yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の旅館が予約不要の理由

<<   作成日時 : 2015/05/09 21:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 韓国のドメスティックな旅館、モーテル類が予約なく泊まれる (というより予約なしに泊まるのが普通) ということは、韓国に何度か旅行に行った人はよく知っていると思う。で、なぜそうなのかは、韓国人は予め予定を決めて行動するよりも、その場で臨機応変に気分次第で旅程を変更するのが好きなのだろう、程度にしか考えていなかった。確かにそれはその通りなのだが、実はそのような習慣が定着するのに決定的な理由があったことを、先日韓国のTVを見て知った。

 その番組は、芸能人が自分の子供に、自分が若かりし時代、あるいはその子が小さかったときの話をする、という内容の番組であった。そこで、1986年、映画『冬の旅人 (겨울 나그네)』で当時一世を風靡したカン・ソグ (康石雨 / 강석우) が80年頃、軍事政権下の戒厳令時代のことを振り返って、昔は12時を過ぎると夜間通行禁止になるので、その時間までに家に帰り着かないと捕まってしまう、それで家に帰り着かない人が捕まらないために、旅館に駆け込んだのだ、という話を娘にしていて、なるほどと初めて合点がいった。

 つまり、旅館とは元々戒厳令に引っかからないための避難施設なので、いつでもお客さんが飛び込めなければならなかった。だから予約を取らないという習慣が定着したのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の旅館が予約不要の理由 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる