あらためて映画『ガキ帝国』を評価する

 先日(2019.7.27)、NHKスペシャルで『半グレ: 反社会勢力の実像』が放映された。振り込め詐欺などの新しい要素が増えているものの、その一方でその本質は、3、40年前の愚連隊の時代からあまり変わっていないのではないか、という印象を強く受けた。その際思い出されたのは、大阪の愚連隊少年たちの群像を描いた井筒和幸監督の1981年の映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more