yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の深奥部、慶尚北道、豊山伝統市場にて

<<   作成日時 : 2016/12/29 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こちらは、昔ながらの田舎の市場の模様を今に伝える、慶尚北道豊山(풍산)邑 (安東市) の伝統市場。
画像

画像

画像


 こちらは、安東、醴泉地方で「호메이 고기」と言われる、양미리。和名はシワイカナゴである。日本では相模湾以北に分布すると言うが市場で見かけない。雑魚として市場に出回らないのであろうが、安東地方ではこのように干物にしたものがよく食べられるらしい。호메이は、慶尚道なまりで호미、すなわち「鎌」で、文字通り鎌のような形をしている。

画像


 こちらは、麦芽 (韓国語で 엿기름 ) を干しているところ。芽が出たところで成長を止めるためにこのように日干しにする。

 このほか、日本で見かけない野菜としては、ナズナ (냉이)、ニガナ (씀바귀)、ビートを売っていた。ちなみに沖縄で食べられる「ニガナ」は、正式にはホソバワダンであり、内地のニガナとは別種のようである。ナズナは春の七草には入っているが、現在の日本ではほとんど食べられていないだろう。いずれも韓国では野菜として栽培されているようである。

画像


 こちらの中央に移っている輪のような品物は何かお分かりであろうか?昔の韓国、朝鮮では頭に瓶やたらいなどを乗せて運んでいたが、これは頭と瓶の間に挟む物である。こんなものを売っているということは、まだこの辺りで頭に瓶を乗せて運んでいるおばあさんがいる、ということなのだろう。韓国の深奥部に来たという感じがする。その下は牛の鼻輪。まだ黄牛を農耕用に使っているおじいさんがいるということか。
 その左は「五十肩」と書いているように見られるが、五十肩対策の用具か?

 ソウル近郊の伝統市場ではもはや見られないものではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の深奥部、慶尚北道、豊山伝統市場にて yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる