Raw Therapeeのメニュー体系 (2) - ファイルブラウザ

 今回はファイルブラウザモード (トップメニューからファイルブラウザを選択した状態)でのサブメニュー体系である。

画像


ファイルブラウザモードでは右寄りの4つのサブメニュー項目が選べる。「絞り込み」「カメラ出しJPEG」「現像」「書き出し」である。以下は、各サブメニューの下のサブメニューおよびオプション名の一覧である。



絞り込み (特定の条件で表示ファイルを絞り込む)
   メタデータの絞り込みの適用
      絞り
      シャッター
      ISO
      焦点近距離
      露光量補正
      カメラ
      レンズ
      ファイルタイプ

画像



カメラ出しJPEG
          (サブメニューなし)

現像 (選択したファイルに画像加工を行う)
   露光補正
   シャドウ/ハイライト
   トーンマッピング
   Retinex
   ビネットフィルター
   グラデーションフィルター
   L*a*b*調整
   CIE色の見えモデル

書き出し (高速書き出しオプション)
   Processing pipeline
      Dedicated
      Standard
         各種オプション
   リサイズ

画像


なお、書き出しオプションを指定したあと、実際に書き出すには、指定ファイルの上で右ボタンを押して表示されるメニューから「キューに追加(高速書き出し)」を選択し、左端のトップメニューで「キュー」を選択し、キューモードになってから書き出すことになる。

画像

また、現像メニューは、トップメニューの「編集」のサブメニューとダブる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • Raw Therapeeのメニュー体系 (1) - トップメニュー

    Excerpt:  今まで主としてデジカメの付属現像ソフトでデジカメの画像調整を行っていたが、露出を間違えて、大きく露出バランスを崩した写真を補正しようとして十分補正しきれないことに気づいた。 Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2017-09-11 18:29