ジャニーズ事務所へ公取委注意の報道をめぐって

 7/17、NHKは、公正取引委員会がジャニーズ事務所に対し、元SMAPの三名に対し出演させないよう圧力をかけたとして注意を行ったと報じた。 「元SMAP3人の出演に圧力か ジャニーズ事務所に注意 公取委」 NHK 2019.7.17 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190717/k1001…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画『工作: 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』

 まもなく(7/19)公開予定の韓国映画。韓国の工作員が北朝鮮に渡って、二重スパイをしながら北朝鮮の情報を得ようとするという、驚きの実話を映画化した作品で、娯楽映画としてかなり楽しめる。韓国の実話をモデルに作った映画というのは、大体過剰に脚色され、話がかなり盛られており、事実からかけ離れていることが多い。例えば以前紹介した『国家破産の日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日の「誤報」記事がハンセン病家族を救った?

 10/9付の朝日新聞朝刊で「ハンセン病家族訴訟 (国が) 控訴へ」との記事が出たが、その日の夕刊で記事訂正に追い込まれた。結局、その日の午前中の閣議で首相が控訴しないという決定をしたためである。  その後の各社の報道で、参院選中なので、控訴した場合の影響を懸念した、また小泉政権時のハンセン病患者訴訟の対応に倣った等の解釈がなされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語翻訳をめぐって(3)

前項より続く 『言葉と物』の日本語訳をめぐって(3) そして、こちら 『言葉と物』渡辺、佐々木訳p. 103下- p. 104上 二次的言語(ランガージュ)によって解釈されるべき言葉 (パロール)の謎に、まだ中性的で特徴のない開いたままの可能性にすぎず、それを現実化し固定するのが言説(ディスクール)の任務である、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語訳をめぐって(2)

(前回より続く) さらに、こちら 『言葉と物』渡辺、佐々木訳 P83上 「古典主義時代のはじまろうとするところで、記号は世界の一形象であることをやめ、それが標識として示しているものに、類似もしくは類縁関係の強固な秘密の紐帯でつながれたものではなくなるのだ」 これは実は全く文法的には問題ない (そりゃ、そうだ。仏文学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フーコー『言葉と物』の日本語訳をめぐって(1)

 最近、25年ぶりぐらいにフーコーの『言葉と物』 (新潮社版、渡辺一民、佐々木明訳) を読み直している。当時は読むのに非常に難渋した記憶があるが、再読しても、特に今 3, 4章に差し掛かっているが、やはり難渋する。何を言っているのか意味不明の個所が何か所も出てくる。だが、『監獄の誕生』( 田村 俶 訳)は、今となってはいささか用語が固い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more