台湾の"青春グラフィティ"映画 『九降風(九月の風)』

画像 1996-7年の台湾北部の都市新竹郊外を舞台に、そこに暮らす高校生たちを主人公にした青春グラフィティ映画。高校生たちの友情とその崩壊、挫折を、当時台湾で問題になった野球八百長事件を象徴的背景としてオーバーラップさせながら描いていく。林監督の半自伝的映画だという。

 1996年9月、新竹の東隣の町、竹東にある竹東高級中学(=高校、因みにこの学校は実在。映画でも実在の高校をロケ場所に使っている)。そこでは阿彦(イェン)らを中心につるむ学年をまたいだ問題児7人のグループ。彼らは煙草を吸い、悪戯し、、無免許でバイクを転がし、女の子に手を出し、放課後はビリヤード、そして、大ファンである時報イーグルスの試合があれば皆で見に行く仲良し組。特にリーダー格の阿彦はイーグルスの廖敏雄(リャオ・ミンシュン)の熱狂的なファンだ。心底からのワルではないが、野球の試合で騒いだり、何かことを起こす度に生活指導担当に呼ばれる常連の札付きだ。
 ハーフでイケメンの阿彦には、小芸(ユン)というガールフレンドがいる。彼女は勉強の方はいまいち。阿彦は自分が不得意な数学を彼女に教えるために、仲間の小湯(タン)に彼女の数学の家庭教師役を頼んでいた。彼女はもてる阿彦の態度にやきもきする一方、小湯は内心彼女に段々惹かれていくのを感じていた。

 ある日阿彦が、球場で知り合った女の子に手を出したことから、彼らの関係がおかしくなり始める。その子のBFが報復のためビリヤード場にやってきて、たまたま不在だった阿彦と誤解して、小湯をコーラの瓶で殴りつけたのだ。翌日学校でその様子を阿彦がからかったことで、小湯は頭に来てグループから距離を置き始める。そのことで仲間内で小湯と阿彦のGF、小芸との関係を疑う者が出てきたり、逆に阿彦の態度を心良く思わないものも出てくる。そして、小芸も、男を寝取られた女と校内で噂され深く傷つき、阿彦との別れを内心決意する。
 小湯は阿芸に託された手紙を届けに阿彦と会い、仲直りを決めた直後、阿彦をバイクに乗せた小湯は事故を起こし...さらに彼らの友情の崩壊に追い打ちを掛ける様な事件が...画像

 青春のありがちな一コマではあるが、大きな試練を経て各自が自分の進むべき道を発見し成長していく姿を小湯を中心にして描く、正統な青春映画である。また彼らの関係の変化を、当時問題になった八百長事件真相暴露の進展とオーバーラップさせながら描くという手法もなかなか上手い。おそらくこの映画を見た台湾の人たちは、その当時の世相の回想と共に彼らの青春時代を、映画の登場人物たちと重ね合わせて見たことであろう。
 ほろ苦いが、未来に向けて前向きな結末に、深い余韻の残る映画である。因みに映画のラストシーンには、リ・サンイル監督の『青(チョン)』を思い起こさせられた。

 また、必ずしも名誉にならない不良少年たちが出てくる映画に、実名での登場やロケを許した竹東高級中学や、不名誉な事件を描いたにも拘わらず実名で本人役を演じた元イーグルスの廖敏雄(リャオ・ミンシュン)選手の度量の深さにも脱帽。

 プロデューサーはエリック・ツァンで、阿彦の父親役でカメオ出演。なおエリック・ツァンのプロデュースで台湾、香港、中国の青春三部作が企画されており、台湾版は本作、香港版は、『烈日當空』の題で監督は麥曦茵、中国版は『攤開你的地圖』との題で韓延が監督とのこと1)。

 なお、台湾盤DVDのジャケットには蛍幕比16:9とあるが、残念ながら台湾DVDによくある誤解で、実際にはアナモルフィック収録ではなく、レターボックス収録。ただテレシネ自体のクオリティは比較的高い。また香港盤の販売は2009年2月に出る予定の様だ。画像フォーマットは不明。

 なお、本作品は2008年TIFFで上映されたほか、2009年夏に日本公開が予定されている。TIFFでは「九月の風」との邦題だったが、一般劇場公開では「九月に降る風」となるようなので注意が必要だ。
 なお、「九降風」公式ブログのURLは以下の通り。
http://winds-of-september.cocolog-nifty.com/blog/

1)YesAsiaサイトより http://www.yesasia.com/global/%E4%B9%9D%E6%9C%88%E3%81%AE%E9%A2%A8-%E4%B9%9D%E9%99%8D%E9%A2%A8-%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E7%89%88/1014000454-0-0-0-zh_TW/info.html

原題:『九降風』英題:『Winds of September』監督: 林書宇
2008年台湾映画

DVD(台湾版)情報
販売: 聯成国際事業l 画面: NTSC/4:3(LB1:1.78) 音声: Dolby5.1 中国語 本編: 107分
リージョン3 字幕: 中/英 片面二層(特典映像盤を含む2枚組) 2008年12月発行 希望価格NT$399(精裝雙碟版)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『九降風』の香港版、『列日當空 (High Noon)』

    Excerpt:  エリック・ツァン、プロデュースの『九月に降る風(九降風)』台湾、香港、中国三部作のうち、第2作にあたる香港バージョンの『列日當(当)空』のDVDがリリースされている。香港版も7人の高校生17歳の悪ガ.. Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2009-05-25 18:55
  • 極道の道に入っていく少年たちを描いた台湾映画『マンカ (Monga)』

    Excerpt:  艋舺(マンカ)とは台湾、台北市万華区の一帯のこと。有名な龍山寺や、「台北の池袋」若者の集う西門などを擁する地域。マンカとは、元々は先住民の平埔族の言葉で小舟の意味。それに.. Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2010-09-06 23:47
  • TIFFで上映予定 台湾映画『ズームハンティング』

    Excerpt:  今年の東京国際映画祭のアジアの風部門は最近躍進著しい(だが日本では今ひとつ注目度が高まっていない)台湾映画特集のようだ。SPOが二年前に躍進著しい台湾映画に目をつけ「2008台湾映画シネマ・コレクシ.. Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2010-10-08 17:47
  • 男子高校生の微妙なパワーゲームを描く韓国映画『番人』

    Excerpt:  本作は韓国映画アカデミー製作の作品で、監督のユン・ソンヒョンは卒業生。今年韓国のインディー映画の中で一番の注目作と言って良いだろう。 Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2011-10-01 07:31
  • 初恋回顧の大ヒット台湾映画 - 『あの頃、君を追いかけた』

    Excerpt:  1990年代の青春時代を回顧する台湾のラブロマンス映画。原作は小説家、九把刀(Giddens)の同名の自伝小説で、原作者が脚本&監督まで担当している。 Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2012-07-23 06:25