yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 釜山日本領事館前 慰安婦像設置をめぐって

<<   作成日時 : 2017/01/08 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 釜山日本領事館前での市民団体による慰安婦像設置をめぐって日韓関係が揺れている。安倍晋三首相は8日のNHKの番組で、韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置について「韓国に誠意を示してもらわなねばならない」と述べ、早期の撤去を求めたというが1)、はっきり言って今の韓国政府に慰安婦像撤去を行う力はない。
 そもそも、慰安婦像を設置しているのは韓国政府ではなく市民団体である。軍事独裁だったかつてならともかく、今の韓国政府は全体主義政府ではあるまいし、民主的な政府として強権的に撤去する権限はない。韓国政府に日本政府が求められるのは撤去に向けて市民団体を説得する努力義務が限界であろう。さらに韓国国民の国民感情として、慰安婦像撤去は到底受け入れられない。そのうえ国民の支持率が5%に落ちてしまった朴槿恵政権に、このような国民感情に反して慰安婦像撤去を行える力はとうていない。
 むしろ釜山市当局が当初、市民団体による慰安婦像設置を一旦拒否した(できた)ことが驚きであり、韓国としては最大限日本への配慮を示したと言える。というよりあそこが今の韓国政府が日本に示せる誠意の限界であろう。

 韓国政府が苦境にあるときに、あまり日本政府が不寛容な態度を示しても、却って日本にとってメリットにならないのではないのか。ちょうどロシアが苦境にあるときに、日本がロシアの足元を見透かすような態度を取って、日本にとって有利に北方領土解決をする機会をふいにしてしまったように。
 そもそも日韓の前には、北朝鮮の核兵器開発問題というもっと大きな問題が控えている。その前で日韓が割れていたら、北朝鮮に足元をすくわれることにしかならない。それに所詮、慰安婦問題などというのはたかが政府のメンツの問題である。メンツ問題が北朝鮮の核兵器開発という安全保障上の脅威より重大な問題であるかのように考えることが、もう狂っているとしか思えない。所詮慰安婦問題などというのは小さな問題である。妥協できるところは妥協すべきであろう。


1) 「安倍晋三首相「韓国に誠意示してもらわねばならない」「合意実行するのが国の信用」」2017.1.8 産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/170108/plt1701080008-n1.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釜山日本領事館前 慰安婦像設置をめぐって yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる