韓国映画『ホワイトバッジ』日本語字幕付Blu-ray発売

 1992年に作られた、韓国軍のベトナム戦争参戦を扱った韓国映画。また本作の上映は、おそらく韓国軍のベトナムでの戦争犯罪を大々的に扱った、初の機会でもあった。本作品は1992年東京国際映画祭でグランプリを受賞している。 本映画のあらすじ等はこちら 『ホワイトバッジ』 Movie Walker https://movie.wal…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェコスロバキア映画『大通りの店』

 1965年ポーランド映画。日本国内では2005年にNHK BSで放映されたのと、2017年、イメージフォーラムで開かれたチェコ・ニューウェーブ上映会で1回だけ上映された模様。ビデオディスクは国内では出ていない。おそらく、国内で配給権を持った配給会社はないのではないか。ホロコーストを扱った作品。  時は1942年。ナチが侵攻し、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらためて映画『ガキ帝国』を評価する

 先日(2019.7.27)、NHKスペシャルで『半グレ: 反社会勢力の実像』が放映された。振り込め詐欺などの新しい要素が増えているものの、その一方でその本質は、3、40年前の愚連隊の時代からあまり変わっていないのではないか、という印象を強く受けた。その際思い出されたのは、大阪の愚連隊少年たちの群像を描いた井筒和幸監督の1981年の映画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『表現の不自由展』中止は表現の自由に対する危険な第一歩

「あいちトリエンナーレ2019」で行われている『表現の不自由展』が中止に追い込まれたという。 「表現の不自由展」中止に 少女像作品めぐり抗議が殺到 2019.8.3 朝日デジタル https://digital.asahi.com/articles/ASM833DC1M83OIPE003.html  これは、表現の自由に対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more