CATV用パナ製STBにシャープ製BDレコーダを接続

 地上デジタルTV難視聴のため最近やむを得ずCATVに加入。でこのパナソニック製CATV用セットトップボックス(以下STB)に接続できるBDレコーダはと探すと、なんと(デジタルのレコーディングで)接続が保証されているのはパナのレコーダのみ。しかもi-Link接続可能でなければならないとなると最低でDMR-BW770以上の機種でなければならないと判明。最近ようやくBDレコーダも価格が下がってきたとは言えこの機種はまだ10万円近くして高い。

 なんだかなぁ...と思って情報を探していると、非保証ながらもシャープのBD-HDS32が接続可能という情報が。あまり動作が安定しないというような書き込みもあるが、こちらはかなり安いので思い切って購入。とりあえず取説をひっくり返しながら接続してみて、あちこちいじってみた。いろいろ試行錯誤したが意外と簡単に接続して使えることが分かった。

 要は、パナ製STBとBD-HDS32をi-Link接続してしまい、STB側で認識してくれさえすれば使えるのだ。ただ、この場合BD-HDS32側からは一切操作ができない(これが分からずに、BD-HDS32側でi-Link録画のボタンをいろいろいじってもまったく動作しないので、何か間違っているのかと確認するために散々時間をつぶしてしまった)。
 結局BD-HDS32側はとりあえず電源だけ入れておいて、STB側でD-VHSとして認識されるBD-HDS32を保存先として予約録画設定しておけば、BD-HDS32上に録画されることを確認した。いうならばBD-HDS32を単にHDDとして使うような感覚になる。
 これでSTBの録画予約に連動して自動的にBD-HDS32側の電源が入れば言うことはないのだが、そこまで連動してくれるかは今のところ未確認。でもとりあえずBD-HDS32の電源を入れっぱなしにして待っていれば予約録画してくれることだけは判明した。

付記:
 やはり、パナのSTBからシャープBDレコーダの電源On/Offはコントロールできない。シャープBDRには電源On/Offだけのタイマー設定はなさそうなので、STBの予約に合わせてBDR側にダミーの録画予約を入れるしかない様だ。ただ、これは良く取ればパナSTB+シャープBDRの組み合わせで事実上W録画ができるということになる。
 またシャープのBDRは電源のOn/Offに時間が掛かる。STB側は録画を予約、開始時にBDR側が電源Onになっていないと録画がこける様なので、STB録画開始の5分前ぐらいにBDR側のダミーの予約を開始しておかないとならないだろう。

※以前某社の知人に、某社のDVDレコーダのOSは実はWindows XPだという話を聞いたことがある。シャープのBDRは電源Onから起動までに時間が掛かるので、これもOSがXPかVistaであるというのもあり得る話だ。OSがROMに格納されているのか、HDDに格納されているのかは分からないが、もしXPかVistaということであればディスクのフラグメンテーションが起こったり、コンセントをいきなり抜いたりするとOSデータ部分が壊れたりという可能性があるということだ。またHDD空き容量が少なくなると動作不安定になる可能性もあるだろう。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック