yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと待った! 韓国で Wifiルータレンタルの際は、ご注意!!

<<   作成日時 : 2015/09/14 20:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

韓国旅行を紹介する、コネストのサイトで韓国のWifiルータレンタルの情報を見ていたら、事前に予約すると割引があるとの情報が...

で、予約を掛けようとしたのだが... 危ない、危ない

というのはここ (http://www.konest.com/tour/tour_list.html?tm=14) で案内してあったWifiルータレンタルににKTとSKの2種類があるのだが (執筆時現在)、この2種類、単に会社が違う、という訳ではなかった。

よく読むと、そもそもここで案内されている2社のWifiルータ、実はそもそも通信方式が違うのである!!

KTは、昔の韓国通信、つまり韓国版NTTで、韓国版docomoと言ってよい。それに対してSKは日本でいえばauかソフトバンクかというところ。当然KTの方がカバーエリアが広いはず... しかも執筆現在のキャンペーン価格は、SKが5000ウォン/日、KTは4000ウォン/日とKTの方が安い... こりゃKTがお得と思ってKTに予約してしまいがちだが...

ちょっと待った!!

SK telecomの方は、 LTE方式の Wi-Fiルータである。

一方 KTの方は、単にWi-FIルータレンタルと書いてあるが、詳しく記事の内容をよく読むと 4G WiBro対応ルータとある。このWiBroとは日本でいうWiMax。

で、WiMaxは、ご存じかどうか知らないが日本ではUQコミュニケーションズしかやっていない。一時は次世代広域公衆無線LANの本命と騒がれたのだが、LTEが普及して、すっかりマイナーになってしまった通信方式。

で、韓国も事情は同じ。

韓国でもLTEは広く普及しているが WiBro (=WiMax)は大都市などの一部にしか普及していないのである。因みに、利用地域の説明を見てみると、まずコネストのSKの説明から
http://www.konest.com/tour/tour_detail.html?t_id=sk_modem

「Q9. T mifi(LTE Wi-Fiルーター)が利用できない地域がありますか?
A9. ソウルおよび広域市、済州島を含む韓国内すべての地域でご利用可能です。 ただし山間地域等では速度が遅くなる場合もあります。」

日本の場合はWiMaxはおろか、LTEも使えず3Gしかつながらないところもあるので、日本よりはLTEのカバー率が高いってことか。

一方 KTの方の説明は、
http://www.konest.com/tour/tour_detail.html?t_id=KT_wifi

「Q9. ポケットWi-Fiが利用できない地域がありますか?
A9. ソウルおよび広域市を含む全国82ヶ所の都市、首都圏の地下鉄、主要高速道路で利用可能です。但し、地方ではサービスカバーされていない場合があるため、接続が難しい地域もあります。どちらでご利用かおわかりの際は、事前にKTまたはコネストまでお問い合わせください。」

という訳で、SKよりKTのルーターの方が圧倒的に接続地域が狭いんですね。まぁKTが韓国のdocomoだ、などという予備知識をなまじ持たない人の方が、素直に安い方が接続エリアが狭いんだろうと思うだろうから、引っかかりにくいかも知れないが...

おそらく、ソウル首都圏など大都市しか行かない人にはどちらでも良いので、安いKTが良いだろう。しかし地方を回る予定の方は、レンタルしても使えない... という話になる可能性が高い。

だからSKの方がレンタル料が高くKTが安いんですね。

なお、KT のWiBroのサービス地域を確認したい人は、下記のサービスエリア地図から確認できる。ただ地図の地名はハングルで書いてあるのでご注意。

KT Wibro サービスエリア地図
http://wibro.olleh.com/ktwibro/map/4gzone.php

ついでに、KTの公衆WiFiサービスエリア地図も...

KT olle Wifi サービスエリア地図
http://zone.wifi.olleh.com/#none

多分空港ではKTのカウンターで、WiBroではなく通常のLTE対応のルータも貸してくれるのだろうが、そちらの方はコネストのキャンペーンが効かないってことだろう。またルータを借りるときに必ず通信方式を確認しないと、間違った方を貸されるかも知れない。これはSKの方も同様かも...

因みに誰も見ないだろうけどSKのWiBroサービス地域案内も紹介する (LTEサービス地域ではない!!)

SK Telecom Wibro サービス地域案内 (韓国語)
http://www.tworld.co.kr/normal.do?serviceId=SDUMMY0001&viewId=V_CENT0483

KTのWiBroよりさらに利用可能地域が狭いね。これじゃ地方ではまったく使い物にならない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まず、LTEと3Gカバレッジは、KT(olleh)SKT LGすべて全国でサービスされて陰影地域もありません。 (韓国の場合、日本の半分の半分の国土面積(日本の国土面積が韓国よりも4倍ドクム)と韓国人特有の性質のために、全国のカバレッジができました。また、速度も韓国の「早く早く」性質のために速度も速いです。しかし、wibroの場合ごとに有効にされていなくて、いくつかの大都市で使うことができます。提供するキャリアも韓国通信とSKTしかありません。wibroはKTがより多くのお金を投資して、より良いカバレッジと品質を持っています。携帯ルーターは、韓国のすべてのキャリアがサービスしていてLTEがより良い品質を持っているのでLTEルーター賃貸コストが高価。(但し、LGは自分のwibro網がないのでLTEのみ)
ウドングォン
2016/07/27 12:55
コメントありがとうございました。
yohnishi
2016/07/28 07:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと待った! 韓国で Wifiルータレンタルの際は、ご注意!! yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる