テーマ:映画

Post Mortem - 『ジャッキー』のパブロ・ラライン監督日本未公開映画

Post Mortem - 『ジャッキー』のパブロ・ラライン監督日本未公開映画  2010年に製作されたチリ映画。『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』のパブロ・ラライン監督による「チリ独裁三部作」の第2作。1作目は『トニー・マネロ』、第3作は『No』で両作とも国内では映画祭公開されたが(『No』はDVDリリースも)、本作のみ一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコスロバキア映画『大通りの店』

 1965年ポーランド映画。日本国内では2005年にNHK BSで放映されたのと、2017年、イメージフォーラムで開かれたチェコ・ニューウェーブ上映会で1回だけ上映された模様。ビデオディスクは国内では出ていない。おそらく、国内で配給権を持った配給会社はないのではないか。ホロコーストを扱った作品。  時は1942年。ナチが侵攻し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国語字幕論争 & 太田直子氏の新刊のことなど

「頻発する誤訳、過剰な意訳、女性卑下等映画翻訳関連論争続く」 2016.7.16 ダウム映画 (韓国語) http://magazine2.movie.daum.net/movie/34644 日本でも字幕翻訳家、戸田奈津子氏に対する論争があるが、同じような問題が韓国でも.... そういえば先日、太田直子氏の『字幕屋の気に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『678』 - 性暴力に立ち向かう女性たちを描いたエジプト映画

 セクシャル・ハラスメント問題を初めて本格的に扱ったエジプト映画として、エジプト中の話題をさらった作品。エジプト公開2年を経過して、欧米でも徐々に知られるようになった。海外では『Cairo 678(カイロ678、英題)』、『les Femmes du Bus678(678番バスの女たち、仏題)』などの名前でも知られる。  ファイサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

[書籍] E.J.エプスタイン著『ビッグ・ピクチャー』

 ハリウッドの、映画製作ビジネスとしての側面をえぐり出した作品。非常に面白いが、一方、映画の世界に夢を見いだしたい人には、ここまで金計算尽くで映画の設定、プロットやストーリーが決められているのかと知れば、幻滅してしまうかもしれない(特に第二部 芸術の欺瞞と欺瞞の芸術)。  私が本書を通して知った面白い事実としては、そもそもハリウッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エジプトのフェミニスト映画 『話して、シェヘラザード (カイロの女たち)』

 エジプト映画『ヤコービアン・ビルディング』を脚色した脚本家、ワヒド・ハミッドWahid Hamid(『ヤコービアン・ビルディング』の監督、マルワン・ハミッドの父)によるシナリオによって撮られた作品。夫の出世のため、自分がキャスターを務めるTV番組を、女性のゴシップを扱う番組に切り替えたにもかかわらず、そのことがより一層エジプト社会の政…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

タル・ベーラ、映画監督引退を表明

 東京フィルメックスのサイトをのぞいていたら、今期上映されるタル・ベーラの『ニーチェの馬』の説明にこうあった。 「ベルリン映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)を受賞したタル・ベーラ待望の最新作にして最後の作品。」 えっ、タル・ベーラ死んだか、と思いネットを検索すると、死んだというニュースはなし。その代わりにこんな記事を見つけた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画質がExcelent!! - フランス盤『ヤコビアン・ビルディング』DVD

 以前本ブログで取り上げたエジプト映画の傑作『ヤコビアン・ビルディング』 (http://yohnishi.at.webry.info/200906/article_5.html)。その内容のすばらしさに感服したものの、エジプト盤DVDはレターボックスと画質的に不満。どこかに高画質のものがないかと探していたところ... ありましたよ、や…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

突然父が失踪した家族の衝撃を描くイスラエル映画『テヒリーム』

 2007年製作のイスラエル映画。突然父親が失踪した家族のその後を追った作品。  現代のイスラエル。イェルサレムに住むカウフマン一家は夫エリ(Shmuel Vilozni)、妻アルマ(Limor Goldstein)、中学生(多分)の息子ムナハム(Michael Moshonov)と小学生の息子デビッド(Yonathan Alst…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリ・フォルマン監督『戦場でワルツを』

 1982年のイスラエル軍によるレバノン侵攻に一兵卒として参加したはずの、アリ・フォルマン監督自身の、侵攻の際の記憶の欠落を一つ一つ探し出すことで、改めて自分自身の戦争責任に気付いていくというアニメーション映画。 あらすじはたとえばGoo映画(http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCS…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『チェンジリング』に見るクリント・イーストウッドの反権力性

 人のあまり見ない映画ばかり漁っているので、あまりハリウッドの鳴り物入り大作を見る気になれない自分であるが、クリント・イーストウッドの作品ということで遅ればせながらレンタルDVDにて鑑賞。良い意味で期待を裏切られた作品だった。  『父親たちの星条旗』『硫黄島からの手紙』でアメリカ政府の公式史観と権力に公然と反旗を翻したクリント・イ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

壮絶なカメラワークの1964年キューバ映画 『私はキューバ(怒りのキューバ)』

 1964年にミハイル・カラタゾフ監督の手によって旧ソビエト、キューバ合作で製作された映画。バティスタ政権末期のキューバの社会的・政治的雰囲気を描いた作品。当時のキューバ革命の正当性を訴えるプロパガンダ映画であることは間違いない。しかしその映像美は極めてユニークであり、決して単なるプロパガンダ映画の枠内に留まらない作品。  映画は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Made in Koreaのパニック映画『海雲台(ヘウンデ)』

 総予算160億ウォンをつぎ込んだ韓国製パニック映画『海雲台』。ポン・ジュノの『ケムル(邦題:グエムル -漢江の怪物-)』あたりをパニック映画と見れば、必ずしも韓国最初のパニック映画とは言えない。ただ、自然災害を扱ったパニック映画としては、おそらく韓国最初であろう。監督は『頭師父一体(邦題:ボス・マイ・ヒーロー)』『色即是空(邦題:セッ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルの相撲映画 韓国で4月に公開

 先日書いたイスラエルの相撲映画『サイズの問題』が、以下のブログによると、 http://blogs.yahoo.co.jp/shingenolza79/59508834.htm 韓国でこの4月に公開されるそうだ。韓国の映画会社の反応、早い... っていうか、本来なら日本の配給会社が真っ先に反応しても良いはずの映画なのに.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルで相撲映画!?

 イスラエルの通販会社からのメールを見てみたら、イスラエルの相撲映画が2/8にDVDリリースされるという。題名は、『サイズの問題(Sipur Gadol)』という2009年の映画で、イスラエルの日本食レストランで働く男が、ダイエットをやめて相撲の世界に挑戦するという内容らしい。    カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で観客賞をもらったほ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

シネカノン 会社更生法申請

 経営悪化が噂されていたシネカノンが、ついに会社更生法適用となった。浅川巧の生涯を描く『白磁の人』の制作からシネカノンが外れた(現在は東映系子会社が製作担当予定)という話を聞いていたので、いずれこうなるとは思っていたのだが...  『フラガール』など邦画制作でも日本映画界に一石を投じてきたシネカノン。2009年は邦画界としては興行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

メキシコ映画 『哀しみのバイオリン』

 過去のどのメキシコ映画よりもたくさん国際的な賞を取ったという2006年のメキシコ映画。反政府ゲリラを支える農夫たちの暮らしを描く。  ドン・プルタルコ(Don Angel Tavira)と彼の息子ヘナロ(Gerardo Taracena)、孫のルシオ(Mario Garibaldi)は農業を営みながら、その裏で反政府農民ゲリラを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンゴラ映画『Hollow City (虚ろな都市)』

 本作品は2004年に製作されたアンゴラ映画で、アンゴラで初めて製作された映画3本の内の1本である。テーマはアンゴラ内戦で首都ルアンダに避難してきた少年がルアンダで自分の行く先を文字通り見失ってしまう姿を描いた作品である。  1991年、アンゴラ内戦がまだ終結していないビエから、1機の飛行機がアンゴラの首都ルアンダに到着した。内戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月の韓国盤DVD化映画評

9月に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数、評論家評価平均はシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サローヤン原作ロシア映画『The Banishment』

 アメリカの小説家サローヤンの小説をベースにしたロシア映画『Banishment(追放)』。もつれた結婚生活を描いた作品。  アレックスとヴェラ夫婦は二人の子供をつれて都市を離れ、アレックスの田舎に移住する。一見仲のよさそうな夫婦だが、やがて家族内のコミュニケーションがぎくしゃくしていることが明らかになる。妻のヴェラは夫や子供たち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チュニジア発、ベリーダンサーを描くフェミニスト映画『Satin Rouge (サテン・ルージュ)』

 チュニジアはアラブ世界でも比較的治安が安定し、ヨーロッパにとってアラブ随一のリゾート国として知られている。フェミニズムは、アラブ世界で、アラブの伝統的価値観を破壊する西洋かぶれの思想として排撃される傾向にある様だが、治安の安定しているチュニジアでは、西欧アレルギーが少ない分フェミニズムにも寛容なのか、フェミニズム映画が比較的多く制作さ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ユーモアとペーソスに溢れた秀作映画『El bano del Papa (法王のトイレット)』

 2007年のウルグアイ映画。1988年、教皇ヨハネ・パウロII世がウルグアイを訪問した実話を元に、教皇の訪問に翻弄された貧しい庶民たちの悲喜劇を、ある密輸屋家族を中心に描いた作品。この映画に描かれたエピソードの大半は事実だという。  Beto(César Troncoso)はウルグアイのブラジル国境近くの小さな町メロに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

字幕翻訳に挑戦してみよう(4)

3. 字幕情報の抜き出し 3.1. DVDの字幕情報  DVDでは、字幕情報は基本的には画像情報の形で持っている。これは将来どんな言語(文字)が出てきても対応できるようにするためである。DVDから抜き出せる(リッピングできる)情報としては各字幕の画像情報とスポティングデータ。スポッティング(Spotting)とは字幕の時間配分のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

両性具有をテーマにしたアルゼンチン映画『XXY』

 2006年製作のアルゼンチン映画で両性具有をテーマにしている。監督は女性のルシア(リュック)・プエンソ。監督の名前に何か聞き覚えがあると思ったら、『オフィシャル・ストーリー』のルイス・プエンソの娘のようだ。  15歳の少女アレックス(イン・エフロン)はウルグアイの海岸沿いに住む少女。彼女の父、クラーケン(リカルド・ダル)は生物学…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

字幕翻訳に挑戦してみよう(3)

2.2 字幕作成ソフトのインストール  DVD再生環境が整ったら次は字幕作成に使うソフトウェアを入手・インストールする。ソフトウェアとしては次のものを入手する。 ○オリジナル字幕リッピングソフト  元々ある字幕ファイルを抜き出すソフト。  SubRip  http://exar.ch/suprip/ ○字幕作成ソフト…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

字幕翻訳に挑戦してみよう(2)

2. 準備 2.1 海外製DVD再生環境の整備 2.1.1 DVD再生の基礎知識  DVDの規格は日本メーカーによって開発されたが、ハリウッドの映画メーカーの要求によりDVDにはリージョンコードという規格が導入された。これはDVDを他国市場で簡単に再生させないようにする仕組みであり、プレイヤー側、ディスク側にそれぞれ設定されたリー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

字幕翻訳に挑戦してみよう(1)

1. はじめに -字幕翻訳による外国語学習の勧め-  外国語映画をやドラマを字幕なしに聞き取れるようになりたいと、外国語学習に挑戦する人がいる。もちろん外国語学習の動機としてそれは立派ではあるが、途中で、外国人の友人を見つけるなど他の外国語学習動機をあわせて発見しない限り、その外国語学習は挫折する可能性が高い。なぜならば外国語映画を字…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「女性為主」的韓国映画 『キッチン ~3人のレシピ~』

 本来は本年春にでも日本公開予定だった本作品、チュ・ジフンの麻薬所持事件のため10月までに公開が延期になったというケチがついてしまった。  『妻が結婚した』もそうであるが、どちらかといえば過去「男性為主」1)的視点からの作品が大半を占めていた韓国映画界に「女性為主」的視点作品が現れだしたように思う。そのせいかシネ21のサイトでの評論家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミシェル・クレイフィ監督 『3つの宝石の物語』 -パレスチナ映画-

 1994年製作のガザを舞台にしたパレスチナ映画。ガザを舞台にした劇映画としては初めて製作された作品。監督は『ガリレアの結婚』、『ルート181』のミシェル・クレイフィ。  舞台はガザ近郊の海沿いのパレスチナ難民キャンプ。そこに住む少年ユセフ(モハムド・ナナル)は現在母と姉の三人暮らし。父は、おそらくイスラエル抵抗運動をやって、イス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『Cup Final』 イスラエル盤DVD

 先日紹介したアラン・リクリス監督の知られざる名作、『Cup Final』のイスラエル(PAL)盤を入手した。画面比は4:3だが(オリジナルフィルムはIMDBによれば1:1.66のようだ)、全台詞にわたってオプショナルのヘブライ語/英語字幕がついている点がありがたい。リージョンコードは2なので、日本国内のDVDドライブでは再生は問題ない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more