yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾は中国にとっての「沖縄」である。

<<   作成日時 : 2016/05/19 08:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 いよいよ台湾に久しぶりの民進党、蔡英文政権が出帆する。これを前に中国は中国からの観光客を制限するなどの嫌がらせを行っているなどのニュースが伝わっている。
 おそらく習近平政権は経済的利益を盾に力づくで台湾を抑え込めると踏んでいるのであろう。台湾は台湾で独自の歴史やアイデンティティを持っているのだが、大陸の中国人の大半はそんなものには気づいていもいない。台湾は経済的にも文化的にも中国の一部であるとの認識しかないのであろう。

 これはちょうど日本本土と沖縄との関係に似ている。沖縄は長い間琉球王朝が存在した独立国であったが、多くの本土の日本人は琉球王国の存在など気に留めないし、場合によっては王国として独立していたこと自体知らない人も多いであろう。まして沖縄独自の歴史など知る由もない。日本の歴史教科書にもごくわずかしか記述がない。

 だから普天間基地移転問題は、沖縄の人たちがより利益をよこせとごね得を狙っている程度の認識しかないのである。だから強引に進めて、あとは多少振興策を上乗せすれば片が付くと安倍首相は見下しているのである。沖縄独自のアイデンティティなど気にも留めていない。もっとも現在は参院選をにらんで一時工事停止に応じてはいるが、終われば元の木阿弥であろう。

 中国の習近平主席の台湾への姿勢も、安倍首相の沖縄への姿勢と全く同じだと言えよう。安倍首相が日本の習近平なのかそれとも習近平主席が中国の安倍晋三なのかは知らないが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾は中国にとっての「沖縄」である。 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる