外国人労働者の立場から台北を見た映画『ピノイ・サンデー』

画像 NHKが資金援助してアジア映画の製作をプロモートするプロジェクトの一環として作られた台湾映画。外国人労働者の視点から切り取られた台湾の風景が新鮮!

 台北で働くフィリピン人労働者のタド(Bayani Agbayani)とマニュエル(Jeffrey Quizon)は自転車工場で働く親友。タドは真面目で働き者、一方マニュエルは愉快な夢想家だが遅刻が多い。だが友人たちが不法滞在で捕まったりする中、彼ら自身の台湾での生活も不安定なものに感じている。
 独身のマニュエルは自分と付き合ってくれる女の子を捜している。ある日バーで知り合った人気ホステスのアンナ(MERYLL SORIANO)が気に入り、電話番号を聞き出し、デートの約束を無理矢理取り付けるが、向こうの方はこちらをろくに覚えいない。
 タドはフィリピンに妻子を残している。しかし寂しさから台北で知り合って台湾人家庭でメードとして働くセシリア(ALESSANDRA DE ROSSI)と付き合っている。ところが久しぶりにフィリピンの家族に電話すると妻が交通事故で入院したという。これは天罰だと感じたタドはセシリアと次のデートで別れを切り出すが、その日はよりによって彼女の誕生日だった。
 彼女をひどく傷つけ自分も傷ついたタドは、アンナにステーキをデートでおごるというマニュエルのデートのお邪魔虫覚悟で付いて行く。しかしマニュエルはアンナにすっぽかされるのだった。がっかりした二人の前に、ある台湾人家族の一家が、新品の赤いソファを捨てて行く。それを見たマニュエルはそのソファを自分たちのアパートに持って行き屋上に置いたら素敵だと言いだし、いやがるタドにその運搬の片棒を担がせるのだが、そのソファのお陰で二人はとんでもない目に遭うのである...

 台湾映画ではあるが、全く台湾人の視点ではなく完全にフィリピン人の視点から描かれた台北の生活の有様が展開される。言うならば台湾映画として一種のコペルニクス的転換を提示した作品だと言える。彼らが見いだす台北の社会的コンテキストと、普通の台湾人が見るであろう社会的コンテキストのギャップが本作品の笑いの源泉になると共に、台湾の人々に外国人労働者の立たされている社会的リアリティを提示していくという貴重な作品。
 決して台湾社会を批判調に描いたり、告発している訳ではないが、それ故に彼らの社会的境遇に対してより深く関心を引き寄せる作品となっていると言えるだろう。その着眼点の良さは高く評価したい。

 因みに公式サイトによれば、出演しているフィリピン人の俳優の多くは、フィリピンでかなり実績のある芸能人たちのようである。また張孝全、莫子儀などの台湾俳優もクレジットされているが、殆どはカメオ出演程度。因みに中国語タイトルは「台北の日曜日」、英語のタイトルは「フィリピン人の日曜日」の意味。

 監督の何蔚庭はマレーシア出身で、ニューヨーク大学の芸術学部で学ぶ。2008年のカンヌ映画祭で『Summer Afternoon』という短編作品にて多くの関心を集めたほか、TVドキュメンタリーを何本か撮っている。現在台北をベースに活躍。元々マレーシア生まれなのにも拘わらず、アメリカ、シンガポール、台湾とアウトサイダーとして暮らしてきた経験が本作品を撮る大きな動機になっているそうだ(以上公式ホームページの記述を参考に執筆)。

 本作品は第10回NHKアジアフィルムフェスティバル(2009)で上映されたほかBSでも放映されている。また台湾金馬奨 2010新人監督賞受賞。

 なお筆者は香港盤DVDで鑑賞しているが、これ以外に台湾盤(2010年9月発行)あり。おそらく両者ともレターボックス収録なのが画質面で残念だが、台湾盤は比較的最近もなぜかレターボックス収録が一般的で、最近ようやくぼつぼつアナモルフィックが出てきている状況。台湾では16:9のTVの普及が遅れているのかもしれない。むしろアナモルフィックDVDを飛び越えて、一足飛びにBlu-ray化しそうな勢いである。

原題『台北星期天』英題『Pinoy Sunday』監督:何蔚庭
2009年 台湾=日本=フィリピン=フランス映画 カラー

DVD(香港盤)情報
発行販売: KAM & RONSON Enterprise 画面: NTSC/4:3(LB1:1.85) 音声: Dolby2 フィリピン・北京語
本編:82分 リージョン3 字幕:中/英(On/Off可) 片面一層 2011年 2月発行 希望価格HK$100.00

公式サイト(英語)
http://pinoysunday.com/

NHKアジアフィルムフェスティバル『ピノイ・サンデー』
http://www.nhk.or.jp/sun-asia/aff/10th/index.html#a01

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック