンパン」や「オンリーさん」を見る蔑視の視線、つまり羨みとやっかみ、宗主国文化へのあこがれと反発それに女性蔑視あるいは家父長的価値観が混ざったような視線と重なってくるようにも思える。

 そしてこれは『シリアの花嫁』でエラン・リクリスが描く対象としたジレンマとも重なってくるのである。

 監督のイ・ビョンイル(1910-78)は、咸鏡南道咸興生まれ。1936年日活に入社し演出部所属。1940年、朝鮮に戻り明宝映画社を設立。解放後1947年に渡米し、南カルフォルニア大学映画学科に留学。朝鮮戦争後、『嫁に行く日』(1956)『自由結婚』(1958)『青春日記』(1959)『帰国船』(1963)『工作夫人』(1964)等を監督し、1970年代前半まで活発に活躍する。『嫁に行く日』はベルリン国際映画祭に出品され、韓国最初の国際映画祭出品作となる。

 なお、本作品を収録したDVD-BOX「発掘された過去」は1940年代の朝鮮映画が収録された韓国映像資料院企画のDVD-BOXだが、初版完売後なぜか再版されていない。他の「発掘された過去」シリーズは再版されているのであるが...

 ただし韓国映像資料院が公式にYoutubeに動画を公開しているので見ることができる。URLは下記の通り。
http://www.youtube.com/watch?v=T0MiZnCvb7s&feature=player_detailpage
(英語字幕だが、焼き込みのオリジナル日本語字幕がついている)

原題『반도의 봄』英題『Spring of Korean Peninshula』監督:이병일(李炳逸)
1941年 日本(植民地下朝鮮)映画 モノクロ 1:1.33

DVD(韓国盤)「発掘された過去」情報
発行:韓国映像資料院 販売:Taewon Entertainment 画面: NTSC/16:9(1:1.33) [本作]音声: Dolby1 韓国語 本編: 85分(本作)
リージョンALL 字幕: プリント焼き込み日字幕+韓/英(On/Off可) 片面二層(4枚組) 2007年 9月発行 希望価格W33000

『シリアの花嫁』映画評
http://yohnishi.at.webry.info/200902/article_8.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『半島の春』 - 社会言語学的に興味深い植民地下朝鮮メロドラマ映画 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる