yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国経済紙の話題から幾つか

<<   作成日時 : 2015/05/13 00:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 先日、韓国に出かけていたが、その飛行機で貰った『ソウル経済』(4/30)の紙面から興味を引きそうな話題を幾つか。

1. LG電子、カメラ機能を強化したスマートフォン「G4」で携帯市場を追撃
 LGはスマートフォンのカメラ機能を強化した「G4」の販売開始を発表。F1.8のレンズに6000/1までの高速シャッターを搭載。デジタル一眼カメラ (DSLR) の市場を奪う作戦のようだ。全世界で1200万台を売る計画だとか。日本では、コンパクトカメラ (高級コンパクト含む) はともかく、レンズ交換可能など趣味性の高いデジタル一眼市場と重なるとは思えないが海外ではどうか。日本は道具や媒体自体への思い入れがあるが、道具に思い入れがなく最終的に良く写ればよいという市場でどうなるかが問題。

2. 牛乳を嫌う韓国人
 かつて1990年代までは韓国でも牛乳は毎日宅配で飲むのが一般的だった。しかし「ソウル経済」の銀行・証券・公務員等700名のサラリーマンを対象とした世論調査によると (世論調査としてはホワイトカラー層に偏っていると思われるので、韓国全体の傾向とは断言できない点に注意)、現在では牛乳を飲む人は2/3 (64.42%)、飲まない人は1/3 (35.58)にも達し、飲んでいる人の中でも週1-2回飲むかどうかという層が多数派 (49.88%)。毎日飲む人は21.51%でしかない。また宅配を頼む人は、現在9%に転落。牛乳を飲まないと答えた人のうち、10年以上飲んでいないという人が41.77%、5-10年飲んでいないという人は22.89%。牛乳を飲む人の多くは、朝食代用 (27.49%)、間食代用 (21.11%)、疾病予防 (17.06%)という理由。飲まない人では、消化できない (39.24%)、おいしくない (29.16%)、必要性を感じない ( 15.54%) となっている。
 特に牛乳の消費量が落ちている理由として、栄養面では牛乳の代用となる飲食物 (ヨーグルト、その他乳製品、栄養補給食品) が充実してきている、そして牛乳は健康に悪いという噂の拡大が挙げられている。またかつては毎日白牛乳が給食に出ていたが、そのような習慣も変わってきていることが伝えられている。

3. 銀行はニュー・ノーマル時代に適応を
 「CEO特講」というコーナーではハ・ヨング韓国銀行連合会会長 (元韓国シティバンク頭取) へインタビュー。その中で世界経済は低成長・低消費・低金利が標準のニュー・ノーマル時代に入ったとし、銀行はそれに適用しないと行けないと強調。具体的には金利 (貸し出し) 依存の経営から資産管理による手数料へ経営の重点を移すべきとの主張。
 また、現在の韓国は、日本の失われた20年の入口と似ていると指摘。ただ当時の日本との違いは、経済の輸出依存度が日本16.2%に対し韓国はそれより3倍以上高い60%という点と、対GDP比率で国家負債が日本の239.2%にたいして韓国は39.6%と低い点、また女性、外国人労働者の活用度も日本より韓国が高い点を指摘。日本の二の舞にならないよう警戒すべきだと強調。

4. 2015年第1四半期の企業業績は
 サムソンが、なんだかんだ言われながらも、スマホ「ギャラクシーS6」と半導体の好調で2位のLGに相変わらず圧倒的な差をつけており、今後も半導体に大型投資を続ける見込み。但しTVの価格下落で家電 (コンシューマー・エレクトロニクス) 部門で赤字を計上。
 一方LGはスマートフォン販売に活路を見いだし、TVを除く家電部門でも大幅経常利益を上げている。一方やはりTVは赤字、次世代製品部門でも開発投資にコストがかかり赤字状態。

 韓国経済は崩壊する、などと煽っている人がいるが、実は日本の半導体製造装置産業や工作機械産業は、今や日本の企業の設備投資意欲が低いこともあって (台湾も韓国に後れを取っている)、売り上げのかなりの部分を韓国企業に依存している。韓国経済がめちゃめちゃになると、日本の製造装置や工作機械メーカーは全滅しかねない。

5. 錦湖 (クムホ) 産業入札不調
 2009年ワークアウト (日本でいう事業再生法) を申請して以降、経営危機が表面化した錦湖アシアナグループの解体・リストラ過程の大きな山場である、グループ中心企業・錦湖産業売却入札が不調に終わった。入札一位だったホバン (호반) 建設の入札価格が、錦湖債権団が期待していた価格の20%程度でしかなく、そのうえホバン建設側が、錦湖産業のプロジェクト・ファイナンシング (PF) 事業で今後発生するかも知れない損失補償まで債権団に求めたため、債権団側がとても飲めないと、入札を撤回した。
 しかも錦湖グループの総帥、パク・サムグ会長を背任容疑で訴追することも難しいとなり、債権団は難局に立たされている一方、パク会長側は安堵しているという。

 このほか錦湖グループは傘下の錦湖高速 (高速バス事業会社) など、傘下企業をばらばらにして売却する計画がありものの、今後どうなるか。また錦湖グループは光州を中心とする数少ない全羅南道を基盤とする財閥。光州の地域自尊心にも影響しそうだ。

 そういえばアシアナ航空、かつては大韓航空より信頼性が高い航空会社だったと思っていたが、最近事故のニュースが続くのはどうやらこのお家騒動が影響していそうだ。従業員の労働条件の悪化による人材確保難や会社の将来が見通せないなどによる従業員の士気低下があるのではないか。

6. 実績のない海外インターンシップ
 名ばかりは格好の良い海外インターンシップが奨励されているものの、その内容は、「スペック積み」や「海外語学研修」程度に転落しているという。29日韓国雇用労働部 (韓国政府の「部」は日本の「省」に相当) の発表によると、海外インターンシップが雇用につながったケースは2011-13年のインターンシップ生2517人中105人、4.2%に過ぎず、(国内インターンシップとは異なり) ほとんど就職につながっていない。結局海外文化体験や国内就職用の「スペック積み」程度の結果しか出していないという。特に海外インターンシップが国内インターンシップとは異なり、最初から就職につながらない仕組みになっているというのが問題と指摘されている。

 この辺り、そもそも多くのインターンシップがせいぜい職場体験、企業広報活動に過ぎない日本から見ると何が問題だか分らないだろうが、この点は是非韓国ドラマ『未生 (ミセン)』を見て欲しい。

参考: 当ブログ 「従来の韓国ドラマとは一線を画す『未生 (ミセン)』が面白い」
http://yohnishi.at.webry.info/201501/article_4.html

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国経済紙の話題から幾つか yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる