yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 山田厚史の指摘は重要

<<   作成日時 : 2014/10/23 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「メディアが朝日は「非国民」「廃刊」と叫ぶとき - 確実に近づくマスメディアの死 」(ダイヤモンド・オンライン 山田厚史の「世界かわら版」 2014.10.9)
http://diamond.jp/articles/-/60286

また、「慰安婦誤報」は朝日だけではないのに、朝日だけが叩かれるおかしさを指摘した、森達也の
「あたし、じゅんときちゃったんです。― 朝日オワタ 今こそ徹底的に叩け!」(ダイヤモンド・オンライン 「リアル共同幻想論」2014.10.2)
http://diamond.jp/articles/-/59900

特に、山田の、今のバッシングは誤報に対する批判ではなく、誤報批判に名を借りた、論調バッシングであるという指摘には全面的に同意する。ただ、資本主義社会、自由主義社会なのだから、朝日の論調が気に入らなければ、産経や読売を読みましょうといえば済むはず。

誤報に対して批判するのはよい。朝日の論調は良くないから読売や産経を読みましょう、と主張するのも良い。しかし、それが、反日メディア、売国メディア、非国民メディアだから存在を許すべきでない、とまでなるのは完全に自由社会を否定したファシズムである。ここが自由主義とファシズムの線引きである。

もちろん自由社会である以上「ファシズム万歳」と叫ぶのも自由である。だが、そういう人たちでも少なくとも自分たちの姿勢こそ「ファシスト」そのものであり、自分たちがファシズムに肩入れしている、という自覚は持つべきである。

ただ、山田記事の最後にあるアンケート結果を見ると、

マスメディアによる朝日新聞批判について
「行き過ぎている」 38.5%
「当然だ」 29.6%
「もっと批判すべき」 20.73%

となっている。やはり日本人、自由社会を信奉する私の立場から見ると、狂っているとしかいうしかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この程度の朝日批判は大したレベルではないとおもいます。ただ、過去のサンゴやらいろいろあるので、いい加減にして欲しいとみんな思ってるだけ。
こばのすけ
2015/04/28 21:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
山田厚史の指摘は重要 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる