yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 5月韓国盤DVD化、韓国映画評

<<   作成日時 : 2014/06/02 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本文
 2014年5月に韓国でDVDとして刊行された韓国映画の、韓国の映画情報サイト、シネ21(一部ダウム映画)における評価を以下にまとめてみた。以下、発行日は Yesasiaサイト記載の発行日、分野はシネ21の区分によるもの、評価平均は評論家及び一般ネチズン評価の平均値(満点10点)[下段はDaum]、投票総数は評価投票の総数で( )内は評論家の投票数[下段はDaum]、評論家評価平均はシネ21が選定した評論家の評価平均値、評価幅は評論家の最低評価-最高評価点、代表的な声は、評論家および一般ネチズンによる映画の一行評を見て、筆者がだいたいの傾向と思われるものを記述。

 なお、廉価版DVD再発の映画は除外している。

 一般的にはシネ21は映画マニアを自認する人がアクセスする傾向が強く、Daumはより幅広い層がアクセスする傾向にある。シネ21の評価が高く、 Daumの評価が低い場合はシネフィル向きのアート映画、逆にDaumの評価が高く、シネ21の評価が低い場合は娯楽プログラムピクチャーだと推測できる。また、評定者数が少ない場合は当然誤差が大きくなる。特にDaumで評定者数が1桁の場合は高得点が出る傾向にあるので注意。

 5月にDVD化された映画の最大の話題作は、『チング』の続編『チング2』、チョン・ドヨンの演技が評判の『家へ帰る道』あたりか。『チング2』(監督は前作と同じ、クァク・キョンテク)については、前作より評価が低く、とくに生ぬるいエンディングへの不満が集中。ただ是は第三作への伏線と見る穿った見方も。『家へ帰る道』は、既に個人評をアップしておいたが、コカインを運搬した韓国人主婦がフランスで捕まった「チャン・ミジョン事件」をモデルにした映画。韓国社会の抱える問題を象徴的にスケッチした作品と言えるが、Cine21のネティズン評で今月最高票点の他、Daumでも今月2位の評点。予想より観客動員が伸びなかったという意見もあったが、今まで独立映画畑で作品を発表した女優出身の監督パン・ウンジン最高の出世作であることは間違いない。
 その次は『朝鮮美女三銃士』だが、評価は概ね低い。筆者も見たが、ハ・ジウォンに香港貼りのワイヤーアクションを展開しているものの、平板で退屈という印象。チェ・ドンフン作品を出来を悪くしたような映画。監督は日本でも公開された『燃ゆる月』『私の男のロマンス』のパク・ジェヒョン。そしてチョン・ジェヨンの『プランマン』。韓国評を見ると、不足はあるものの意外な拾いもの映画という印象でDaumで7.5と、今月ではまずまず健闘。多分チョン・ジェヨンの力によるものが大きいのではないか。監督のソン・シフプは、本作が長編デビュー。恋愛ものの『結婚前夜』も必ずしも共感できるとは限らないが、それなりに健闘しているようだ。監督はシン・ミナ主演の『キッチン』を演出した、ホン・ジヨンで、おそらく日本趣味なのではという気がする。ワーナー・コリアからDVDが出た『キャッチ・ミー』は、「日本輸出向け?」との声が出ているが... 日本の韓流ファンの方々ご覧になってみては?

 多様性映画の範囲では、評価が高いのが『余り者たちのヒッチハイク』。先月の『剰闘記(イントゥギ)』でも触れた韓国の「剰余」青年たちがヨーロッパをヒッチハイクするドキュメンタリーだがDaumで今月最高点をたたき出している。そしてピンク映画監督の孤軍奮闘ぶりを描いた『アーティスト・ポン・マンデ』。ポン・マンデ自身が演出しているが、Daumで8.2と今月三番目に高い評価。これはかなり期待できそうだ。そして『野良犬たち』。残忍な事件を映画化した作品のようだが、実在の事件の残忍さはともかく、映画化の仕方にも疑問の声が... ただ光州事件などを想起させる映画を作るな、というような主張も散見されるところからイデオロギー的な批判もあるのかも知れない。

 ドキュメンタリー映画『南島の百合』は、全羅南道の島々でキリスト教布教に尽力し、朝鮮戦争で人民軍に殺され殉教した文俊卿女史の短編伝記ドキュメンタリー。そもそもCine21には掲載がなく、Daumも紹介はあるものの評は一切ないのでどのような作品なのかは不明。2009年に作られ、キリスト教映画祭で上映されたようだ。

 来月に入ると、コン・ユ主演の脱北者アクション『容疑者』、お涙頂戴だがなぜか無視できない『男が愛するとき』などが予定されている。

また、韓国版Blu-rayの発売状況は、

4/30 『シングルズ』 Art Vision [韓日英中字幕]
5/8 『オオカミの誘惑』 Contents Zonea [韓日英字幕]
5/12 『うちのソニ』 DS Media [韓英字幕]
5/23『家に帰る道』 Art Service [韓英字幕]
5/28『過速スキャンダル』 CJ Powercast [韓英字幕]

再発だが5/26『神弓』 Art Service{Blu-ray+DVDスチールケース版} [韓英字幕]

他に、4月末に韓国よりも先に香港で『容疑者』のBlu-rayがまた5月末にイギリスで『冥王星』のBlu-rayが出ている。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5月韓国盤DVD化、韓国映画評 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる