yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 『Non Fiction Diary』韓国映画

<<   作成日時 : 2014/12/22 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 本作品は、1993年に起った連続殺人事件「至尊派(チジョンパ)事件」の犯人たちが死刑を宣告され、宣告後異例の早さで処刑された事態を、当時の映像資料や関係者のインタビューによって明らかにすると共に、死刑制度に対する疑問を投げかけるドキュメンタリー。

 至尊派(チジョンパ)事件とは、1993年 にかけて富裕層を憎悪し、復讐を誓う青年たち8名によって結成されたいわゆる「至尊派(彼らの自称は「マスカン」)」によって行われた連続誘拐殺人事件。彼らは、当時脚光を浴びていた富裕層の師弟によるヤタ族、オレンジ族1)への憎悪を表明し、富裕層の子女を誘拐して身代金をせしめて殺し、各自が10億ウォンずつ稼ぐまで誘拐を続けるというものであったが、実際に誘拐したのは富裕層ではなく、一般の平凡な庶民だった。また彼らは誘拐によって身代金をとっていたが、彼らはほとんどその金を使うことなく逮捕までほぼ手つかずで残されていた。

 彼らは誘拐され、辛うじて逃れたある女性の通報により警察にその存在を突き止められた。だが、担当刑事はその話を聞いて、漫画のような話であり、その女性は頭がおかしいのではないかと思ったという。だが話を聞くうちにこれは事実であると確信し、彼女の通報に従って全羅南道霊光郡にあった彼らのアジトを急襲、主犯、キム・ギファン以下を1994年9月に逮捕した。このアジトの近くからは誘拐・殺害されそのアジトで密かに焼却された被害者の遺骨が発見された。
 だが、担当刑事のインタビューによると逮捕当初は猛々しかった彼らも逮捕して取り調べをしているうちに、非常に素直で純朴な青年たちであることが分かったという。結局最初から根っからの悪人などは存在せず、人間には良い面も悪い面も存在し、それが環境に応じて出るのだと思ったという。
 結局、一味は1994年10月、1審判決で死刑を宣告され、控訴審でも彼らの控訴は棄却。結局死刑判決が確定するやいなや、1995年11月ソウル拘置所で死刑が執行されるというスピード処理されたが、これも当時かなり異例のスピード処理だったという。

 映画ではこの至尊派事件と当時ほぼ同時に起った聖水大橋崩壊事件、三豊(サンプン)百貨店崩壊事件処理、そして金泳三政権成立後、逮捕されたクーデター首謀者全斗煥らと比較する。聖水大橋崩壊事件、三豊(サンプン)百貨店はいずれも管理責任者の怠慢、もしくは意図的な不作為によって引き起こされた事件。特に三豊百貨店崩壊事件に関しては、至尊派事件を担当した刑事自身もその当日お昼頃三豊百貨店の5階にあるコーヒーショップで知人と待ち合わせして会い、そこから出て暫くしたら崩壊したということで、危うく自身も巻き込まれるところだったという。この事件では負傷者900名以上、犠牲者500名以上を出す大惨事であった。彼は、結局人を犠牲にして金を儲けようという目的では、三豊百貨店の社長も至尊派も変わりがないのではないかという。だが三豊百貨店の社長ら経営陣は業務上過失致死で7年6ヶ月の実刑を受けただけだった。
 また、極めてスピーディーな死刑執行も不可思議だという。

 本作品は、直接声高に死刑廃止を叫ぶものではない。だが、本事件は、極貧層出身の青年たちによって犯された、韓国史上初めて富裕層への憎悪を声高に叫んだことで韓国中に衝撃を与えた事件。それと、より多くの犠牲者を出しながら遙かに軽い処罰で済んできた、富裕層の犯した犯罪。これらを対比させ、死刑制度運用の不合理さを浮き彫りにしつつ、生命を奪う死刑制度への疑問を投げかける作品となっている。

 本作品は2014.7.17韓国封切り。韓国での観客動員数は 人。

 なお、監督のチョン・ユンソクは1981年ソウル生まれ。韓国芸術総合学校美術院にて美術を専攻。作家、アニメーション、ドキュメンタリー監督として活動。2008年、ソウル国際実験映画フェスティバル AVID賞受賞、2011年ソンウン美術大選 奨励賞受賞。国際的な美術展、映画祭等で作品を発表。演出作品として、<박수>(2005), 〈Video Killed the radio star〉(2006), <우리나라에도 백악관>(2007), 〈Hochiminh〉(2007) など。長編ドキュメンタリーは2008年の『火のついた蜃気楼』に次いで二作目。


1) 日本で言えば1950年代末に脚光を浴びた「太陽族」のような存在


原題『논픽션 다이어리』英題『Non Fiction Diary』監督:정윤석
2013年 韓国映画 カラー 1:1.33 93分

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『Non Fiction Diary』韓国映画 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる