yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS ファミリーマートの苦戦は当然

<<   作成日時 : 2014/08/18 00:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東洋経済OnLineにこんな記事が...

「もたつくファミマ、快走のセブン、スタートから差がついたコンビニ大手3社」(2014.8.16)
http://toyokeizai.net/articles/-/45592

 ファミリーマートの苦戦は当然だろう。ファミマの戦略はコンビニ・オーナーを食いつぶす様な戦略としか思えない。かつてわが家の近所の駅から100〜200m程度の距離に何とファミマが3店も出店させていたことがあった。もちろん、他のチェーンのコンビニとの競争で... というなら仕方ない。しかし同じチェーンのコンビニをすぐ近くに開店させるなんて狂気の沙汰であり信じられない。これじゃぁ、食い合って潰れてしまうよな... と思って見ていたら、案の定、今では一番駅に近い一店舗しか残っていない。

 絨毯爆撃の様に集中出店させて、他のコンビニにシェアを渡さないという作戦なのかも知れないが、これはコンビニ・オーナーの血をすするような戦略だよ、と思っていた。

 コンビニオーナーを食いつぶして売り上げを伸ばす... これはブラック企業ならぬ、ブラック・フランチャイズではないか、という気がする。仮に自分がコンビニ・オーナーになるにしても、ファミマだけはフランチャイズに入りたくない。

 ちなみに件のファミリーマートのうち2店舗が潰れた後、その中間地点にセブンイレブンが開店したが、どうやらファミマの同士討ちの原因を分析したらしく、かなり広い駐車場を確保して、駅利用者をすくいきれない分、自動車利用者を取り込むという作戦を立てて、とりあえず開店から2年ほど経った今も営業を続けている。

 そういえば、ヤマダ電機もネット販売に押されて、大量出店戦略が裏目に出ているという報道もあった。ヤマダといえば、ビッグカメラ潰しとも思える、池袋殴り込み出店があったが、こんなに家電量販店同士つぶし合う様な戦略をなぜ立てるのかなぁ... と思っていた。

 消費者の立場からすれば、世の中の家電量販店がヤマダ一社なんていうのは、悪夢の世界でしかない。こんな商売のやり方、さっさと潰れてくれれば、と思っていたら...幸い...

 しかし、こんな企業、従業員が幸せに働けそうにない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ファミリーマートの苦戦は当然 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる