yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS もちとうもろこしと韓国

<<   作成日時 : 2015/02/27 07:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日たまたま点けたTVでNHKの「限界集落株式会社」というドラマをやっていた。その中で町おこしアイテムとして出てきたのが「もちきび」こと「もちとうもろこし」。

 それを見て、「あっ、これは韓国の『チャルオクスス』では」と思った。

 ドラマの中では「もちきび」が「懐かしい味」として紹介されていたが、自分自身は日本で「もちきび」を見たり食べたりした記憶は全くない。ただ、韓国の田舎で初めて「チャルオクスス」を食べ、その甘すぎずもちもちした食感が記憶に残った。
 韓国ではこのチャルオクススは江原道の名産として知られているが、必ずしも江原道だけに限られるわけではない。これは家内の大好物でもあり、日本で食べられないと嘆いていたが、ここ2,3年、韓国でゆでたチャルオクススの真空パックが発売され、韓国から送ってもらったこともある。大阪鶴橋駅ガード下の韓国食品店で、この韓国産真空パックのチャルオクススが売られているのを見かけたこともあるが、あまり知られていないせいか、いつも売られているわけではないようだ。

 ネットで「もちとうもろこし」を検索してみると、まさに韓国のチャルオクススと同じもののよう。現在日本では北海道の一部でのみ生産されているらしい。ハニーバンタムに席巻される前は日本で一般的に栽培されていたと書かれていたが、私自身は子供の頃「もちとうもろこし」を食べた記憶は全くない。

 考えてみるとチャルオクスス以外にも韓国には日本の昔懐かしい農産物がある。韓国では一般的な果物「チャメ」、つまりマクワウリ。これは近所の八百屋でもごく一時、茨城産のマクワウリが並ぶことがあるが、今日ではほとんど見かけない。だいたいマクワウリを品種改良したプリンスメロンに席巻されてしまった。マクワウリの昔の姿にやや近いキンンショーメロンも出回る数は多くない。すっきりほんのり甘いマクワウリも決して悪くないと思うのだが...

 桃も、日本では、今の生食用の桃は、甘みが強くて柔らかいものが主流だが、韓国では堅くて小さな桃が主流だ。

 韓国で昔の日本の懐かしい味を探すのも面白いのではないだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
もちとうもろこしと韓国 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる