yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅田真央と「子産み機械」論

<<   作成日時 : 2014/02/22 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 森元首相が、20日、福岡市での講演で、浅田真央について「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」と評した。フィギュア団体については「負けると分かっていた。浅田選手を出して恥をかかせることはなかった」と述べたという。

「森元首相、真央に『あの子、大事なときには必ず転ぶ』/フィギュア」SANSPO.COM 2014.2.20付記事
http://www.sanspo.com/sochi2014/news/20140220/soc14022016130047-n1.html

 この記事によると、浅田真央選手を「見事にひっくり返った。あの子、大事なときには必ず転ぶ」と評しただけでなく、彼女が出場したフィギュア団体については「負けると分かっていた。浅田選手を出して恥をかかせることはなかった」と述べたという。

 これで思い出したのは、2007年 1月27日、柳澤伯夫厚生労働大臣(当時)が松江市内での、自民県議決起集会にて、女性について「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」などと発言したことである。

 柳澤元厚生労働相の発想と、森元首相の発想は似ていないか?もちろん浅田真央は、まだ、「子産み機械」ではない。しかし彼女を「メダル産み機械」としか見ない点において発想は同じなのではないだろうか。さらにこれが真央でなかったら、もっといえば女性でなかったらこんな発言が出ただろうか?例えば失敗したのが仮に葛西紀明だったとしたら森元首相は「見事に失敗した。あいつ、大事なときには必ず失敗する」などと評しただろうか?

 そしてこのような発想と、竹田恒泰の「メダル逃した選手は税金泥棒」論は、あと一歩の距離である。

関連記事「ホワイティングさん、残念ながら昔の日本人を買いかぶりすぎです」
http://yohnishi.at.webry.info/201207/article_16.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅田真央と「子産み機械」論 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる