10月韓国盤DVD化、韓国映画評

 2013年10月に韓国でDVDとして刊行された(される予定の)韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。

 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。

 10月にDVD化された映画は、比較的小粒のものが多い。その中で最大の話題盤は済州島4.3事件を扱っている『ジスル - 終わらない歳月2』。今期最高級の得点でCine21で8.6、Daumで9.1、専門家評で9.0と非常に高い評点。そしてホラーの『またウェブ漫画: 予告殺人』これは、あまり怖くないホラー映画が多い韓国にあって、かなり怖いと評判。評点的にはまずまずの点数。そしてネティズン的にはこれよりやや高めなのが『慰み者』。芸能界のセックス接待問題を扱っているが、製作意図はいいのだが、映像の方はAVまがいで、第二の『トガニ』になり損ねたという評。

 あとは多様性映画になるが、その中では森林保護を描いたドキュメンタリー『踊る森』が評価が高く、それに次ぐのが、教育スリラー『冥王星』。コメディ『コンガネ』はCine21とDaum、専門家評で大きく割れる。魚を扱ったドキュメンタリー『スーパーフィッシュ』は主に3D効果か。

 また、古典映画のリリースとして韓国映像資料院からキム・ギドクコレクション(最近の『ピエタ』のキム・ギドクとは別人)で『5人の海兵』『裸足の青春』『南と北』『午年の新婦』が出ているがいずれも評者は少ないものの高い評価。

 11月以降は、最大の話題盤『隠密に偉大に』そして伝染病ものパニックホラー『風邪』などが予定されている。

韓国盤Blu-rayのリリースは

10/17 『鳥肌』 Contents Zone [韓日英字幕]
10/17 ホン・サンス13,14番目長編『他の国で』『誰の娘でもないへウォン』 DS Media [韓英字幕]
10/18 『薔花紅蓮(箪笥)』 Contents Zone [韓日英字幕]
10/18 『楽しき人生』 Art Service [韓英字幕]
10/28 『ザ・ウェブトーン:予告殺人』 Art Service [韓英字幕]
10/30 『スーパーフィッシュ』 Art Service [韓英字幕]
10/31 『豚が井戸に落ちた日』 Contents Zone [韓日英字幕]

11月に入って

11/28 『恋愛の温度』 Candle Media [韓英字幕]

画像



キーワード

風邪
ホリー
慶福
隠密に偉大に
冥王星
恐ろしい話 Vol. 2
恐ろしい話 Vol. 1
踊る森
ジスル - 終わらない歳月2
コンガネ (豆の家族)
5人の海兵(1961, キム・ギドクコレクション)
裸足の青春(1964, キム・ギドクコレクション)
南と北(1965, キム・ギドクコレクション)
午年の新婦(1966, キム・ギドクコレクション)
幻想の中のあなた
慰みもの
ザ・ウェブトーン: 予告殺人
スーパーフィッシュ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック