yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS Raw Therapeeのメニュー体系 (4) - 編集

<<   作成日時 : 2017/09/11 17:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今回は、最も複雑な、トップメニューから「編集」を選んだときの編集モードメニューである。ファイルブラウザモードで、個々のファイルをダブルクリックしても、自動的に編集モードになる。

まずは、編集画面の説明である。
画像


中央が編集メイン画面、左はナビゲータ画面である。右側には編集モードで選べるメニュー項目が集中している。なお、編集モードにおいては、編集メイン画面の左下に、「現在の画像を保存」アイコンがあるので (あるいはCtrl+Sを押しても良い) それを押すと、一旦キューに入れなくても、直ちにファイル保存を行うことができる (キューに入れてから保存することもできる)。

まずプロファイルであるが、写真の基本基調を決める。モノクロ調にするのか、アンバー調にするのか、感度を上げるのか等が選択できる。よく分からなければ Defaultを選ぶのだが、Defaultだと、意図的にハイキー、ローキーで撮っても露出を自動調整するので、調整されてしまう。一切調整されたくなければニュートラルを選ぶ1)。

編集サブメニューはアイコンで表示されている。左から、「露光」「ディティール」「カラー」「ウェーブレット」「変形」「Raw」「メタデータ」である。それぞれのサブメニューを選ぶと、それぞれのサブメニューに応じて、さらにサブ・サブメニューやオプション選択がそのしたの領域に現れる。

画像



以下、編集サブメニューの体系を示す。メニュー一覧の下には実際のメニューのキャプチャを貼り付けてあるので、2回クリックすると実際のメニューを拡大して見ることができる。

露光
      露光補正
      シャドウ/ハイライト
      トーンマッピング
      Retinex
      Settings
      ビネットフィルター
      グラデーションフィルター
      L*a*b*調整
      CIE色の見えモデル
画像


ディティール
      シャープ化
      エッジ
      マイクロコントラスト
      インパルスノイズ低減
      ノイズ低減
      フリンジ低減
      ディテールレベルのコントラスト
画像

   
カラー
      ホワイトバランス
      自然な彩度
      チャンネルミキサー
      白黒
      HSVイコライザ
      フィルムシミュレーション
      RGBカーブ
      カラートーン調整
      カラー・マネジメント
画像

   
ウェーブレット
      ウェーブレットの設定
      コントラスト
      色度
      カラートーン
      ノイズ低減とリファイン
      エッジのシャープネス
      色域
      残差画像
      最終調整
画像


変形
      切り抜き
      リサイズ
         デフォルトメニュー
         リサイズ後のシャープ化
      レンズ/ジオメトリ
         パースペクティブ
         レンズ補正/プロファイル
         歪曲収差補正
         周辺光量補正
画像
   

Raw
      ベイヤー配列を使ったセンサー
         デモザイク
         Rawブラック・ポイント
         前処理 (Pre Processing)
         色収差
      X-Transマトリクスを使ったセンサー
         デモザイク
         Rawホワイト・ポイント
      前処理
      ダークフレーム
      フラットフィールド
画像


メタデータ
      EXIF
      IPTC


なお、他ソフト等からカメラプロファイルやカラープロファイルを流用する場合は、「カラー」メニューの下の「カラー・マネジメント」の下にある「カスタム」オプションからファイルを指定することができる。この場合、DCP, ICC, ICM形式のカメラプロファイルや、カラープロファイルを使うことができる2)。

画像


また、レンズ歪曲の補正プロファイルがあれば、「変形」→「レンズ/ジオメトリ」→「レンズ補正/プロファイル」でレンズ補正プロファイルを指定してやれば、そのプロファイルを使って画像を補正することができる3)。


1) ちなみに、このプロファイルを指定するファイルは、 %Program Files%/RawTherapee/5.2/profiles 以下に pp3 という形式で保存されている。なお、自分専用のプロファイルをつくって保存することもできるが、そのファイルは %Username%/AppData/Local/RawTherapee/profiles 以下に保存される。

2) ちなみに、RawTherapeeの予め付属しているプロファイルは、%Program Files%/RawTherapee/5.2/dcpprofiles (カメラプロファイル) および %Program Files%/RawTherapee/5.2/iccprofiles/input に保存されている。ここにプロファイルが用意されていない型番のカメラは、RawTherapee はデフォルトではプロファイルを持っていないので、プロファイルが必要ならどこからか流用することになる。

3) レンズプロファイルファイルのデフォルトの置き場は、%Program Files%/RawTherapee/5.2/ になっているが、RawTherapeeはデフォルトでレンズ補正プロファイル (adobe lightroomに対応した、lcpファイル) を持っていない。サードパーティー製のレンズプロファイルファイルを利用することになる。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Raw Therapeeのメニュー体系 (1) - トップメニュー
 今まで主としてデジカメの付属現像ソフトでデジカメの画像調整を行っていたが、露出を間違えて、大きく露出バランスを崩した写真を補正しようとして十分補正しきれないことに気づいた。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2017/09/11 18:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Raw Therapeeのメニュー体系 (4) - 編集 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる