チャン・ツォーチ監督久々の新作『蝴蝶』- 台湾映画

画像 チャン・ツォーチ監督が昨年末久々に発表した『蝴蝶』の台湾盤DVDが発売された(台湾での一般公開は本年6月)。彼の新作はおそらくNHKも出資して製作された『美麗時光』(2001)以来ではないだろうか?彼はホー・シャオシェンの『悲情城市』の助監督についたようだが、彼の作品は最近のホー・シャオシェン作品がスマートになってそぎ落としてきた要素を凝縮したような作品との印象を受ける。本作『蝴蝶』もまさにそのような作品。それと同時に今回の作品では日本が大きなキーワードになっているという点も日本人として見逃すことはできない。

 本作品の舞台になっているのは台湾東北部宜蘭県の漁港、南方澳。この町はもともと日本植民地時代に日本人が入植して開いた漁港だそうだ。
 主人公はこの町に住む一哲と阿仁という二人の青年。彼らの祖父阿公は植民地時代に建設現場の記録写真師としてやってきて、解放後もそのまま台湾に留まった日本人。彼らの父は戦後台湾に生まれ、港でカラオケバーを経営していた蘭嶼島出身の先住民族(タオ[旧称ヤミ]族)の女性を見初めて、一哲と阿仁を生んだのだが、母親(彼らの祖母)に先住民族の女性との結婚を反対されたうえ、地元の対立するヤクザ阿順とトラブルを起こし20年前に兄弟を捨てて単身日本に渡り、ヤクザとなり、現在では日本人であることを自認する。母は必死で貯めた金で夫に逃げられ、失意のまま兄弟を連れ生まれ故郷の蘭嶼島に帰るが、精神的に追い詰められて自殺。祖父の友人で布袋戯(ポテヒ)人形師阿蔡の勧めで二人は祖父の元に引き取られる。
 弟の阿仁は3年前やはり阿順の子分とトラブルを起こし刃傷事件を起こして、父を頼って日本に逃亡、最近帰国。弟の代わりに一哲が入獄し、ようやく刑期明けとなり南方澳に帰ってくる。
 そこへ兄弟の父が阿仁の手引きで日本から地元ヤクザと麻薬取引のため20年ぶりに台湾に帰ってくることになる。ところが父は恩義があり、一哲も世話になる地元のヤクザのボス大雄と取引をするのではなく、かつて敵対していた阿順と取引をするというのだ。ここから父と兄弟の関係、そして阿順との関係がこじれて行き...

 一哲と阿仁の兄弟が日本人の血を引くと共に、先住民の母の血をも引いているという設定をよく考えてみると、実はこの兄弟の設定そのものが台湾を象徴していると考えられる。そうだとすれば日本人を自認する兄弟の父が元々対立していた相手と取引しようというのも、日本がかつて激しく対立していた共産中国と国交を樹立して台湾を見捨てた事への揶揄ともとれる。だとすれば、映画の終わり近くで兄弟が父に対して取る態度は、深読みすれば、国民党政権によってアイデンティティを奪われた本省人、台湾人に対する、借り物の代替アイデンティティである日本を捨てて新たな台湾ナショナリズムを確立せよとのメッセージに読めないこともない。

 ともあれ画面に溢れる台湾の空気感、ホー・シャオシェンが捨て去った障碍者の登場や、彼らを含んだ濃密な本省人コミュニティの人間関係やコミュニティを守る地回りのヤクザたち、そして80~90年代初頭の台湾映画に横溢していたやるせない世界観...そして映画の世界にマッチした音楽もいい。ホー・シャオシェンらかつての80年代台湾ニューウェーブ映画作品のファンには堪らない作品となっている。
 英題は"Soul of a Demon"となっているが、これは台湾の先住民族のヤミ語では「蝶」に相当する単語がなく、蝶を「悪魔の魂」と呼んでいるところから。

 なお俳優は一哲に曽一哲、一哲の恋人阿佩に陳佩君、阿仁に程敏仁など。

 DVDは得利影視台湾支社より販売されている。画質は片面一層ながらも標準には達している。台湾盤としては画質は良好な方。なお、さすが本社が香港にある得利影視だけあって、16:9と表示してあってレターボックスと云うことはない。ちゃんとしたアナモルフィック収録になっている。但し音声面は、中間でごく短時間ぶつぶつと途切れることがあるのが気になった。なお、初回版には『美麗時光』のDVDがおまけにつくのだが、こちらは特典盤を含んだ2枚組、どちらがおまけなのだか分からない。

原題:『蝴蝶』 英題:『Soul of a Demon』 監督:張作驥
2007年台湾映画

DVD(台湾版)情報
販売: 得利影視(台湾) 画面: NTSC/16:9(1:1.85) 音声: Dolby5.1 閩南語(一部北京、日本、ヤミ語) 本編: 125分
リージョン3 字幕: 中/英 片面一層 2008年11月発行 希望価格NT$450

公式サイト
http://www.changfilm.com.tw/work/soulofademon/index.html




最愛の夏 [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント
2005-03-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ





きらめきの季節 [DVD]
コロムビアミュージックエンタテインメント
2005-03-02
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



兄弟の日本人の父親役をやっていた林田充知夫氏(芸名:小米天堂 or 米七偶=ミチオ)氏のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/michiotw/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • チャン・ツォーチ監督『愛が訪れる時』

    Excerpt:  『チュンと家族』『最愛の夏』『きらめきの季節/美麗時光』等で知られる張作驥(チャン・ツォーチ)監督の第6作。独特の詩情を持つ作風で知られる。張作驥は国内劇場公開作は2作しかないが、映画祭ベースではか.. Weblog: yohnishi's blog (韓国語 映画他) racked: 2011-10-20 05:03