yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『火車』 - 宮部みゆき原作推理小説を韓国で映画化

<<   作成日時 : 2012/09/15 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 宮部みゆきの代表作とも言える小説『火車』を韓国で映画化した作品。監督はあの『ナヌムの家』三部作、さらに『密愛』『バレエ教習所』と撮ってきたビョン・ヨンジュで脚色も担当。商業映画監督としての成長ぶりがうかがえる。

 ソウルで動物病院を経営するチャン・ムノ(イ・ソンギュン)は、1ヶ月後に婚約者カン・ソニョン(キム・ミニ)との結婚を控え、故郷安東の父母宅に挨拶に行くべく高速道路を急いでいた。だが、途中サービスエリアで休憩したところ、突然婚約者が失踪してしまう。警察にも通報するが杳として行方が知れない。ソウルの彼女のアパートに戻ってみると荷物の大半が消えていた。
 すると、カード会社に勤める友人ドンウ(キム・ミンジェ)が彼女にカードの多重債務で自己破産の経歴があるという。ちょうど彼が、彼女の自己破産歴を連絡した直後消えてしまったようだ。
 とはいえ、厳格な父親(チェ・イルファ)の手前、婚約者がいなくなったとも言えず、やむを得ず、年上のいとこで、不正を働いて免職になった元刑事であるキム・ジョングン(チョ・ソンハ)に個人的な捜査を依頼する。
 だが調べれば調べるほど不審な点が出てきた。そして彼女が自己破産手続きをしたという裁判所に行くと、自己破産をしたカン・ソニョンは、明らかにムノが知る女性ではないことが明らかになる。ではムノが婚約した女性は一体誰だったのか?その女性はなぜ、どういう経緯で「カン・ソニョン」を名乗ったのか?
 謎は深まっていく...

 基本設定は原作に忠実だが、うまく韓国の物語に移し替えられており違和感はない。但し原作は彼女を捜す刑事の視点から語られているが、本作品では、原作ではわずかしか出てこなかった婚約者の視点で語られるので構成は大幅に変わっている。また彼女を捜す刑事も、その婚約者のいとこという設定。
 ともあれ、原作を離れ、一個の映画作品としてみた場合でも、原作の良さが活かされたのか、うまく脚色されているのか、謎と緊張感にカメラワークで観客を、緊張感と謎の深まりで引きつけ最後まで飽きさせないで見せる力があり、一級の娯楽作品に仕上がっている。ただ、個人的には最後の結末にもう少し含蓄を含ませた結末があり得たのではないかという感じがあり、そこが惜しい。
 韓国は親族の助け合いネットワークが存在するが、孤児などそのネットワークからはじき出されてしまうと、文字通りセーフティネットが利かない状態になってしまう。そんな中で追い詰められ、「ただ幸せになりたかった」というささやかな願いを実現するためには、やむにやまれない生存手段を講じざるをえなかった女性の悲劇を、ミステリーと緊張感の中にうまくにじみ出させて描いている。
 おそらく原作を読んだ人には、物足りなく思える点も多々あるとは思う。例えばローンシャークの恐ろしさは描かれるものの、そもそもの借金は彼女の責任ではない。ずぶずぶと借金漬けになっていく怖さが十分描かれているとも言えない。
 ただそれは、ともあれ2時間足らずの枠で、うまく韓国の社会状況に適応させて描く上での脚色上のポイントの移動と考えれば、脚本力、映画としての再構成力は高く評価できるのではないか。ビョン・ヨンジュの映画監督・脚本家としての成長ぶりを評価すべきであろう。

 本作品は、韓国では2012.3.8封切り。韓国での観客動員数は2,426,575人(KOBISデータ、本年6月中旬現在)。国内未公開。

 韓国盤Blu-rayディスクは、C&Jらしい繊細な絵作りで文句がない。

原題『』英題『Helpless』監督:변영주
2012年 韓国映画 カラー 117分

Blu-ray(韓国盤)情報
発行・販売: CJ E&M 画面: HD1080p/16:9(1:1.85) 音声: DTS-HD5.1 韓国語 本編:117分 リージョンA
字幕: 韓/英(On/Off可) 片面二層 2012年 8月発行 希望価格W33000
※韓国盤DVD(2枚組)もあり(W25300/2012.6発行)

▼国内盤DVD 2013.2発売

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『火車』 - 宮部みゆき原作推理小説を韓国で映画化 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる