Sony Music Taiwanから出た中影DVDの画質

 先日Sony Music Taiwanから台湾、中央電影の三作品(『恋々風塵』『恐怖分子』『熱帯魚』)のデジタルリマスターDVDが出ていることを書いたが、注文していたDVDが実際に来たのでその画質を報告しよう。

 DVDの画像フォーマットはパッケージには明記されていないものの、アナモルフィックで収録され、ダイナミックレンジの広い画像で鮮明な水準以上の画質。国内盤DVDは『恋々風塵』『熱帯魚』について出ており、『恋々風塵』は紀伊国屋からアナモルフィック収録で、『熱帯魚』はエースデュースからレターボックス収録で出ていた。
 ここでは同じアナモルフィック収録の『恋々風塵』の同じ画面からキャプチャした画像を載せる。Sony Music台湾盤の方が明らかに解像度がワンランク上。駅名標の「十分」という文字もクリアに読み取れるのが分る。またフレームの微妙な上下の揺れも台湾盤では修正されており、安定している。そして画像の色温度が台湾盤の方が高め。そして日本盤は片面一層収録に対して台湾盤は二層収録。
 画像だけを見れば圧倒的に台湾盤の勝ち。しかも日本語字幕がついている。ただ日本語字幕は台湾でつけたものと思われるので、多少の打ち間違い、そして字幕の字数制限が緩いために全体的に長めとなっている。紀伊国屋の方は田村志津恵さんの字幕なので間違いがないが。
 『熱帯魚』に関しては日本語字幕なしでOKなら買いだが(字幕は中、英、仏、西)、日本語字幕がないと... という人は微妙なところだろう。『恐怖分子』も字幕は中、英、仏、西。しかし国内盤DVDは出ていないので、DVDで見たければ選択余地がない。ただ画質面だけで言えば、台湾盤を買って全く損はない。
 台湾盤の唯一困る点は、台湾ではなぜかケースの厚みが厚い程高級感があるらしく、DVDのケースの厚みが通常より厚め。しかしディスクが増えてくるとこれが場所ふさぎなんだよなぁ...

 こうなると『恋々風塵』のBlu-ray盤の期待が高まってしまうが、買うべきか買わざるべきか....

 なお、引き続き『飲食男女(恋人たちの食卓)』『愛情万歳』『徵婚啓事』のデジタルリマスターが予定されている。

先の画像が台湾(Sony Music)盤、後の画像が日本(紀伊国屋)盤。

画像

画像






























DVD(台湾盤)情報
発行: Central Pictures 発売:Sony Music TAIWAN 発売: 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 
音声: Dolby2 ミンナン・北京語 本編: 109/109/108分 リージョンALL
字幕: 英/中/仏/(一部日 or 西)(On/Off可) 片面二層
2010年 7月発行 希望価格 バラ売り各NT$390
※Blu-rayディスクはNT$649

Sony Music Taiwanから 恐怖分子他 DVD等発売
http://yohnishi.at.webry.info/201009/article_13.html

中影 「I愛台北」DVD 宣伝ページ(中国語)
http://www.movie.com.tw/Home/index.php?option=com_content&view=article&id=102

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック