『完全に大切な愛』 - 「オー! マイDJ」監督によるラブ・ファンタジー映画

画像
『アンニョンUFO (公開邦題: オー! マイDJ)』を撮ったキム・ジミン監督による、元白血病患者の青年の元アイドルに対する思いを描く。

 オニュ(イム・ジギュ)は、30歳を超えた大学4年生。一応は人並みに就職活動をしているものの落ちまくっている。そもそも、彼自身今ひとつ就職活動に熱が入らないのだ。それに年も行っている。それには訳があった。一つは彼はミュージシャンになる夢があり、その夢を絶ちきれないのだが、家族の圧力から就職活動を仕方なくしていたのだ。そして彼は元白血病患者であり、闘病のため高校を卒業するまで長く掛かってしまったのだ。今も、小児癌病棟に子供たちを励ますためにボランティアで通っている。
 一方、美容整形のボトックス注射のため病院を訪れたアラフォーの女性、ソヨン(イム・スジョン)。だが受ける直前緊急の電話で、急遽キャンセルして病院を飛び出す。実は彼女は芸能人のマネージャーで、彼女が担当するタレントが自殺未遂を起こしたのだ。そのタレントとは、元アイドル歌手のエナ(シム・イヨン)。彼女はアイドルグループ、「ピンクレディー」の元リーダー。だが何年か前、突如グループからの脱退を宣言した。その後タレント活動を細々と続けてはいるものの、今や芸能界から消える寸前で、覚えている人も余りいない。
 ソヨンは、エナの入院する病院に急行する。エナの看病で病院に通うソヨンは、ふと通りかかった病棟の中に、子供たち専用の病室があることを知る。そして患者であるサラン(イ・ウジン)やそこにボランティアに通っているオニュとも知り合う。
 エナが自殺未遂を起こしたのは、愛人から別の女性と結婚すると告げられたからだ。ろくなタレント活動をしていないエナの今の生計は彼からの経済援助で成り立っていたのだった。結婚しても今の関係は変わらないと告げられたエナは睡眠薬自殺を企てたのだ。
 そんな入院するエナの病室に花束が届けられるようになる。ソヨンをきっかけにエナが入院していることを知ったオニュが差し入れたのだ。じつはオニュにとって、ピンクレディのエナは、今も忘れられない永遠のアイドルだったのだ...

 ファンが自分の大切なスターと個人的な関係を取り結ぶ... という設定は、かつて1998年イ・ウン監督の『太陽が西から昇ったら (해가 서쪽에서 뜬다면)』を彷彿させる。その何となく気恥ずかしいような雰囲気も。
 一応本作は、小児癌患者たちの存在を世間に啓蒙し、理解させるという趣旨で作られているようだ。その中で、元小児癌患者のオニュにとって、闘病生活を精神的に支える存在だったエナとの再会、エナと父親や愛人との精神的葛藤、キャリアの邪魔になると自ら家族の存在を断ち切ってしまったソヨンの新たな「家族」との再会などのストーリーラインが絡み合って物語が進行していく。
 一応は、心温まるファンタジーであることは間違いない。ただ、趣旨を効果的に提示できているかというと、それは疑問であり、また新たな発見も見受けられない。ある種、甘く心温まる恋愛ファンタジーを求める人には、さほど悪くない映画であろう。韓国のDaumでの評点も9.1と高い。

 かつて独立映画『貯水池に落ちたチーター』『銀河解放戦線』などでスクリーンデビューしたイム・ジギュの成長ぶりが見られるのは拾いもの。

 本作品は2013年11月21日韓国封切り。韓国での観客動員数は20,035人 (KOBIS 2013.12月中旬データ)。

 キム・ジミン監督は1970年生まれ。独立映画界の雄、ジョン・スイル監督から、商業映画界のキム・ジウン監督まで様々な監督の下で助監督につく。2004年『アンニョン! UFO』で長編劇映画デビュー。本作が第2作。

原題『완전 소중한 사랑英題』『It's Time to Love』監督:김진민
2013年 韓国映画 カラー 1:2.35 118分

韓国版ビデオ情報
[DVD]
発行・販売: Art Service 画面: Anamorphic 1:2.35 音声: Dolby2 韓国語 本編:118分 リージョン3
字幕: 韓/英 2014年 11月発行 希望価格W25300

[DL File]
720p 16:9 DRM Free 2604MB W1500

予告編 (韓国語 YES24)
http://vod.yes24.com/MovieContents/MovieDetail.aspx?did=M000045637

この記事へのコメント