yohnishi's blog (韓国語 映画他)

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国交通カード普及状況 2014.1

<<   作成日時 : 2014/01/09 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 以前、韓国の交通カード分布状況についてレポートしたが(2012年夏現在の情報)1)、その中で2013年中に韓国全国交通カード互換化計画がある旨報告しておいた。

 その後、韓国の国土交通部(韓国政府の「部」は、日本政府の「省」に相当)のWebページに互換化計画の実施状況に関する情報が掲載されたので2)、その内容を紹介する。

 これによると2013年12月24日、釜山駅で「全国交通カード開通式」が行われ、12月26日から全国通用型交通カードの販売が開始されたという。まず釜山、京畿地域の交通カード事業社[(株)マイビー、釜山ハナロカード(株)、イービー(株)]がまず最初に釜山で全国互換型交通カードを発売し、今年上半期までに、サービスを全国に広げる予定だそうである。釜山以外では、本年1月中旬までに、この全国互換型カードが購入できるようになる予定。但し、バス停にあるカードチャージ機やカード販売機ではチャージ・販売は不能。

 当面この全国互換カードが使えるのは、釜山、大邱、光州、蔚山、京畿、江原、全羅南・北、慶尚南・北地域と、全国の韓国道路公社運用の高速道路(私企業運営高速道路を除く)、全国の国鉄列車乗車券発売所(但し全国で完全に利用可能になるのは14.1月までの予定)。
 ソウル、大田、済州、浦項、栄州、聞慶、尚州、仁川地下鉄では当面使用不能。但し徐々に利用可能地域拡大予定とのこと。

 この全国互換カードは、一般型およびハイパス型(高速道路非接触式トールゲート利用可能なタイプ)の2種類が発行される。また子供、青少年割引カードの設定は一般型のみ。一般型でも、高速道路トールゲートの接触型読み取り機を使えば、高速道路の利用は可能。
 因みに各地の全国互換型カード発行計画によると、釜山ハナロ、釜山マイビーカードは13年12月より、キャッシュビー全国互換カードに切り替え、そしてマイビーカード(蔚山、全羅南・北、慶尚南・北、忠北、原州、天安、牙山)はキャッシュビー全国互換カードに(14年1月中旬)、京畿、仁川バス、江原、忠南、霊光、長興のイービーカードはキャッシュビー全国互換カードに(14年1月中旬)切り替え予定とのこと。
 また14年2月には国鉄(KORAIL)からレールプラス全国互換カードが発行される。これだと、鉄道会員マイレージポイントも既存のカードから引き継げるという。

 これ以外に大邱のトップパスカード(ワンパス)、光州のハンペイカードは14年上半期に互換地域拡大予定とあるので、こちらは新規カード切り替えではなく既存のカードをそのまま通用地域を拡大するだけなのか?また、ハンクムカード(大田)は14年上半期、Tマネー(ソウル、済州、浦項、栄州)は14年中、センスパス、Kキャシュも14年中とあるだけだが、これらは、新規にそれぞれのブランドで互換カードを発行するのか、それとも既存のカードの互換地域を拡大するだけなのかは不明。
 ただソウル中心に使われているTマネーは発行枚数ベースでは最も多いであろうし、現状でも互換使用可能地域が比較的広いので、そのまま全国互換地域拡大という方向になるのではないだろうか?だからこそ、カードの切り替えが必要な釜山地区が「全国交通カード開通式」の場所として選ばれたのではないだろうか?

 また、互換化計画が進展しても、既存カードに関して、現行通用可能地域ではそのまま継続して使用可能とのこと。

 なお、市外(都市間接続)パス、高速バスについても現在システム構築準備中で、システム構築が終了した路線から順次利用可能になる予定だとか。

 なお、韓国非居住者には関係ないが、韓国内では交通カードとして交通カード兼用クレジットカード(後払型交通カード)が事実上の全国互換交通カードとして韓国の主要都市交通機関で利用可能になっており、既に交通カードの60%のシェアを占めている。今回の交通カード互換化計画は、クレジットカードの発行の受けられない低所得者、外国人居住者・観光客対策として位置づけられると共に、全国互換交通カードは今後船舶や公共レンタル自転車、駐車場など、クレジットカード以上に利用範囲を拡大していく予定であるとともに、カード利用額は所得控除対象にもなるとのことである。

 当面、新全国互換交通カードは、全国互換と称しながらも、外国人観光客が利用する機会が多いであろうソウル市内交通ではしばらくは使えなさそうなので、外国人観光客にとってTマネーがとりあえず無難な選択という状況は、少なくとも今年上半期まではかわらなさそうだ。新全国互換交通カードは、14年1月末以降当面は国鉄列車、高速道路も使えるようになったCashbeeカード(但しT-money主事業地域では当面使用不可)という位置づけになるだろう。また既存カードの互換範囲に関しては、以前2012年夏に掲載した記事から大きな変更はないと思われる3)。

 但し、新型T-money, Cashbeeカードの両方を持っていれば、とりあえず大邱近郊の一部地域および鬱陵島を除いては全国をカバーするところまで来た。

 なお、交通カードの相互互換に関しては、2013.3.23に相互互換を実現した日本の方が一歩先行できた形となった。

1)当ブログ「韓国交通カード事情」
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_13.html
http://yohnishi.at.webry.info/201208/article_14.html

2) URLは、http://www.molit.go.kr/USR/NEWS/m_71/dtl.jsp?id=95073294 (国土交通部報道資料 2013.12.23)
 この中の、「ついに全国互換カード出る! 釜山から開通、全国拡散 (드디어 전국호환 교통카드 출시! 부산에서 개총, 전국 확산)」というニュース参照。
 なお、ついでだが、この記事のタイトルにある韓国語の「출시(出市)」という単語、市場に出回る、流通・販売開始される、という意味で、韓国の広告などに頻繁に目にする単語なのだが、なぜか小学館の朝鮮語辞典に掲載されていない。困ったことである。

3) なお、2012.8月以降の変化としては、

1. マイビーカードは新型Cashbeeカード変更に伴い、全南を中心に旧マイビーカード使用停止地域が出つつある(この地域は主事業者をイービー社に移譲)。また、13.7光州におけるマイビーのCashbee規格新型カード利用開始に伴い、マイビー利用地域におけるCashbee規格カード使用不可地域はなくなった。
 また、イービー社のCashbeeカードおよびマイビー、ハナロのCashbee規格新型カードは相互に通用地域完全互換。

2. Cashbeeカード事業地域の変更 江原 鉄原導入(2013.2)江原 楊口導入(2013.7) 光州互換化(2013.7) 慶北 尚州、聞慶、栄川、醴川 カード互換化(2013.11)。慶南 宜寧導入(2013.12)江原、華川(2014.1)

3. 大邱地区のユーペイメント(Toppassカード)社がテギョン(大慶)カードを発行していたカードネット社を2013.1吸収合併し、Toppassカードが永川地区で使用可能になった(2013.6)ほか、鬱陵郡(鬱陵島)で2013.11月より使用可能になっている。テギョン(大慶)カードは新規発行中止。但し既存発行分は鬱陵を除きToppass利用地域で利用可。

4. T-money 世宗特別自治市でマイビーに代わり主営業地域に(2013.4)。慶北 義城導入(2013.12)、蔚津、全南 康津、求礼導入(2014.1)、全南 咸平 互換化(2014.1)


▼韓国交通カード分布状況 (全国互換交通カードを除く)
画像

青: ソウルバス事業者協会(ソウル交通カード&U-pass)および韓国スマートカード(T-money)主事業者地域
紫: 韓国スマートカード(T-money)主事業者地域
水色: センスパス (Senspass T-money)主事業者地域
濃緑色: ハナロカードおよびマイビー(マイビー&キャッシュビーカード)主事業者地域
緑色: マイビー(旧マイビー&キャッシュビーカード)主事業者地域
薄緑色: Han-payカード(&旧マイビー・ピッコウルカード)主事業地域
黄色: イービー(イービー&キャッシュビーカード)主事業者地域
赤:ユー・ペイメント(Top Pass&大慶カード)主事業者地域
灰色: 未導入地域

※いずれも2014.1現在
※他カードとの互換使用状況に関しては、下記の表を参照のこと



▼全国互換交通カードを除く、地域別 利用交通カード一覧表(2014.1現在)
 ※クリックして表を拡大 全国互換カードについては本文参照
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国全国互換交通カード事情
 韓国の交通カード利用を調べる中で、全国互換化状況の情報を収集しているが、大体次のような事情であるようである。 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2014/01/12 20:26
韓国全国互換交通カード利用状況(2014.2)
 韓国で13年末に発売開始された全国互換交通カード利用状況について韓国国土交通部にニュースリリースが載っていいる。 「全国互換交通カード、このようにご利用ください」国土交通部 2014.2.12(韓国語) http://www.molit.go.kr/USR/NEWS/m_71/dtl.jsp?lcmspage=1&id=95073583 ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2014/02/23 11:58
全国互換といいつつ互換でない韓国の全国互換交通カード利用状況
 2013年末に釜山を皮切りに発行され始めた韓国の「全国互換交通カード」。以下韓国に居住していないと持てない後払い式 (クレジットカードタイプ) の交通カードを除いた、先払い式 (現金を予めチャージして使用するカード) に話を限定する。  韓国のサイトを見ていると、全国互換カードの利用が始まった、始まったという宣伝や報道資料は見るのだが、よく調べてみると、必ずしも「全国互換カード」1枚持てば、すぐどの地域の交通機関に乗れる訳ではなさそうなのである。どうやらこのカードは全国互換といいつつ互... ...続きを見る
yohnishi's blog (韓国語...
2015/05/18 18:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国交通カード普及状況 2014.1 yohnishi's blog (韓国語 映画他)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる