yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 地味な五輪エンブレム決定... その心は?

<<   作成日時 : 2016/04/26 07:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 例の話題になっていた五輪エンブレムが決定した。

 決定した市松模様のエンブレム、なんとなく、江戸趣味を彷彿させる落ち着いたエンブレムである。「国威発揚」的イメージがない点は評価できる一方、四候補作の中で一番躍動感が少ないものが選ばれたように思われる。

 もちろん、素人目に、佐野研二郎氏のエンブレムよりは良いようには思える。佐野研のエンブレムは、盗作疑惑説明時に「モジュール展開を考えて作ったので盗作ではない」と主張していたが、結局、佐野研のたたき台に森喜朗がつっこみを入れて決まったということが明らかになった。森喜朗の茶々の結果決まったとのことだから、盗作疑惑は晴れたが、結局「モジュール展開」云々は「盗作」疑惑否定のため説明前の1週間ででっちあげた説明であったのだ。結局は森喜朗という素人アイディアで決まったエンブレムだった訳だから、今回の案がより優れていて当然だろう。

 スポーツ紙が行っていた事前投票でも一番支持が少なかったと思うが、やはり躍動感の少なさという点では衆目が一致したのだろう。もっとも、熊本地震に、東日本地震復興もまだ、保育所整備もろくにすすまず、オリンピックではしゃいでいる場合ではないという意識からあえて地味目のものを選んだのであれば、それも納得だ。

 それと、結構好評だったという、桜の招致エンブレム、これも躍動感に欠けるエンブレムであった。印象も、4案の中では、A案と一番似ている。これにひきづられた可能性もある。

 個人的には、作品Cを支持したいが、ちょっと岡本太郎 (あの大阪万博の「太陽の塔」) を彷彿させるかも。


https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/

「東京2020大会エンブレム最終候補作品に関するご意見集約レポート」 招致委公式サイト
https://tokyo2020.jp/jp/games/emblem/archive/data/pub-comments-report.pdf

 ところで、あの佐野研の五輪エンブレム発表で6900万円も浪費していたそうだ1)。これには怒りしか感じられない。

1) 「新五輪エンブレム、静かな船出 派手な演出抑え発表」 2016.4.26 朝日新聞デジタル
http://digital.asahi.com/articles/ASJ4Q53XLJ4QUTIL02P.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
地味な五輪エンブレム決定... その心は? yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる