台湾の児童映画 『新魯冰花・孩子的天空』

画像 1980年代台湾ニューウェーブに侯孝賢らと共にその一角を占めた陳坤厚の最新作。最近どのような作品を撮っているかという興味でDVDを購入してみた。本作品は1989年の映画『魯冰花』(監督: 楊立國)のリメークで、原作は同名の鍾肇政の小説。地方に赴任した若い美術教師が、ある児童の才能を見い出すが、周囲の様々な社会的圧力に遭うという話。

 1970年代、台南の天にまで届くような茶畑のある山村、後壁鄉の樹人国民小学校に1人の若い美術教師郭雲天(陳至愷)が赴任する。彼は赴任してすぐ、貧しい茶畑農家の少年、古阿明(呉浚愷)の美術的才能を見い出すが、独創的な彼の絵は、周りからおかしな絵としか見られていない。それでも、郭雲天が開く特別美術授業に古阿明は志願して何とか出席させて貰えるようになる。古阿明は父、古石松からは茶畑の仕事を手伝わずに余計な美術の授業に出席してと怒られるが、郭雲天先生の取りなしや支援で何とか美術クラスへの出席を認めて貰える。
 その小学校から県の主催する児童の美術コンクールに応募することになっており、郭雲天の授業もそのコンクール向けの特別授業であったが、彼が子どもたちの審美眼を養おうと行う熱心に行う授業は、時に周囲の先生からの無理解も受けた。そんな郭雲天を理解し支えたのは、地元の有力者の娘で同僚の林雪芬(周幼婷)。
 だが、コンクールの応募メンバーの選定は校長や同僚の政治的配慮で決められ、地元の有力者の子弟で雪芬先生の弟、林志鴻が入り、郭雲天が推薦した古阿明は、有力者の子弟ではないと蹴られてしまう。事前に郭雲天から君をメンバーに選ぶつもりだと聞かされていた古阿明は先生不信に陥ってしまう。それに対し、郭雲天は彼を作品を国際コンクールに出品することを約束。しかし、校長が交代し、新校長に、同僚の中でも最も保守的で無理解だった主任教師、李國生が選ばれると、郭雲天は学校から追放されることに。郭雲天は、古阿明の作品を代わりに国際コンクールに送ってくれるよう林雪芬に託し、学校を離れる。
 やがて国際コンクールから古阿明の作品の作品が入賞したことを知らせる連絡が学校にやってきた時、古阿明は雨の中を猫を探して彷徨った結果重い肺炎に罹り、病院の病床にいた...

 オリジナルの『魯冰花』を見ていないので分からないが、オリジナルはかなり政治批判色の強い作品だったらしい1)。本作品ではそのような色彩は薄められ、むしろ美術教師の独創的な発想や、子供に対する愛情を描くところが中心となっているようだ。ただ、古阿明が選ばれなかったのは、結局政治的思惑であるという設定は変更がないので、政治的批判色が薄まった分普通のお涙頂戴物になってしまった点は否めない。
 郭雲天演ずる陳至愷は結構イケメン(但しちょっと古典的)なので、それを楽しみに見るという見方もあると思うが。なお、若干音楽がくどい。

 陳坤厚は先に述べたように1980年代ニューウェーブの一角。1980年代には台湾ニューウェーブの嚆矢の一つとなった『小畢的故事』を監督したほか(脚本には侯孝賢、朱天文が参加)、主に80年年代に何本か映画を撮っている。それ以外に、侯孝賢(ホー・シャオシェン)の『ステキな彼女』(1980)~『風櫃の少年』(1984)までの撮影を担当した。1980年代はどちらかといえば撮影監督としての活動が主。その後約20年弱のブランクを経て2000年代後半から再び映画の監督を行っているようだ2)。
 なお、台湾盤DVDはちゃんとアナモルフィック収録になっている点はよい。但しケースが無駄に2枚分の厚さがあるのは難点。店の棚で目立たせようという考え方なのか...?

原題『新魯冰花・孩子的天空』英題『Colorful Mind』監督:陳坤厚
2009年 台湾映画

DVD(台湾盤)情報
発行: 理大国際多媒体 発売:新動国際多媒体 画面: NTSC/16:9(1:1.85)音声: Dolby2 北京・ミンナン語
本編: 94分 リージョンALL 字幕: 英/中(On/Off可) 片面一層 発行年2009年7月 希望価格 NT$


1)http://zh.wikipedia.org/zh/%E6%96%B0%E9%AD%AF%E5%86%B0%E8%8A%B1 参照
2) 中文電影資料庫 http://www.dianying.com/ft/person/ChenKunhou

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック