yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相による安保法制の説明が下手な理由 - 日経ビジネスオンライン

<<   作成日時 : 2015/08/10 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 鶴野充茂氏による以下の記事。

「安倍首相による安保法制の説明が下手な理由」日経ビジネスオンライン 2015.7.25
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/245872/072400002/

安倍首相の説明が説明になっていない理由として

1)疑問・疑念に答える
2)相手の話をよく聞く+考えを踏まえる

を踏まえていないとし、こうしたら理解をえら得るということを懇切丁寧に説明しているが...
その記事の最後を見ると...


>さて、そういう状況の中で、安倍首相はテレビ出演し、自らの言葉で国民に向けて「説明」をしました。

> 「理解を得る説明」のポイントは、これまで述べているように極めて基本的かつシンプルなものであり、今回の法案に関しても、本来、首相がテレビに出て何時間も説明を要するものではなかったはずなのです。

> で、中身はどうだったのか。

> 安倍首相自身の説明もかなりおかしい。不自然なものでした。

> これまでも含めて安倍首相の説明で注目したいのは、何度も登場する「たとえ」です。

> 一般的に「たとえ」は厳密に考えない時によく使われます。そして、議論がかみ合わない時にたとえを持ち出すのは、相手に厳密に判断をさせない意識の表われであることがとても多い。つまり、あいまいな形で理解を得られればいいと思っている様子が感じられる。

> それがもし、複雑に絡み合った条件を理解する時なら有用なのですが、たとえが使われてきたのは決してそういう場面ではありません。どちらかというと、法案の基本的な考え方について、たとえを使って説明している。これはつまり、考え方そのものに理解が得られていないか、真面目に説明をする気がないかのどちらか、もしくはその両方です。

> 穿った見方をすれば、法案を通過させるために政府与党は審議や説明に時間をかける必要はそもそもありません。法案を可決するのに十分な議席をすでに持っているからです。

多分最後に筆者の推測しているとおり、首相はそもそも説明をする気がなく、説明をしているふりだけしているということなのだろう。穿った見方ではなく、素直な見方です。

「丁寧なご説明」と称して、説明する気ののないことを延々と見せつけりゃあ、国民だってこれが相当ヤバイ法案だという風に思うのも当然だよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相による安保法制の説明が下手な理由 - 日経ビジネスオンライン yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる