yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月韓国盤DVD化、韓国映画評

<<   作成日時 : 2012/03/24 01:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 2012年3月以降に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日(1月以降はYes24の発行日記述による)、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。
 
 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。

 3月最大の話題盤は何と言っても韓国で社会的旋風を巻き起こした『るつぼ』。障碍者の人権問題や性虐待に対して大きな論争を巻き起こした。2度目を見るのはつらいという声もあるが、しかし一度は見なければいけない映画、というのが韓国ネティズンの定説。Daumのネット評平均9.5というのは、今回取り上げるDaumの評点中最高であり、Cine21も8.5と高い。なお、4月にBlu-rayの刊行が予定されいてる。
 それからインディー映画ではあるが、脱北者の韓国での生活ぶりを扱ったことで話題になった『茂山(ムサン)日記』。本来は2月に発売が予定されていたが、3月にずれ込んだ。Cine21の評点は8.1、Daumでは8.3。それまで脱北者を扱った映画は、脱北してくる過程を扱ったものが大半。だが、本作は初めて、脱北者が韓国にあっても二等市民としてしか見なされず、脱北者であることを隠して生きなければ就職もままならない厳しい現実を描いている。
 そしてやはり、『るつぼ』とは観客動員数の比較にはならないものの、社会派ドキュメンタリー映画である、韓国版「シッコ」と書かれている『白いジャングル』にも注目したい。韓国の医療問題に切り込んだドキュメンタリーのようだ。Daum評点では『るつぼ』に次ぐ2位の9.2。Cine21では『るつぼ』より高い9.1。
 さらに、個人的には1974年のイ・チャンホの名作『星たちの故郷』のDVD化が注目だが、たぶんこのレーベルだと放送用ベータカムの流用でクオリティ的な期待ができない点が残念なところ。字幕もない。ただ古典映画に関心の薄い韓国のネティズン評においてDaumで9.0が出ているのは驚異的。
 他に個人的に気になるのは『胸が躍る』。「反則王」女性セクシュアリティー版、との評が出ていたが、専門家評は『茂山日記』に次いで高く、Daumでも8.4と比較的高い。

 これ以外に評点から見るとCine21ネティズン評ではドキュメンタリーの『先生と悪童』の9.2。ただネティズンの評者が4人しかいないし、専門家評は2.0と非常に低いので判じ物。ただDaumでも8.9という高い評点が出ている。また日本でもDVD化された『菜食主義者』の監督が撮った『傷跡』は、専門家評は3人出ているが、Cine21のネティズン評はゼロ。Daumの評点も低いので、シネフィル専用注目作というところか。

 また評者0なので何とも言い難いが、古典映画である『牛』(1975)。この映画はCine21には項目さえないが、『甕を作る老人』のチェ・ハウォン監督作品でおそらく文芸もの。韓国映像資料院でもビデオテープでの所蔵しかないので、これ以上の画質でリリースされることは望み薄かも。

 ぱっとしない方では『帰り道』か。Daumでは評者もゼロ。

 来月を展望すると、韓国の年度始まり(3月)のせいか、すでに4月刊行予定が目白押しになっている。この中ではやはり社会性を備えた大ヒット作『ワントゥギ』、ドキュメンタリー映画だが光州事件を扱った『五月の愛』、。また『マジシャンズ』の刊行がどんどん遅れて4月刊行予定にずれ込んでいる。また『鯨を探す自転車』はCine21とDaumで大きく平均評点が割れている。

画像



キーワード

ワンダフルラジオ
鯨を探す自転車
マジシャンズ(2005)
胸が躍る
ワントゥギ
恥ずかしい
五月の愛
先生と悪童
"星たちの故郷
(1974)"
牛 (1975)
白いジャングル
決定的な一発
帰り道
傷跡
るつぼ
茂山日記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月韓国盤DVD化、韓国映画評 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる