yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 母子の心情描写に徹した韓国映画『海の方へもう一歩』

<<   作成日時 : 2011/09/14 08:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 MBCドラマネットおよびインディーストーリーが共同提供となった、インディー映画。といってもTV局が絡んでいるらしく、スタッフなどもTVスタッフがかかわっているのではないかと思われる。

 女子高校生のウォヌ(ハン・エリ)は、父を亡くし、文化センターの陶芸講師をやっている母のヨニ(パク・ジヨン)と、家事を担当してくれるソおばさん(ソ・ボンスン)と住んでいる。彼女にはナルコレプシーに悩まされており、薬を服用しているものの、学校やで睡眠発作が出ることもしばしば。母は娘を心配して毎日車で送り迎えをし、とにかく無事に学校に行ってくれることだけを願っている。
 だが、ナルコレプシーのため学業の方も今一つで学校ではおみそ扱い、そして乗ってみたいと思っている自転車も、母親から病気のため禁止を言い渡されていて、彼女の心が晴れることは一つもない。
 そんな中、母のヨニに、同じ文化センターで写真講座の講師をやっているソンジェ(キム・ヨンジェ)が近づいてくる。彼女が作品を作っている姿に惹かれて写真を撮ったのがきっかけだった。自分が未亡人であることもあり当初は当惑していたヨニだったか、やがてそれは彼女にとって嬉しいものになっていく。
 一方、自転車を駆使しカメラをいつも抱えている同級生ジンソ(ホン・ジョンヒョン)をまぶしく眺めていたウォヌも、父の形見のカメラを探し出すことで彼に近づこうとするが、そのマニュアルのフィルムカメラは故障していた。カメラ店に行くと修理代に30万ウォン程度かかるという。がっかりして母の勤務する文化センターに母を迎えに立ち寄ると、ソンジェがそれを無料で修理してくれた。
 カメラを通してジンソと親しくなったウォヌはさらに、彼のサポートで母に秘密で自転車を買ってしまい、彼に付き添ってもらいながら自転車乗りを楽しむようになる。
 そうして保護されてはいるが、思い通りになることが何一つない世界から、危険ではあるが自由な世界へおずおずと踏み出していくウォヌ。だが、ある日、ひそかに自転車に乗っていることを母親に知られてしまう...

 ストーリー展開重視ではなく、一組の母子の心情の展開にじっくりと焦点を当てて描いた本作は、およそ韓国映画らしくなく、日本映画の様な感触。およそ韓国では多数の観客動員を見込めない作品なので、インディー枠での公開は至極当然だろう。
 いささか韓国における生活感覚に欠けるのが欠点ではあるものの、娘を心配する母親と、母からの保護をありがたく思いながらも、人形のように扱われる娘の葛藤、そして母親と女との立場の葛藤に揺れる気持ちなどが良く描けている。
 『素晴らしい一日』のイ・ユンギ監督をはじめ、日本映画のように、ストーリー展開よりも心理描写に重点を置いた映画作品は、何本も出てきつつあるが、興行面ではインディークラス以上の成績は残せていない。現在のところこれらの作品は一部受けの範囲を超えられていないが、今後は韓国映画の新しい展開の潮流を作れるだろうか。
 なお、カメラワークがテレビドラマ的であり、おそらく撮影監督のシン・ギョンウォンはTV局出身のスタッフではないかと推測されるが、どうだろうか?

 本作品は2009年5月21日劇場公開。なおMBCでも放映された模様。本作は『ファンタスティック自殺騒動』に引き続きのMBCドラマネットとインディーストーリーの共同制作作品だったようだ。韓国での観客動員数は2,586人。日本国内未公開。

監督のチェ・ジヨンは短編映画『散策』『秘密と嘘』で注目され、本作が長編第1作。韓国芸術総合学校映像院映画学科専攻課程卒、アメリカ、テキサス大学オースティン校大学院修了。『散策は』トリノ国際映画祭短編部門2等賞(以上Cine21データベースを参考に記述)。
母親役のパク・ジヨンは主にテレビドラマで活躍。映画では、最近日本でも公開されたイム・サンス監督の『下女(ハウス・メイド)』でヘラの母役で出ていた。また娘役のハン・エリは主に短編、インディー映画中心に出演している模様。それ以外にインディー映画監督で、本人も実際に高校の教師として数学を教えている、アン・スルギが、担任教師役に出演している。

原題『바다쪽으로 한 뼘 더』英題『One Step More to the Sea』監督:최지영
2009年 韓国映画 カラー 90分

DVD(韓国盤)情報
発行・販売: DS Media 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby2 韓国語 本編:90分
リージョンALL 字幕: 韓/英(On/Off可) 片面二層 2011年 3月発行 希望価格W25300

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母子の心情描写に徹した韓国映画『海の方へもう一歩』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる