yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池百合子はやっぱりトンデモ!?

<<   作成日時 : 2016/08/04 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 Yahooでまた暗澹たる記事を見つけてしまった。

「小池百合子「都庁に着いたら5分で極右」の衝撃」 山本一郎 2016.8.3 Yahoo! Byline
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20160803-00060697/

同記事から引用する

「最初、一報で出た「政務担当特別秘書に野田数元都議が就任」というニュースを見て、目を疑った人たちも多かったと思いますが、その後、大手全国紙も報じたため、これはもう大川隆法さんにいかりや長介を呼び出していただいて「だめだこりゃ」と宣言を賜る必要があるぐらいの衝撃が広がりました。

というのも、この野田数さん、もともとは小池百合子女史と関係が深い、まあ簡単にいってしまえばカバン持ち的な方だったんですけれども、要するに極右の民族主義者で、石原慎太郎元都知事から政治的安定性を抜いて煮詰めたようなウルトラナショナリスト的言動を繰り返してこられた方です。もちろん、世に出るためにある程度派手なことをいい、耳目を惹くことは手法としてあり得ることですが、野田さんの場合は都議時代に石原慎太郎さんの手がけた尖閣諸島買取基金問題に絡んで結成された、いわゆる「尖閣議連」の急先鋒だった御仁であります。

その野田数さんは、自民党から離党した後、結成した東京都議会新会派「東京維新の会」として、都議会で現行の日本国憲法を無効とし、戦前の「大日本帝国憲法」の復活を求めるという香ばしいの請願を代表として率先して賛成し、振り切れた民族主義っぷりを披露し話題になっておりました。 」

「その後、連携していた大阪維新の会の橋下徹さんに途中で「大日本帝国憲法の復活なんて一部の特定のマニアの中だけでやっておく話だ」と梯子を外され、真っ逆さまに落ちて都議選でも落選した野田数さんですが、さすがにちょっといわくつきの人物すぎて、まさかこういう形で政治の表舞台に帰ってこられるとは思ってもいませんでした。」

「少なくとも、増田寛也さんや、鳥越俊太郎さんといった候補者よりは、バランス感覚の取れた、国政も見てきて政治の世界を熟知した女性であると見込んで都知事に投票してみたところ、いきなり人事で極右を起用とかマジでドン引きであります。大丈夫なのでありましょうか。有象無象というレベルではなく、明らかに間違ったメッセージを各方面に熨斗つけてご送達申し上げる事案です。ヤバいと思います。 」


いやはやなんとも....

 小池百合子、安倍首相との不仲が伝えられたが、結局は日本会議だし同じ穴の狢... と思っていたらやっぱり。総統のトンデモ人物を特別秘書に任命とか....
 五輪の経費見直しも、そのうち「新しいお約束」と称して、全部ほごにされかねないのではないか?

 今回の都知事選、率直に言って誰も当選させたくないという小田嶋隆の言に深く同感だったが、それにしても都民は最悪の選択をしたのではないか。政治家が悪いと言うよりは最早都民に適切な知事を選ぶ能力がないというレベルであろう。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/174784/073100055/


 しかし小池百合子、サイエントロジーと関係していたとは本当か? それが事実だとすれば、ここまでトンデモ政治家だったとは...

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小池百合子はやっぱりトンデモ!? yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる