yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 素朴さが持ち味 - 朝鮮族高校生の初恋を描く『青い河は流れよ』

<<   作成日時 : 2009/12/01 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 中国吉林省延辺の高校を舞台に高校生のカップルと彼らを取り巻く社会情勢を描いた作品。高校生のカップルの関係危機に最近中国朝鮮族を取り巻く急速な社会情勢の変化を絡めて描いている。原作は2002年に発表された朝鮮族作家の書いた小説だが、製作スタッフは全て韓国人。

 延辺朝鮮族自治州の東部、琿春の朝鮮族第二高校。ここにプラトニックな関係の高校生カップル、スギ(キム・エリ)とチョリ(ナム・チョル)が学んでいる。スギは優等生の女の子、チョリは数学が苦手な男の子で、二人は放課後学校で勉強を教え合っては、家に帰って「青い河」というハンドル名を使ってお互いにチャットを楽しむ関係。
 ところでチョリは最近寂しさを感じていた。というのはチョリの母親が父とチョリを置いて一人で韓国に出稼ぎに行ってしまったのだ。チョリの母は職場で嫌なことがあったり気が塞ぐとよく、近くの豆満江の川端に行き、流れる青い川を見ていたのだった。そして父に「青い川が持つ夢(理想)は...流れて海に合流すること」と話していたのだったが、今や彼女自身が大海=韓国へと流れて行ってしまったのだ。母は女の身ながら建設工事現場で働き、家族に送金を始めた。
 クラスのバイクを買った男の子が女の子にもてているのを見て、母親がチョリにバイクでも買いなさいと送ってきた金でバイクを買ってしまう。とたんにクラスの別の女の子がチョリに近づいて来て、「帰りに送ってくれない」。クラスメートに、チョリにはスギがいるじゃないと注意されると、彼女は韓国ドラマだって三角関係があるのに、クラスメートの彼氏とデートしてどこが悪いと居直る始末。
 そんなこんなで、ソギとチョリの関係はぎくしゃくしてしまう。その一方韓国にいるソギの母親にも事件があり、韓国からの音信が途絶えてしまう。さらに両親が韓国に出稼ぎに行ってしまった、クラスメートの二人の女子高生も学校から足が遠のいてしまい、教師やクラスメートは心配する。果たして彼らの行く末はどうなるのだろうか...

 とにかく映画に出てくる朝鮮族の高校生たちが、韓国映画やドラマに出てくる韓国の高校生に比べて、煙草をすったり、性的な冗談を交わしたりしながらも、ともかく初々しく素朴。高校生たちを演ずる俳優たちも演技ずれしておらず、ちょっとぎこちない部分も見受けられるが、素朴な良さがある(ちょっとNHKの[「中学生日記」でも見ているかの様な雰囲気)。演出にも素朴な点があり多少類型的な部分も気にはなるが、そんな部分も含めて初々しい素朴さが本作品の持ち味。
 その一方で彼ら朝鮮族を取り巻く社会情勢も描き込まれている。一つは朝鮮族社会を取り巻く閉塞感。この映画の舞台になっているのは民族語である朝鮮語で教育を行う高校だが、おそらく中国社会の中で羽ばたいていける様な人材は民族教育を行う学校ではなく、漢語で教育を行う高校に進学するのではないのか(一応延辺には朝鮮語で教育する大学もあるのだが)。ちょうど日本人社会における在日朝鮮・韓国人と同様な部分があるのではないだろうか。そうなると朝鮮語世界に生きながら羽ばたいていける「大海」として期待されるのは韓国ということになるのだが、それが決してバラ色ではないことは明らかである。しかも韓国に出稼ぎに行くのは、どうやら女性が多く、その多くが韓国人男性との偽装結婚という形で滞在資格問題を回避しようとしているという事情も描かれている。そして韓国からもたらされる文化や金がまた中国朝鮮人世界に必ずしもポジティブではない効果をもたらしている事情も...

 監督のカン・ミジャは韓国芸術総合学校映像院映画科卒。キム・ウィソク監督の『結婚物語』で演出に参加後、数本の映画の編集技師として活躍。本作品が初長編作品(以上Cine21データベースより)。ソギ役のキム・エリは韓国人女優で今まで『キリンとアフリカ』(短編)、『帰郷』(2008年、2009年11月封切り)等に出演。チョリ役のナム・チョルは延辺芸術大の4年生(出演当時)。本作品は日本国内未公開。

原題『푸른 강은 흘러라』英題『Let the Blue River Run』監督:강미자
2008年 韓国映画

DVD(韓国版)情報
発行・販売:WIDE MEDIA 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 韓国語
本編: 78分 リージョンALL 字幕: 韓/英 片面ニ層 2009 年 11月発行 希望価格W19800

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
素朴さが持ち味 - 朝鮮族高校生の初恋を描く『青い河は流れよ』 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる