yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 66年前フィギュアスケート男子2連覇したのは

<<   作成日時 : 2018/03/05 19:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、平昌オリンピックが終了した。羽生結弦選手が66年ぶりに男子フィギュアで2連覇したことが報じられたが、テレビを見ている限り、その66年前の覇者が誰なのかは報じられなかったように思う。

 で、ネットで調べてみると、その選手は、アメリカのディック・バトン氏だったようだ。ところが、ネット上にみられるニュースを検索すると、ディック・バトン氏の羽生結弦選手へのコメントに関して、正反対の報道がなされている。一体、ディック・バトン氏は羽生選手に対して、どう考えているのが本当なのか?

「羽生結弦に66年前五輪連覇のバトン氏も「美しい」」2018/2/16 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/figureskate/news/201802160000515.html

「4回転ばかり、楽しめない=66年前に連覇のバトンさん」 2018/2/15 時事通信社
https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018021500204

 とはいえ、フリーの最高得点は、アメリカのネイサン・チェン選手だった。ただ浅田真央選手を思わせる、ショートプログラムの失敗。いくらフリーで最高得点をたたき出しても、メダルにも届かない厳しさが改めて浮き彫りになった。また、もしネイサン・チェン選手が失敗しなかったら、羽生結弦選手の連覇は難しかった、という意味では、実力だけではなく、幸運も兼ね備えなければ、金メダルを取ることは難しいということを改めて考えさせられた。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
66年前フィギュアスケート男子2連覇したのは yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる