yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国語:存在詞+詠嘆語尾の謎

<<   作成日時 : 2014/10/17 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日、ふと存在詞+詠嘆の語尾 - 군, 군요, 구나, 구려の場合どのように活用するのか気になった。 - 있는군요 か  - 있군요 なのか、という問題である。

 たぶん、単独で있다を使う場合(ある、いるの意味)なら、動詞扱いなのだろうが、재미있다, 맛이있다の場合は形容詞扱いの筈だから... と思うのだが良くわからなくなってきた。

※私がなぜ疑問に思うのかを知りたい方は、先に下の白宣基さんのサイトの基本的な文法説明をご覧下さい。



 という訳で気になって、韓国語の文法で困ったときはまず開く、ペク・ポンジャ著の『韓国語文法辞典』(三修社刊)を開く。すると「- (는)군요」の例文に「맛이 있군요」とある。

 形容詞扱い、ということなのだろうが、明確な説明はない。

 そこでネットで実際に韓国人が使っている事例を検索してみると、있는군요.の例も미있군요.の例も山のように出てくる。どちらが誤用なのだか判断がつかない。

 韓国サイトの군요の文法説明も、動詞の現在形と、形容詞および動詞の過去・未来形の違いは言及されているものの、있다の場合どうなるかが明快に説明されたサイトは探せなかった。
 では日本語の韓国語文法の説明ではと探すと、幸いこちらのサイトで「明快」に説明してくれている。
http://www.penguin99.com/04_grammar/gobi_conversion.html
「文法の特効薬 − 品詞によって形が異なる語尾 − 」
白宣基『初級までの朝鮮語、初級から先の朝鮮語』サイト

この方はおそらく東京外語大で朝鮮語を学ばれたのではないかと思う。

 ご覧になればおわかりになるが、彼の説明は、存在詞있다の場合、本来 있(군요/구나) になるはずだが、있는군... の誤用が広がって無視できなくなっている、という解釈である。ペク・ポンジャ本の例文とも一致する。

 ただ、ペク・ポンジャ本も、例文として出ているだけで、있(군요/구나) が正則であるという記述がある訳でもない。では白宣基氏はなぜこちらが正則だと判断されたのだろうかとの疑問が浮かんだ。

 で、とりあえず東京外語大教授だった野間秀樹氏の『至福の朝鮮語』『Viva! 中級韓国語』を見るが、こちらにも明快な説明はない。中級までの範囲ではないというご理解か。さすが、語基方式の元祖菅野裕臣氏(やはり元東京外語大)の『朝鮮語を学ぼう』(三修社)の第82課存在詞(있[없]다)の説明のところで明快に있(군요/구나) の形になると説明されている。おそらく白宣基氏の根拠はこちらにあるに違いない。

 だが、ペク・ポンジャ氏の例示はともかくとして、日本人や在日の人の文献だけが根拠では心許ない。韓国の学者の説明はないものかと探してみると...

 まずおそらく韓国の韓国語最高権威であろう、韓国国立国語院が編纂した『外国人のための韓国語文法』第2巻 (韓国・コミュニケーションブックス刊)1)を見ると、군, 군요, 구나, 구려等の詠嘆の語尾説明はあり、動詞の現在形と、形容詞および動詞の過去・未来形の違いは説明されているものの있다につく場合の説明はない。そもそも韓国(少なくとも国立国語院)では있다が独立した存在詞という品詞に分類されておらず、場合によって動詞にもなり、形容詞にもなると解釈されているようだ(同第1巻p. 342-3参照)2)。東亜韓韓辞典を見ても、自動詞/形容詞もしくは補助動詞/補助形容詞と品詞分類されている。それでこれで説明を尽くしたつもりになっているのだろう。
 しかも例文には一切있다を含んだものが載っていない。

 「お前、説明するのを逃げたな?」

 「最高権威」があてにならないので、次に、韓国・延世大学出版部刊行の『外国人のための韓国語文法[日本語版]』(任瑚彬ほか著)を見ると...
 まずこちらではそもそも用言の品詞分類が、動詞、形容動詞、이다動詞、있다動詞の4分類になっている (因みにペク・ポンジャ本では、動作動詞、状態動詞、이다動詞の三分類)。日本の韓国・朝鮮語学界で使われている指定詞、存在詞という名前は使っていないものの、事実上同様の分類になっていると言って良い。そして感嘆語尾の説明(p. 128-9)には、どう変化するかという説明はないものの、存在詞(있다動詞)の例文として、尊敬形である계시다を使った次のような終結語尾の例文が載っている。

 사무실에 안 계시군.

 実は、これは今までもっとも明快に説明していた白宣基サイトの記述と矛盾する。白宣基氏は、있다,없다の場合は있[없]군(요/구나)が正則だが、계시다は、계시는군(요)が正則と書いておられたのだ。

最後にもう一度Google Koreaに戻ってヒット件数を検索すると...

"재미있는군요" 818
"재미있군요"340,000
- 形容詞的用法

"계시는군요" 407,000
"계시군요" 368,000
- 動詞的用法

"맛이있는군요" 7
"맛이있군요" 5,770,000
- 形容詞的用法

"있는군요" 205,000
"있군요" 1,530,000
- 形容詞的用法、動詞的用法の両者を含む

"살고 있는군요" 52,500
"살고 있군요" 26,200
- 動詞的用法

"살고 계시는군요" 624,000
"살고 계시군요" 366,000
- 動詞的用法

"하고 있는군요" 650,000
"하고 있군요" 83,1000
- 動詞的用法

"하고 있는군요" 650,000
"하고 있군요" 83,1000
- 動詞的用法

"살고 있는구나" 88,600
"살고 있구나" 111,000
- 動詞的用法

"하고 있는구나" 417,000
"하고 있구나" 552,000
- 動詞的用法

"계시는구나" 62,900
"계시구나" 101,000
- 動詞的用法

"맛이있는구나" 3
"맛이있구나" 4,280,000
- 形容詞的用法

"재미있는구나" 189
"재미있구나" 66,800
- 形容詞的用法

"재미가 있는구나" 3
"재미가 있구나" 236,000
- 形容詞的用法

ただ、多数派は動詞的用法、形容詞的用法かに応じて使い分けていそうだが、하고 있다では微妙。一応は国立国語院的考え方の延長が多数派そうであるが、微妙。 但し、形容詞的用法では揺れが少ないのに対し、動詞的用法では揺れが極めて多い。

とはいえGoogleの検索結果がなぜ、"살고 계시는군요" が"계시는군요"より、"맛이있군요"が"있군요"よりヒット件数が多いのか、不明なので、この検索結果件数を無条件に信じていいのかも不明。


と言う訳でとりあえず暫定的な結論!

 韓国・朝鮮語諸権威の見解が全然一致しないので、

存在詞現在(있다, 없다, 계시다)の詠嘆군グループ語尾をつけるときは、形容詞的用法の場合は + 군(요)/구(나/려)、動詞的用法の場合は、- 는군(요/구나 etc.) でも - 군(요/구나 etc.) でもどっちでもいい〜!

そして安全ラインとして常に存在詞に詠嘆語尾をつけるときは는 は省く、という実用的対応はありかと。


文句のある方、コメント欄へどうぞ。

 なお、韓国の国語(韓国語)学界でも、存在詞というものを認めるべきか認めないべきかという論争があるようだ。定説では認めないということのようだが...

例えばユ・ヒョンギョン著「있다の品詞論」『語文論集』第59号, 韓国文学言語学会 2013.12
http://webbuild.knu.ac.kr/~kpem/data/59/7.pdf


 因みにこの論争に関する学生用リポートをダウンロード販売している。
http://www.reportshop.co.kr/data/data_view.html?rpID=369618

 韓国の学生はこんなの買ってレポート提出しているのだろうか。

1) この本(第2巻)の翻訳はアルクより『標準韓国語文法辞典』として2012年に刊行されている。
http://www.hanapress.com/archives/1565

2) この場合、命令や勧誘形に直せる場合は動詞、そうでない場合は形容詞と扱うようである。但し、連体詞(韓国語では冠形詞)として名詞を修飾する場合は、常に動詞的な活用をする(つまり動詞的意味だろうが形容詞的意味だろうが、있는+名詞 になり、있은+名詞 にはならない)とある。
 この規則が機械的に当てはめられるなら、재미 있군요は○で 재미 있는군요は×、가만히 있군요は×で 가만히 있는군요は○、사무실에 계시군요は× 사무실에 계시는군요は○ということになるのだが、これは菅野、白宣基解釈、そして延世大版の「外国人のための韓国語文法」の例示と矛盾する。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国語:存在詞+詠嘆語尾の謎 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる